大人気連載新着

スポンサーリンク
スポンサーリンク

超注目作!

「間くんは選べない」無料ネタバレ2巻6話~10話。女子高生ともヤッてゲス二股続行!

間くんは選べない
スポンサーリンク

間くんは選べない2巻
ネタバレ感想

初めての彼女ができた間くん。

しかも、同じ日に二人もできた。

どちらかを選べず、取引先の美人社員とエッチし、女子高生の純情を弄ぶ彼に罰は下るのか!?

間くんは女子高生とヤル

流れで里見さんとセックスしたから、もう覚悟を決めて夜の公園に呼び出して鏡香に別れを切り出した。

すると、瞬く間に彼女はぼろぼろと泣き始めてしまった。
間くんは選べない

ここできっぱり決めるつもりだったのに、やっぱりこれ以上悲しませたくないと思った彼は、人目を憚って部屋に連れ込んだ。

君のことは好きなままだし、他に好きな人ができたわけでもないけど、自分に自信がなさ過ぎて振られる前に自分から振ろうと思ったんだ、的な事を言ってごまかした。

あまりに真に迫っていたから、彼女もその理由をあっさり信じてしまった。

私は幻滅したりなんかしない。

そうきっぱり言われて彼は有頂天になり、別れ話なんかどこかへ捨てて抱きしめてキス。
間くんは選べない

顔を真っ赤にしてトロンとした顔がエロ過ぎて可愛すぎて、部屋の電気を消して彼女の制服を脱がしていく。

里見さんよりは小さいけど、脱ぎかけの制服がそそりまくってどうしようもなかった。

そして、鏡香の処女を奪ってしまうのだった。
間くんは選べない

これから、ゲスい彼には相応の試練とストレスが積み重なっていく。

女性関係がチャラそうな上司の佐々木は、どうも間くんの様子がおかしいことに気づき始めていた。

それもあってか、取引先との飲み会で担当の彼も誘いつつ、里見さんもセッティングする。

取引先の社員と付き合ってる事がバレるのはまずいと彼は考えていたが、彼女が部屋に遊びに来て少し酔った赤い顔を見せるせいで、ムラムラっときてさっそく二回目のセックス。

美人で明るくて巨乳だから心配が尽きないが、してる間だけは彼女の身体に夢中になった。
間くんは選べない

ヤルことはヤッテから、飲み会で打ち明けるかどうか相談すると、まあ流れのままにということで、深刻に考えていたのは彼だけだった。

さて飲み会当日。

結局間くんに彼女がいるかどうかの話題になって、素直に同席している里見さんが彼女だと白状した。

そこまでは良かったが、もう一人伏兵がいた。

3対3のメンバーのうちの、もう一人の同僚の坂井が

じゃあ、あのカタログって里見さんにあげたんですね」と、余計な一言を挟んだのだ。
間くんは選べない

そのカタログはもちろん鏡香にあげたもので、坂井は彼が二股しているなんて知る由もなく、ただ付き合いたてだろう二人の話を掘り下げようとしただけだ。

キョトンとする里見さん。

慌てる間くん。

その時、佐々木さんが絶妙なごまかしで切り抜けさせてくれた。

だが、それで佐々木さんは確実に彼が不誠実な付き合いをしていることを確信するのだった。
間くんは選べない

間くんは調子に乗る

佐々木さんがどこまで気づいているのか分からないが、助けてもらった事で完全に頭が上がらなくなった。

なのに、また職場のツテで美術展のチケットをゲットし、ちゃっかり鏡香とのデートに使う。

ベタ惚れしてくれている彼女が可愛くて、仕事やら何やらでなかなか会えないせいもあって、別れ際にしゅんとする彼女が愛おしくて、初めてして以来に部屋に連れ込む。
間くんは選べない

脱がせてみると、彼女も期待していたのか、フリルがついた可愛い下着を着けていて、さらに最初の時より具合がよくなっていて燃え上がった。

それから少し時間ができた時に、広田に誘われて飲みに行った。

ほろ酔い気分になってきたら、もう童貞を卒業した事まで打ち明けた。

その時、広田の目の色が変わった事に気づかなかった。

里見さんと鏡香の話がたまにごっちゃになって、ごまかすのもめんどくさくなった彼は、ちょっとした言葉の端々に噛みついて、まだ童貞の広田をバカにしてしまった
間くんは選べない

さすがに言いすぎたかと思ったが、広田は怒るでもなく「童貞卒業おめでとう」と杯を交わしてくれた。

そんなことがあってからの次の休日。

調子に乗った彼は広田が住んでいる目黒に里見さんとデートに行って、あっさり広田と遭遇してしまうのである。

女子高生と付き合っていると聞いている広田

しかし、そこにいたのは里見あかりですと名乗る取引先の女性。

その違いに広田が突っ込んできたら、彼は不自然過ぎるほどに話を切り上げて立ち去った。
間くんは選べない

それでもまだ浮気を疑わない里見さんの純粋さを利用して、あの広田は童貞をこじらせて嫉妬してて、ちょっと気まずいんだと人のせいにして切り抜ける。

またそれも信じてしまった彼女。

そして、家に行きたいと駄々を捏ねる彼に負けて、初彼女の家デートをさせて彼を舞い上がらせるのであった。
間くんは選べない

間くんは追いつめられる

里見さんと鏡香の住んでいる沿線や同僚の沿線まで気にしてまでも、どうにか週末に交代で二人とデートをしていた間くん。

今週は鏡香と出会った駅前の店で待ち合わせていたのだが、そこに彼女の友達の佐川美沙なる女の子がいたのだ。

高校からの友達で、今日は美沙の家に泊まると親に言ってあるため、協力する代わりに彼氏がどんな相手か見極めに来たらしい。

鏡香が心配な余り初っ端から彼を敵視してくるが、鏡香が彼を信頼し切っているのを見せられて、彼女もさすがに長居はせずに退散。

しかし、泣かせたら許さないからねと、きっちり睨みを利かせてから帰っていった。
間くんは選べない

そして二人きりになると、友達がいるところではクールだった鏡香はふにゃっと柔らかくなり、それでまた彼は二股について深く考えることを止めてしまう。

密かに広田に目撃されているとも知らずに、彼女をまた部屋に連れ込んだ。
間くんは選べない

広田がただの嫉妬で痛い目に遭わせてやろうと考えている間、彼は彼女と3回目のセックスをして息を荒げていた。

鏡香も徐々に気持ち良さを感じていて、声を我慢しないようになっていた。
間くんは選べない

事後、救急車の音が聞こえて彼はベランダに出た。

マンションのすぐ下に停まっているのを見て、鏡香も出てきた。

そこを向かいのビルで待ち構えていた広田が、パシャリと盗撮成功

翌朝、予備校がある彼女を送って一人になると、改めて自分のクズさを省みた。

彼女がいて幸せなはずなのに、なんでこんなにしんどいんだと、自分が招いたことにも関わらず自分勝手に凹み、まだどちらかを選べないでいた。

そんな時に里見さんから友達と食事してるんだけど一緒にどう?と誘われて、またほいほい誘いに乗っていく。

彼女が席を外した時、メガネ美人のマコさんから意外な事実を聞かされる。

美人で巨乳で明るい彼女だから、さぞモテて何人も付き合ってきてるんだろうと思っていたのに、マコが知っている限りでは過去に一人だけで、しかも別れてから何年か経っているらしい。

意外と恋愛経験が少なく付き合うのに慎重な彼女が告白を受け入れてくれたのだと知り、彼は嬉しさと共に自信を感じる。
間くんは選べない

そしてその日の帰り、明日が仕事でも近くのラブホに寄って、今までになく積極的に彼から攻めた。

彼女のを舐め、彼女に舐めさせ、上に跨らせて激しく腰を振るって胸を揺らす彼女のエロい姿を存分に楽しんだ。
間くんは選べない

しかし、彼はホテルに入っていくところを写真に撮られているなんて知らなかったし、シャワーを浴びている間に、鏡香からのメッセの着信を彼女に見られたなんて、全く気づきもせずに幸せに一日を終えた。

次の週末。

ついに佐々木さんに捕まって飲みに付き合わされた。

彼の目的はもちろん、間くんがどんなゲスい恋愛をしているのか本人から訊き出すためだと思われた。

間くんも覚悟を決めて言ってやろうと思った時、何通か一気にメッセが届いた。

それは広田からで、二人と一緒にいるところを撮った盗撮写真にクズ野郎とメッセージが添えられていた。
間くんは選べない

感想

間くんは選べない2巻でした。
面白度☆7 ざまあ度☆9

さあ、一気にエロいシーンが増えたのも朗報ですが、間くんのゲス二股に終焉の時が近づいてきましたね。

里見さんも気付いたみたいだし、後は鏡香が怒り狂って幻滅してくれれば言う事無し。

でも、泣き顔は見たくないので、カタログの角を叩き付けて欲しいです。

間くんは選べないを無料で読む方法

試し読み検索はこちら