大人気連載新着

スポンサーリンク
スポンサーリンク

超注目作!

「恋のツキ」無料ネタバレ感想2巻。まだ挿れてないって言っても浮気は浮気

恋のツキ
スポンサーリンク

恋のツキ2巻ネタバレ感想

伊古くんにどんどん惹かれていくワコ。

逆にふぅくんには、今までの不満が溜まっているのもあって、冷めていくのが分かる。

そんな彼でも、そろそろ浮気の気配に気付き出していた。

4年分の愛情かトキメキか

ワコはその場で答えを出せなかった。

ただ、ふぅくんよりも頼りなくて子供で胸板も薄いのに、自分は女でいられた。

でも、別れる時に初めて「ワコさん」って呼ばれて、31歳の彼氏持ちでもまだできるんだって分かって嬉しくなった。
恋のツキ

部屋に帰ったらふぅくんの様子がおかしかった。

いつの間にか昨夜のうちに電話をかけてきてたみたいだし、本当にソバカス娘と飲んでただけなのか疑っているみたいだ。

水野さんからもメールが来てて、昨夜仕事帰りに彼が映画館に寄って、水野さんと鉢合わせしたらしいと分かった。

そのナイスな連絡のおかげで、なんとかもう一人ソバカスっ子がいることにして、ごまかしきる事ができた。

そんなタイミングで、なぜか「オレと結婚するでしょ?」なんて、ムードも何もなく聞いてくるふぅくん。
恋のツキ

たった今、この先子供無しでいるならもたないだろうな、と思ったばかりだったから、そんなプロポーズは無しだって、冗談めかしてお風呂に逃げ込んだ。

またそんなタイミングで伊古くんから電話がかかってきて、彼は強引に電話に出させた。
恋のツキ

何も知らず話し始める伊古くん。

声だけでも聞けたらなって・・・

また無理矢理ごまかして浮気はしてないって言って納得してくれたけど、疑っているのは間違いなかった。

その直後から、いろいろ予定を聞いてきて軽い束縛みたいな態度を取って嫉妬してくれるのが、まだちょっと嬉しかった。

この先ふぅくんとずっと一緒にいると不満が溜まり続けるのは分かっているけど、半分以上年下の男の子との将来なんて、もっと怖かった。

昨夜、何も言わずに切ったことだけの謝りメールを送信して、その後はもう返信しないと心に誓った。

なのに、偶然散歩の途中で伊古くんと会ってしまった。

1週間ぶりに会って嬉しい気持ちはお互い隠せなくて、遠回しに家に誘ってくる彼の言葉に乗って、ほいほいついて行った。

ふぅくんは自分にないものをくれるけど、伊古くんは欲しいモノをくれる。

そんな風に感じていたから。
恋のツキ

浮気は絶対しない。

自分勝手な理屈で相手を傷つけるなんて、イジメと変わらない。

だから、僕は絶対しません。

ワコもちょっと前まではそう考えていた。

だから、彼が優しく後ろから抱きしめてくるのを、さり気なく躱さなければいけなかった。

でも、やっぱり雰囲気には逆らえなくて、キスをしてベッドの上に乗って。
恋のツキ

彼は最後までする前に、告白の返事を欲しがった。

もう嘘を吐き続けるのは止めようと思って、やっと本当は彼氏がいることを打ち明けられた

当然怒り出す彼を宥めるために、彼を失わないために、別れるなんて考えられなかったのに、思わず彼氏とは別れるからって訴えていた。
恋のツキ

部屋に帰って一人になっても、これから別れ話する実感なんて湧いて来なかった。

ただ、このふぅくんとの生活が名残惜しい気持ちだけが膨れ上がってくる。

なるべく早く言おう。

傷ができるだけ深くならないように。

そう思ったのに、彼は突然婚約指輪を買ってきて、今度ワコの実家に行く時に着けて行こうって言い出した。
恋のツキ

浮気を疑って、嫉妬して、焦って真剣にプロポーズしようとしてきたけど、お茶をわざと零して、またお風呂に逃げ込んだ。

のらりくらりと指輪をつけるのを躱して、溜まった不満を一つ一つ思い出す。

もう男女じゃなく、お互いの一部になってしまったこの生活を終わらせて、うまく切り替えて、伊古くんとトキメキだらけの時間を増やしていこう。

隣で寝てるふぅくんの首筋の匂いを最後のつもりで嗅いだら、やっぱりどうしようもなく寂しくて涙が止められなかった。
恋のツキ

その矢先、バイト先の映画館の閉館が決まった。

新しい仕事を見つけなくてはならなくなった。

別れるのを待っている伊古くんにも返事をしないといけない。

洗い物をしている時に、ふぅくんが欲情して後ろから脱がそうとしてくるから、思わず大きな声を出して拒絶してしまった。

驚く彼にすぐ笑顔を返して、口で大きくする。

そのまま布団の上に行って一回出させて、寝息を立て始めるのを待って、伊古くんに明日の待ち合わせ場所を連絡した。
恋のツキ

途中はめちゃくちゃ楽しめたけど、ラストがいまいちな映画みたいに、この恋を終わらせるつもりだった。

映画館も来月には潰れる予定だけど、そこに新しい何かができるように、伊古くんはまだほんの10代の半ばだから、この先出会いなんていくらでもある。

10年後は41歳と25歳だけど、それでも妥協抜きで私の最後の人になってくれる?

そう訊くと、絶対好きでいますって即答してくれたけど、それはワコもそう思ってた。

その時、ふぅくんが二人の前に現れた。

どこかに急いでいる風なワコを追いかけて、彼氏は彼女の密会を覗き見ていた。
恋のツキ

男同士で言い争い始める。

この前電話をかけてきたのはお前だろ?って彼氏が訊くと、伊古くんはそれを認めた上で

ああ、ホテルに行った日ですか」って答えた。

それをワコも認めると、ふぅくんは何も言わずに踵を返して去っていった。

伊古くんとの関係を終わらせるつもりだったワコは、走って追いかけた。

今日で会わないつもりだった・・・

・・・してないよ?

あの時生理だったし・・・挿れてない・・・

本当のことを言えば、許してくれると思った。

けど、最後までしようがしまいが、他の男と身体を触り合って、他の男を好きになったこと自体が、彼にとっては拷問だったんだ。
恋のツキ

ふぅくんは部屋に帰って来なくなり、伊古くんからも返事が来ない。

この4年間が消え去ることがどういうことか、ようやく分かったワコは泣いて後悔した。

あの時ホテルに行かなければ。

夏祭りに誘わなければ。

生徒手帳をその場で返していれば。

同じスニーカーなんて履かなければ・・・

でも、しばらくしてふぅくんは戻って来てくれた。

リサさんに説得されて、全部を許せなくても、4年間の続きを始めようとしてくれた。

それからは、できるだけお互いに思いやって、結婚の話を進めて、子供ができた時のために節約も始めた。
恋のツキ

そしてワコは32歳になった。

そんな日が続いて、ついに映画館の最後の日がやってきた。

そして、その日に伊古くんが映画を見にきて、人気のないところで無理矢理キスをして舌を入れてこようとして・・・
恋のツキ

それで「二股でもいいからっ」って言ってきた。

感想

恋のツキ2巻でした。
面白度☆7 イライラ度☆8

4年は長いし、30越えちゃってる焦りも分かりますが、はっきりせえよ!って言いたいですね。

安定も、トキメキも、安心も何もかも全部なんて相当難しいのは分かってるんだから、どれはさっさと捨てるか、めちゃくちゃ努力せえよって言いたいですね。

恋のツキを無料で読む方法はこちら

試し読み検索はこちら