大人気連載新着

スポンサーリンク
スポンサーリンク

超注目作!

「ハレ婚」無料ネタバレ134話&135話情報。嫁同士水入らずで水に濡れて透け透けに

ハレ婚

ハレ婚134話ネタバレ感想

拙い尾行であっさり見つかってしまった小春。

ゆずの車に乗り換え、そのまま伊達家へと進路を向けた。

その前に、小春はどこかへ行こうと誘った。

134話

「どっか行こうよ、二人で・・・

 それに、まだ戻らない方がいいと思う。

 その、ジョーさんが来てるの。ゆずが戻ってくるの待ってる」

それを聞いたゆずは龍の心配を一番にしたが、小春がすぐに安心させた。
ハレ婚

彼らはあの頃と同じく、仲良くゲームに没頭しているらしかった。

殴り合いをするよりかはいいが、この状況でそれもどうなのかと思わずにはいられなかった。

それはそれとして、男二人が大人しくしているなら、こんな小春との時間も最後かも知れないと思い、どこか遊びに行くのに賛成した。
ハレ婚

やって来たのは、茨城は大洗にあるアクアワールドだった。

横浜にいたのに結局地元近くまで戻ってきてしまった。

そんなことは関係なく、楽しまなければ損だとばかりに小春は笑顔でごまかす。
ハレ婚

最初はイルカショーを観に行った。

トレーナーのお姉さんが見事にイルカの背中に乗って手を振っている。

そしてイルカの大ジャンプからのダイブで、豪快に水飛沫が飛んできて、彼女たちに降りかかってくる。

それが、イルカショーの醍醐味だった。
ハレ婚

しかし、一度、二度三度とぶっかけられては、さすがに土砂降りの中で突っ立ってたみたいに濡れてしまい、少々ケチって防御策を買わなかった事を後悔せざるを得なかった。
ハレ婚

「も~」

しとどに濡れた髪から滴る雫をゆずが払っていても

「あっ!見てみてペンギン!いっぱいいるよー!」

と無邪気にはしゃぐ小春と一緒にいると、やはり放っておけないもう一人の妹のように思えて、小さなことはどうでもよくなってしまう。
ハレ婚

館内を色々見て回った。

普段見る事のない、魚たちの泳ぐ姿を単純に楽しんだ。

楽しかったが、これが最後だと思うと寂しかった。
ハレ婚

展望台に出た。

ジョーのこと聞いたのね

ずっと忘れられない、大切な人・・・なんでしょ?

・・・ん

気遣うような声色と、僅かに挟まれる沈黙が、離れゆく二人の距離を表しているようだった。

「最初見たとき、びっくりしたけど・・・案外優しいのかもね」

「もう忘れるわ・・・

 ジョーのことも、龍ちゃんのことも

 あたし、伊達家を抜ける
ハレ婚

「小春は納得いかないだろうけど、こうなった以上どこにも帰れないから、

 一人で産んで育てる。

・・・迷惑かけちゃって、本当にごめんなさい」

ゆずは頭を下げて謝った

小春は笑った。

もういーよ、そんなこと
ハレ婚

ゆずが決めた事に口出しするつもりはないし、それが一番だと思う。

ずっと一人で悩んで辛かったはずなのに、何も力になれなくてごめんと言って泣いた。
ハレ婚

小春からも謝った。

震えて涙を流しながら、もう一度「ごめん」と謝った。
ハレ婚

背中を向け、ゆずまでいなくなってしまう寂しさを堪え切れずに、やだよと呟いた。

小春の本音を聞いたゆずは、その場でへたり込んでしまった。
ハレ婚

感想

ハレ婚134話でした。

締めにかかってきてますね。

なんだかんだ一番最初に出会った小春とマンツーマンで夫婦生活を送ることになるのか。

そうなれば、もうハレ婚でもなんでもないんですけど、ハッピーエンドではないでしょうね。

ハレ婚を無料で読む方法