大人気連載新着

スポンサーリンク
スポンサーリンク

超注目作!

「DEAD Tubeデッドチューブ」無料ネタバレ1巻感想。裏動画サイトは暴力とエロの世界!

デッドチューブ1巻ネタバレ感想

動画投稿サイトで視聴数を稼ぎ、報酬を得るのは珍しいことではなくなった。

DEAD Tubeもそんな動画サイトの一つ。

ただ、それは何でもありの動画投稿サイトだった。

真城舞

映画研究部のカメラ担当、町谷智浩は特に絡んだことのなかった女子に呼び出された。

彼女は真城舞。水泳部のエースで人気のある女子だった。

彼女の用件は、明日から二日間自分を撮って欲しいということ。なんで町谷を選んだのかは
撮影が終わるまでの秘密らしい。
条件は、二日間何があっても撮影をやめないこと

言葉通り朝の登校風景からカメラを回し、授業中も鞄にカメラを忍ばせて取り続け、部活の時間になって水着に着替えるところも撮れるかと思ったが、制服の下に既に着ていた。

泳ぐ姿を撮っているうち、彼女は体が冷えたのかトイレに駆け込んだ。町谷も個室に一緒に入り、頬を赤らめながら水着をずらして放尿する真城を撮り続けた。

そのまま当然のように一人暮らしの彼女の部屋に招待されて、冷えた体を温めているところも
余すことなく撮った。

裸エプロンで作った二人分の料理を一緒に食べて、無防備にはだけたパジャマ姿で眠る彼女も一晩中起きて撮り続けているうち、少しムラムラしたが、結局襲うことはなかった。

次の日は彼氏とのデート風景だった。相手の男は町谷を1年の時にいじめていた山本

仲良くデートしているところも、夕暮れ時にキスしたところもカメラを回し、夜になると人気のない廃墟にきた二人は、そこでセックスを撮ってねと言い出した。

そう、町谷は二人の変態プレイに付き合わされただけだった。

そう思った直後、血飛沫が飛んできた。真城が山本の脳天を鉄パイプでかち割っていた。彼女は止めてと懇願する彼氏の声を無視して殴り続け、また町谷も血塗れになっていく二人を撮り続けた。

ファインダーに近づいて笑みを漏らす真城を見て、町谷はこの二日間で初めて勃起していた。

撮影は山本の死で終了し、撮影データの入ったメモリーカードを渡した時、不意に真城にファーストキスを奪われた。
裸の美少女に奪われたラブコメのようなファーストキスは、血の味がした。

それからの数日は、何も手につかないほどの悪夢を見るようになった。そんなある時、また真城に呼び出されると、500万円が入った封筒を報酬だといって渡された。

ただそれは口止め料ではないらしい。もう山本殺しの犯人は捕まっているはずだからと。

その言葉通り、その夜のニュースで見たこともない男が犯人として逮捕されたと報道されていた。
真城は、自分は勝者だから罰は受けないと言い、次の撮影も手伝ってねと言ってきた。

私の裸でも勃起しなかったのに、あんな凄惨なシーンで勃起するなんて私と同じ変態なんだしと言いつつ、でも私は変態だけど痴女ではないとも言った。
山本とのキスは嫌々だったし、最後まではヤラせてない。だからまだ処女だし、撮りながら試してみてもいいよと、頬を赤らめた。

それに町谷はもう参加者になったのだから抜け出せない。抜け出すと人生が終わると。

そして次の撮影対象は、5日後に自殺するらしい女子生徒を5日間撮ることだった。それは町谷が所属する映研の監督の大島佐柳だった。

撮影旅行

意味は分からないが、恩のある監督を万が一から守る為にも本人を何とか納得させ、翌日の映研撮影旅行から撮影することになった。

続々と駅に部員が集合してくる中、最後にやって来たのは真城だった。監督がキャスティングしたらしく、彼女も町谷とは恋人同士ですなどと身をすり寄せて来る。

そんな場面を見せられて、大人しい一年の水野サキはショックを隠しきれない。

ロケ地の海に着いて、男子達は大島や真城の水着姿に釘付けになるが、一番の巨乳は主演女優の水野で、人が変わったように演技していた。
その日の撮影が終わりカットがかかるまで、水着のブラが取れていたことにも気づかないほどの熱演だった。

大島は終始楽しそうで、とても自殺を考えているようには見えない。それでも人は見た目通りじゃないのは真城で十分経験しているので、無理矢理納得させて露天風呂の中にも一緒に入った。

そこで自殺するかもしれないと聞かされたことを話すと、彼女は一笑に付し、今はそんなことは全く考えていないし、恋人ができて毎日が楽しいからあり得ないと、可愛く照れた。しかし、自殺はしないが、今の幸せを壊すものがいたら必ず殺すと言い添えた。

映画と大島の撮影をしながら、気になるのはこの部員の中にいるはずの大島の恋人は誰なのか?そんなことが気になった矢先、大道具の樋口が殺されて発見された。

想像以上に泣いて悲しむ大島を見て、樋口が恋人だったのかと町谷は思った。もう自分を撮るのは止めてくれと彼女が言い出したところに、真城が現れて止めたら駄目だと言い返した。

反発し合う二人のどちらのいうことを聞けばいいのか迷ったが、大島が耳打ちすると、町谷は真城の手を振り解いた。

二人になると、大島はきっと真城が犯人に違いないと言った。根拠は樋口の携帯から送られてきた「自殺しなければまた部員を殺す」という脅迫メールで、自殺すると言い出した真城が送ったとしか考えられないということだった。

その時、水野の悲鳴が聞こえた。彼女が指差した崖の下には、先輩二人の死体があった

町谷はついに山本殺しのことを打ち明けた。すると大島は、真城に自殺するとメールを送り返して部員殺しを止めさせた後、予定日に自殺の動画を渡すと呼び出して二人で殺そうと提案したが、さすがに彼は乗れなかった。

その日の夜、大島にまた呼び出されると、真城からの返信を見せられた。そこには他の部員が傷だらけで縛られている前で微笑む真城と、誰かに犯されている水野の動画が添付されていた。

大島は真城を殺そうというが、町谷は妙な違和感を拭えずにいてどちらを信じるか決めきれずにいた。
そんな時、真城から電話があり「私だけを信じて」と言って何の説明もないまま切れた。

自殺予定日。
大島について、屋上で真城を待ち伏せることにした町谷。大島は自殺の真実味を増すためにフェンスを乗り越え、彼はドアの横でバットを構えて息を潜めた。

やがて真城がやって来たが、ドアの横に町谷がいるのがあっさり気付かれ牽制されてしまう。しかしその直後に、水野が後ろ手のまま真城を突き飛ばした。

真城は逆上し、信じられないような力で水野をフェンスに投げ飛ばした。その衝撃で大島は弾き飛ばされて手を放してしまい、直後に地面に叩きつけられる音がした

いいものが撮れたと笑う真城に、町谷は泣き叫びながら何回もバットを振り下ろした。辺りが血の海になり、真城はピクリとも動かなくなった。

その時、「カット!」と声がかかり、捕まっていたはずの部員が姿を見せた。水野も自分で縄を解き、お互いの演技を褒め出した。

彼らは自分達も真城と同じ、デッドチューブの参加者だと言った。

感想

デッドチューブ1巻でした。

イカれたアホなユーチューバーがたまにニュースになりますが、これは山田悠介の小説を彷彿とさせるような、少し今を風刺したような内容ですね

原作者がどんな思いで話を作ってるのか知りませんが、とりあえず趣味の悪さ以外の価値が勝手にあると思っています。もちろんおもしろいと思いました。

DEAD Tubeを無料でお得に読む方法はこちら

試し読みはこちら