大人気連載新着

スポンサーリンク
スポンサーリンク

超注目作!

「モンキーピーク」無料ネタバレ最新3巻。犯人確定!結末へと誘う闖入者は誰だ!?

モンキーピーク
スポンサーリンク

モンキーピーク3巻ネタバレ感想

我が身可愛さに氷室が密告したのは早乙女だった。

屈強な安斎の独裁体制が始まり出し、小屋の中は血の匂いが充満していく。

そんな仲間割れをあざ笑うかのように、再び猿が現れた。

追放

月の光りが届かない岩陰の向こうに、猿のシルエットが浮かび上がった。

安斎は外にいたメンバーを中に避難させ、入り口に陣取って迎え討つ体勢をとった。

長谷川が2階の戸締りは大丈夫か確認すると、宮田が早乙女とやりましたと答える。

しかし、最早猿の協力者のレッテルを貼られた早乙女の仕事など信用できず、南が誰彼構わずもう一度確認して来いと騒ぎ出す。

仕方なく長谷川が飯塚と人にやらせようとばかりする南を伴って、2階を確認しにいった。

その隙に宮田と岡島が早乙女の拘束を解き、疑心暗鬼に陥ったこの状態では一緒にいられないから、一人で逃げてくれと非情にも思える宣告をする。
モンキーピーク

早乙女は驚きながらも、彼の優しさを理解し、このままでは殺されかねない氷室も連れていこうとした。

しかし、意識を取り戻した氷室は早乙女が逃げるぞと騒ぎ出した。

早乙女は仕方なく一人で逃げ、追いかけようとする安斎を外にいたメンバー全員で止めた。

小屋の周りをうろついているのは猿のフリをした林で、全て早乙女を安斎の支配体制から逃がすための芝居だった。
モンキーピーク

だが、真っ向から敵対されてもなお、安斎は自分が正義だと疑わなかった。

代わる代わる見張りを交代しながら、朝を待つことに変わりはなかった。

早乙女がいなくなり、小屋の中に戻った穏健派メンバーと暴力推進派に、宮田は訊かれるがまま、早乙女がどういう奴でなぜ信用できるのか話し始めた。

早乙女が中学3年の時、盗んだバイクを無免許で二人乗りして、案の定こけて、その時後ろに乗っていた友人を死なせてしまったことがあった。

しかし宮田は、今でも運転していたのが早乙女だとは思っていなかった。
モンキーピーク

ただ本人がそう証言しているだけで、せめて死んだ友人の罪を軽くしてやっただけなんじゃないのかと。

そして二人を殺したと話すうちの一人がその友人なのは知っているが、もう一人が誰か宮田も知らなかったが、その次の春に早乙女の父が亡くなったのは聞いていた。

早乙女は喧嘩っぱやいところはあっても、決して自分から手を出した事はなかったし、いじめもしなかったし、ただ仏頂面で損をしているだけだと。
モンキーピーク

宮田の話を聞いて、彼らの中の早乙女の印象が少し変わったようだが、もう彼は追放された後なのが皮肉だった。

そして、今度は本物の猿がやって来た。

見張りのいる入り口ではなく、裏の窓に回って矢を番えようとしたその時、シーツに覆われた遺体に紛れていた早乙女が襲いかかり、猿が前に射ってきた矢で胸の辺りを突き刺した。
モンキーピーク

思いっきり刺して押し込んだはずなのに、それでも猿は走れるほどの状態を保っていた。

裸足の早乙女は追いかけるのにも一苦労で、少し距離を離された隙に、また矢を討たれて直撃させられてしまう。

だが、この時ばかりは強運が舞い降り、歯と手で掴んで止める事ができた。

そして、崖上にいる高低差を利用して飛び掛り、体重を乗せてもう一度矢を突き刺した。
モンキーピーク

さすがの猿も吹き飛ばされ、彼は猿もろとも転げ落ちていくが、また運が味方して岩に打ちつけられながらもなんとか止まった。

そして、騒ぎを聞きつけた小屋の中のメンバーが崖上からライトを照らすと、まだ平気で動ける猿が早乙女をボコボコにし始めているところだった。

人間離れした怪力とタフさに、彼は敵わないと悟った。

そして、せめて宮田たちを助けるために、猿に組み付いて一緒に崖の下に飛び降りた
モンキーピーク

ベテラン登山者

宮田が叫んで止めるのも聞かず、早乙女は最後に不器用な笑顔を見せて飛び降りた。

その直後、ライトが電池切れになり、宮田や林は涙を流した。

夜が明けたころ、早乙女は呼びかける声で目を覚ました。

樹木がクッションになって奇跡的に生きていた彼を起こしたのは、行方不明になっていた田中だった。
モンキーピーク

矢ノ口落としの下で猿に襲われたものの、命からがら崖を下りて逃げ切ったらしい。

早乙女は満身創痍なのにも関わらず、落ちてきた崖を上ると言い出した。

あの時、猿に組み付いた時に感じた感触を、どうしても小屋で助けを待っているメンバーに伝えなければならないと思った。
モンキーピーク

昼前になっても助けが来る気配はなく、小屋の中は徐々にイライラが募っていた。

腹がすいた、助けはまだかと不満ばかりを漏らす南。

氷室は自分の立場も忘れて泣き喚いているだけ。

その時、中岳小屋がそんな追い込まれた状況だとは知る由もないベテラン登山者兄妹が、小屋に到着していた。
モンキーピーク

外に置かれている3人の遺体と、中で拷問らしきことがされていたのを見て、登山者兄妹は異常事態であることを察した。

とにかく、兄の方が119番に連絡しようとして衛星電話を取り出した。

その時、氷室があまりにも喚くものだから下ろしてやったことが仇となった。

彼は男が電話を取り出したのを見て突然走り寄って奪い取り、逃げようとした。

しかし、すぐに安斎が自慢のタックルで取り押さえた。

だが、倒されながらも電話を投げ捨て、あっけなく崖の下に落ちていってしまった。

他の電話をだしてくれと騒ぐメンバーに、あれしか持っていないと言ったのは、兄の八木満、妹は
モンキーピーク

そこでようやく、二人がただの登山者だと彼らは理解して希望を打ち砕かれた。

そして、兄妹の話によれば、藤谷製薬の社員が遭難しているというニュースは世間では一切流れていないことが分かった。

つまり、まだこの中に潜んでいる猿の仲間が、登山の日程を改竄して方々に連絡していた可能性が浮かび上がってきた。
モンキーピーク

待っていても当分救助は来ない。

しかも、氷室以外に猿の仲間がいるかもしれないことで、絶望感で一気に包まれた。

八木兄妹は彼らの話から、自分もその猿と同じものを見たことがあるかも知れないと言う。

江戸時代に書かれた書物に出てくる猿神かもしれないと言い出すが、そんな話より今は彼らに下山してもらって救助を呼んで来て欲しかった。
モンキーピーク

それを伝えると、兄妹も死人が出ている以上、そうするつもりだったと言ってくれ、さらにこの辺りの山は庭みたいなものだと言って頼もしかった。

しかし、人が確実にいる麓までは10時間はかかるので、出発は早朝になった。

だが、藤柴は二人を信用し切れないでいた。

兄妹というより恋人のような距離の近さに、得体の知れない胡散臭さを感じていた。
モンキーピーク

分裂

明後日には救助が来る予定になったが、宮田はこのメンバーといることに嫌気がさして、一人で下山する事にした。

すると、林もついて行くといい、長谷川も手を挙げた。
モンキーピーク

藤柴も空気の悪さに耐えかねてついていこうとしたが、黒い協定を結んだ飯塚に囁かれ、諦めざるを得なかった。

結局、宮田、林、長谷川、岡島の4人が下山を決めた
モンキーピーク

八木満は宮田にその装備だとこの先危ないですよと忠告し、遺体からアウターと靴を借りた方がいいとアドバイスした。

しかし、山の厳しさを知らない宮田はとてもそんなことはできないと拒否した。

中岳山頂から左に折れて下山コースに入った頃から、宮田は後悔し始めた。

全くクッション性がなく、ツルツルで踏ん張りもきかない革靴で足の指を酷使し続けたせいで、親指と人差し指の爪が内出血を起こし完全に捲れあがっていた

とてつもない痛みだったが、先に進むことは止めなかった。
モンキーピーク

宮田たちが下りルートを終えたころ、早乙女と田中は中岳山頂に到着していた。

そこで革靴の足跡を見つけ、宮田が下山していることが分かった。

だが、その跡の上に血痕が落ちていて、宮田に気付かれないように点々と続いているのも分かった。

あの崖下に突き落とした猿のものだと思った早乙女は、小屋に知らせるのを田中に託し、宮田の後を追った。
モンキーピーク

宮田は防寒機能のないパーカーと足の怪我で、誰よりも疲労していた。

そのせいで、励まして空気を和ませようとしてくれる声にさえ苛立ちを募らせ、それで自己嫌悪に陥ってしまう悪循環を繰り返していた。

やがて二ヶ所目の鎖場に差し掛かる前、長谷川が気を利かせて彼のリュックも持った。

身軽になって少しでも楽に鎖場を抜けられると思ったが、直接背中に吹きかかる風の冷たさで、逆に身体が冷えて手足に力が入らなくなってきた
モンキーピーク

林と岡島はしんがりを務めてくれている長谷川に、リュックを返してくれるよう声をかけるが、振り返っても彼の姿はなかった。

代わりにが姿を見せ、長谷川を呼んでも返事はなかった。

長谷川も殺されと思い、疲労と寒さで朦朧としていた宮田は諦めようとした。

しかし、早乙女にやられた場所から血を流している猿を見た林に諦めちゃだめだと励まされ、彼はもう一度気力を取り戻していく。
モンキーピーク

しかし、体力が回復したわけでもなく、ゆっくりとしたペースでしか進めない。

じわじわ近づいてくる猿の恐怖に耐えられなくなった最後尾の岡島は、鎖に体重をかけて揺らし、猿を落とそうとした。

しかし、その命知らずな行為で杭が抜けてしまい、岡島は一人宙吊り状態になる。
モンキーピーク

足場で持ちこたえた猿は容赦なく岡島に岩石を投げつけていく。

その時、早乙女が彼らに追いついてきた。

感想

モンキーピーク3巻でした。
面白度☆8 兄妹度☆8

手に汗握る展開が続いて一気に読めました。

藤柴は兄妹ではないと疑ってましたが、小屋に着く前から兄さんと呼んでいたので、兄妹なのは間違いないんでしょう。

でも、血の繋がりあるかとか健全な関係なのかは怪しいところです。

さて、早乙女が感じた猿の感触とはなにか。

背中に手を回したときなので、ファスナーでも触ったのか・・・

そして怪し過ぎる長谷川。宮田について行ったのもリュックを持ったのも、全て計算としか思えません。

モンキーピークを無料で読む方法

試し読み検索はこちら