大人気連載新着

スポンサーリンク
スポンサーリンク

超注目作!

「骨が腐るまで」無料ネタバレ68話。全てが終わると思えた直後の衝撃の結末!

骨が腐るまで
スポンサーリンク

骨が腐るまで68話
ネタバレ感想

信太郎が小学生の時の担任の北浜。

彼が電話の主に違いないと確信し、竜と一緒に彼の家へきた。

これで、元通りになると信じて。

68話

信太郎が門を開けて玄関に近づいていく。

竜はすぐに進まず、その場で立っている。

おかしく思った信太郎が声をかけると、竜は長い努力を続けてきたかのように訊いた。

これで、やっと終わるんだよな?
骨が腐るまで

それは何かが報われようとしての問いではなく、純粋な怒りからのものだった。

自分たちに恐ろしいことをさせて罪を重ねさせ、屈辱を与え、明を殺した犯人がもう目の前にいる。
骨が腐るまで

もし本当に、北浜があの電話の相手なら許さない。

骨のありかを吐かせて、それから・・・殺してやる。
骨が腐るまで

そう言いたげな表情で、怒りを滲ませていた。

怒りの炎を奥に燻ぶらせたまま、竜はもう一度訊いた。

これで俺たちは元に戻るし、それが一番俺たちのためなんだよな?と。
骨が腐るまで

そうならないと何の意味もないかのような問いかけに、信太郎は即座に答えなかった。

しかし、「もちろんだ」と言って、前を向いた。
骨が腐るまで

インターホンを押すが、家の中は人の気配すら感じられなかった。

ここまで来たのなら信太郎に何もせずに帰るつもりはなく、今の内に家捜ししようと言い出し、躊躇のなさに竜は少したじろいでしまう。

すぐに気を取り直して竜が裏の窓からでも中に入りにいこうとするが、その必要はなかった。

なぜか、玄関に鍵がかかっていなかった
骨が腐るまで

出かけているはずなのに、なぜ鍵が開いたままなのか。

単なる閉め忘れなのかは、ここで考えても分かりようもなかった。

指紋を残さないよう手袋をつけ、家の中に踏み込んだ。

やはり人の気配はないが、信太郎は妙な臭いを嗅ぎ取った。

まず骨を手分けして探すことにし、竜に1階を任せて信太郎は2階への階段を上がっていく。
骨が腐るまで

1階は特に変わったところのない、普通の人が暮らしてきた印象だった。

ただ、妙にそこかしこに埃が溜まっているのに違和感があった。
骨が腐るまで

1階の捜索を早々に切り上げて竜が階段を上がっていくと、信太郎が廊下で立ち尽くして、何かボソボソと呟いていた。

どうしてこんなことに・・・もっと早く来ていれば
骨が腐るまで

一人で後悔し始める信太郎。

訳が分からない竜は、彼の前にある部屋の中を覗いた。

そこで、予想だにしなかった光景を目の当たりにして声を失ってしまう。
骨が腐るまで

確かに、そこには北浜がいた。

しかし、もう彼の口から真実を聞く事は永遠にできなかった。

北浜は首を吊って死んでいた

感想

骨が腐るまで68話でした。

今のところは予想の範囲内。

自殺なのか殺されたのかで、この先のおもしろさがかなり変わってくると思うので期待したいです。

ただ結構な埃が溜まるなら、それなりの日数がかかるでしょう。北浜の死亡日時によっては、そのへんに矛盾が生じる可能性もありそうです。

骨が腐るまでを無料で読む方法