大人気連載新着

スポンサーリンク
スポンサーリンク

超注目作!

「校舎の天では悪魔が嗤っている」無料ネタバレ8話。ロリババアを作るおぞましき人体実験!

校舎の天では悪魔が嗤っている
スポンサーリンク

校舎の天では悪魔が嗤っている
8話ネタバレ感想

生徒会の秘密の一端を知ったバレー部主将は、生徒会の手に落ちた。

その頃、七に連れられて航と光峯はもっと山深くに入っていた。

そして、年季の入った檻のような建物に行き着いた。

8話

頑健な鉄格子の扉で閉ざされたその建物。

崖の奥深くまで掘削されているのか、中は暗くてどうなっているのか外からは見えなかった。

光峯は嫌な気配を感じ取って怯え、航も墓のような雰囲気に腰が引ける。

七は言う。

ここは自分たちにとって始まりと終わりの場所であり、呪いをかけられて棄てられたのだと。
校舎の天では悪魔が嗤っている

中へ入るには扉からではなく、すぐ横にある人が通れるほどの排水溝のようなトンネルからだった。

しばらく前の嵐の日に落石があり、外壁が崩れて中に入れるようになったらしい。

悪魔のことが知りたいなら中に入るしかない。

そう言って七は中に入っていった。

二人もお互いを見つめて覚悟を決め、中に入る事にした。
校舎の天では悪魔が嗤っている

中は暗く狭く、膝をついて腰を下りながら進むしかなかった。

そう時間がかからずに、広い空間に抜けることができた。

そこで七は用意していた松明に火を灯した。
校舎の天では悪魔が嗤っている

すると、足元に夥しい数の白骨が散らばっているのが分かった。

そこは正方形の形をしたプールのような場所だった。

プールサイドに当たる床に骨は一つもなく、低くなった彼らが立っている場所だけに白骨があった。

「ここは、いったい・・・」

呪いに耐え切れず息絶えていった者たち。

 おそらくはここで溶かされ流されていった

「死体を・・・溶かした・・・?」
校舎の天では悪魔が嗤っている

七の言葉が真実かどうかは分からないが、この光景を見てしまえば多くの人間がここで殺されたのだろうことは容易に想像できた。

七は感傷に浸ったり怒りで顔を歪めるでもなく、そこから出て二人を次の場所に案内していく。

扉を抜け、廊下を進んだ先にあった扉の上には「第壱處置室」と書いてあった。

七は中に入り、二人も後に続いた。

もちろん電気など通っておらず、松明の明かりだけが頼りだった。

七が持つ炎の明かりでぼうっと浮かび上がったのは、椅子に縛り付けられた人間だった。

頭の中身がくり貫かれ、そこに管が何本も挿れられていて、口もぱっくり開いたままだった。
校舎の天では悪魔が嗤っている

「なんてことを・・・こんな・・・」

ガタガタ足を震わせた航は、まともに言葉が出てこなかった。

すると七は「姉だ」と答えた。

いや、姉だと思っていた人だと言い直した。

ここには何人もの子供たちがいて、ずっと優しくしてくれたのが、今椅子に座っている姉と思っていた女の子だった。
校舎の天では悪魔が嗤っている

姉は自分の身代わりになって、こんな姿にされてしまったのだと言う。

でも、笑顔で身代わりになってくれた姉の手は震えていた。

七は朽ち果てかけている姉の頬に、労わるように手を伸ばした。
校舎の天では悪魔が嗤っている

誰が何の目的で、こんな残虐なことをしていたのか。

航は激昂して七に問い質すと、だから「呪い」だと言われた。

七たちは「ヒケンタイ」と呼ばれ、毎日のように呪いをかけられ次々と壊され続けたのだと。

その時、七は松明で周りを照らして見せた。

壁には、七が姉と思っていた少女と同じようにされたいくつもの死体が吊り下げられていた。

しかし全て同じではなく、脳じゃなく腹部の臓器を取り出されている者もいた。

他にも、ホルマリン漬けなのか、綺麗な状態でゆらゆら液体の中にたゆたっている者もいて、まるで侵入者の彼らを監視しているようだった。
校舎の天では悪魔が嗤っている

航は訊くともなく「誰がこんなひどいことを」と呟いた。

七はなおも悪魔と答えた。

白い衣を纏った悪魔は姉を殺した後、生き残った七を含めた7人を山に棄てたのだった。
校舎の天では悪魔が嗤っている

悪魔は白衣を着た医者か研究者

呪いとは人体実験のための投薬や実験の数々

ヒケンタイは被検体で、この施設に監禁されていた人間たち。

いきなり山に放り出された7人は、やがて一人また一人と死んでいった。

太陽の光りで肌が爛れて死に、身体が食料を受け付けずに餓死し、僅か数年で老婆のように老いて死に、怪我の治療もできずに感染症で死に、悪魔の手先に捕まって戻ってこなくなった。

そうして、七は一人になった。

航は一番気になっていたことを訊いた。

「君には、どんな呪いが?」

「私はどう見える?」

「どうって・・・小学生くらいの女の子としか・・・」

「私は二十歳だ。これが呪い・・・奴らによって変えられてしまった呪いの身体」
校舎の天では悪魔が嗤っている

とても信じられなかったが、七が棄てられたのは15年前だと言うので、それから身体が一切成長していないとなると、確かに呪いと思いたくなるような人体実験の結果だった。

3人は外に出た。

想像以上の衝撃の連続で、航と光峯はへたりこんでしまった。

七は松明を消すと、姉がいつか見たいと言っていた月に向かって矢を放った。

それで姉の無念を晴らせるとは思っていないが、15年越しのせめてものにしたかった。
校舎の天では悪魔が嗤っている

七はどこまでも気丈だった。

姉や仲間たちを殺した悪魔たちに報いを受けさせるべく戦うつもりだが、お前たちはどうする。

お前たちが棄てられたのにも理由があるはずだが、私には分からない。

航は地獄を生き抜いた人生の先輩に対して、言葉遣いを改めて答えた。

「あなたが戦うなら僕たちも戦います。どうしても助けたい人がいるから」と。
校舎の天では悪魔が嗤っている

彼は七に手を差し出した。

一般社会の常識がないだろう彼女に対して、これは握手というもので「仲間」になった証ですと教えてあげた。

彼女は彼の手を握り、その上に光峯が重ねた。
校舎の天では悪魔が嗤っている

彼は改めて、曽良地を助ける覚悟を強くした。

感想

校舎の天では悪魔が嗤っている8話でした。

一気にお嬢様の歪なお遊びレベルを飛び越えてきました。

これも戦争の闇だとすると、某独裁者といい競争になるかもしれません。

と言う事は、バレー部主将が見たのは、老いさらばえた姿だったんでしょうか。

校舎の天では悪魔が嗤っているを無料で読む方法