大人気連載新着

超注目作!

「BTOOOM!」漫画ネタバレ無料最新24巻。ヒミコ爆殺!?可愛すぎる武装部隊!

BTOOOM!

BTOOOM!24巻ネタバレ感想

ドローン兵器が降下され、坂本たちは追い込まれていた。

二人でいた輝夜と上杉は、彼が命をかけて少女を助けようとした。

そして坂本、ヒミコ、吉良の3人もギリギリの死線を潜っていた。

ペリエサイド

島の頂上にあるサーバールームに着いたペリエたち。

アクセスコードを元に戻せば、飯田がクリア認定を済ませキラーチップを外すことができる。

だが、その矢先に米軍機からドローンが降下されたため、今この島のシステムを復旧させればドローンがそのシステムを使ってプレイヤーたちの位置を完全に把握できることになり、コードを変えている間に皆殺しにされてしまう。

ペリエはクリア認定の手順を教えてもらい、そのシステムを奪われないために防壁を作ってからしなければならなくなり、1時間はかかることになってしまった。

護衛についてきたウラジミールユリアは、ペリエの作業が完了するまで、ドローンの脅威から守らなければならなくなった。

ドローンは各プレイヤーの潜伏場所にそれぞれ降りていった。

二人は対センサーコートを着込み、ステルス状態になってドローンを撃退することにした。

ユリアは見事な射撃の腕で降下中の二機を撃ち落とし、そこから戦闘が始まる。

BTOOOM!

著者名:井上淳哉 引用元:BTOOOM!24巻

だが、四足歩行タイプの耐久力は落下の衝撃にも耐え、ユリアたちに反撃を開始してきた。

状況は二対二。

銃発射時の熱を感知されて動きを知られ、本格的な銃撃戦の様相に突入していく。

飯田・坂本父サイド

鷹嘴がキラーチップを銃で撃って命を永らえ、シュヴァーリッツ財団に状況を報告したせいで、米軍が島にドローン舞台を送ったのだった。

鷹嘴は死んだと思っている飯田が混乱しているところに、女子社員がトイレに行きたいと言い出し、坂本父が見張りで付き添った。

すると、他の部署の社員が近くまで様子を窺いに来ているのを見つけ、彼らから鷹嘴が生きていることを教えられる。

つまりここティラノスジャパンにも部隊が押し寄せるのは時間の問題。

飯田は司令室にいる社員を男女に分け、それぞれ二人ずつ選び出してある役割を与えた。

それぞれに銃を一丁ずつ渡し、この司令室に通じるエレベーター前と非常階段を二組に見張らせようと言うのだ。

BTOOOM!

著者名:井上淳哉 引用元:BTOOOM!24巻

もちろん、その指示に従わせる策も考えていた。

見張り組が簡単に突破されるか逃げ出した場合、男側なら残りの女性社員全員、女側なら男性社員のキラーチップを発動させると言うのだ。

つまり、自分たちの行動一つで同僚が生きるか死ぬかの選択をさせることで、やるしかない状況に追い込んだのだった。

エレベーター側についた男組は、さっそく上がってきた同僚たちに威嚇射撃をして追い払ってくれた。

一方、非常階段側についた女組の一人ツインテールは、自分がヤバイ会社でヤバイ仕事をしている事実を改めて考え、もう一人にそのヤバサを説くように話し出した。

BTOOOM!

著者名:井上淳哉 引用元:BTOOOM!24巻

しかし、もう一人のメガネヒステリー気味な女は、こんな会社今すぐ辞めて社員じゃなくなれば、逃げても関係ないでしょと騒ぎ出した。

逃げようともがくメガネ。

責任感から引き留めるツインテ。

その時、メガネが力任せに振り払ってツインテは踊り場に落ちてしたたかに身体を強打してしまった。

その隙に逃げ出そうとするメガネ。

飯田は已む無しと思い、見せしめに男一人のキラーチップを作動させるようペリエに連絡を取り、適当に一人の名前を伝えようとした。

その瞬間、ツインテは見事な射撃の腕でメガネの足を撃ち、見張りの役目を全うしてくれた。

BTOOOM!

著者名:井上淳哉 引用元:BTOOOM!24巻

坂本サイド

輝夜を助けるために囮になって窓からダイブした上杉は、腰を痛めたもののどうにか生きており、合流した坂本の機転で腰を固定してもらって、なんとか歩けそうな状態になった。

まず輝夜と合流したいところだが、途中の道は何の目隠しもない通路で、ドローンに発見されて襲われる可能性が高く、坂本が一人で迎えに行くことになった。

一人だろうと関係なく坂本の動きは感知され、輝夜を戸棚から助けだす瞬間を今か今かと狙われていた。

しかし、坂本はそんなドローン部隊の狙いを読んでいて、逆に相手の策にハマッたフリをして撃ち取れると思わせたところを逆にあらかじめホーミングでロックオンしていたのを投げつけ、返り討ちにした。

BTOOOM!

著者名:井上淳哉 引用元:BTOOOM!24巻

だが今度は、耐久性抜群の四足タイプがヒミコたちが待つ部屋に近づいていた。

吉良はホーミングのカメラでドローンの動きを警戒しつつ、耐久力の高い四足を仕留めるためにタイマー式を直接機体に取り付ける作戦を決行しようとしていた。

思い切って飛び出すと、操作している者の趣味で銃ではなくレーザーで切り刻もうとしてきた。

吉良は片腕が焼かれていく痛みに耐えながらスライディングで突っ込み死角に入ったが、あえなく足で蹴り飛ばされてしまった。

スイッチを入れて握り締めていたタイマー式も手放してしまい、コロコロと転がったそれはヒミコの足元まで飛んでいった

BTOOOM!

著者名:井上淳哉 引用元:BTOOOM!24巻

吉良はもう一度足元に突っ込んでボコボコにされながらも歯を食いしばり、捨て身でタイマー式を取り付けて身を隠し、すぐにリモコンを持っている坂本にエコーで合図を送った。

リモコンには1番と2番のスイッチが入った状態になっていると表示されている。

2番が四足に取り付けられたやつで、1番はスイッチが入っているのに気づかずヒミコが拾って持っているやつだった。

坂本は躊躇った。

二個スイッチが入っているが、両方押していい状況なのか分からない。

BTOOOM!

著者名:井上淳哉 引用元:BTOOOM!24巻

ヒミコはスイッチが入っていることにまだ気づかず、吉良が出した合図で坂本が起動させるのを隠れて待っていた。

とにかく坂本は決めた通りに合図を信じて、起爆スイッチを押した。

轟く爆音。四足は爆発と炎に襲われダメージを受けていたが、動けるし攻撃手段も機能しているようだった。

そしてヒミコは無事で、そこでようやくスイッチが入っていると上杉に言われて気がつき解除した。

タイマー式は、あらかじめ順番通りに使うと示し合わせていた。

だから、合図と同時に2番までスイッチが入っていたのなら、1番は取り付けに失敗したのだろうと坂本は考えたのだった。

しかし四足は健在で吉良に銃弾の雨を降らせて追い詰めて行く。

命拾いしたヒミコはBTOOOM!プレイヤーとしての誇りを胸に、四足が吉良に気を取られている隙に近づき、拾ったタイマー式をセットした。

すぐさまスカートを翻して手すりを乗り越え下にジャンプしたが、着地の瞬間に足を捻ってしまい痛みに顔をしかめた。

BTOOOM!

著者名:井上淳哉 引用元:BTOOOM!24巻

再び合図を受けた坂本だったが、本当に1番を起爆させていいのか躊躇った。

その間に今度はヒミコがターゲットにされ、木箱の裏に身を潜ませたがレーザーの前には何の盾にもならず、ジリジリとヒミコの首に熱線が迫ってくる

BTOOOM!

著者名:井上淳哉 引用元:BTOOOM!24巻

髪の焦げる臭いにヒミコが震えだした時、今度は上杉が一か八かで烈火ガスを投げた。

特に深い考えのないやけくその攻撃だったが、ガスの影響でレーザーの光が屈折し、結果的にヒミコを助けることができた。

そして坂本は再度の合図を信じて起爆スイッチを押し、今度こそ四足を破壊することに成功したのだった。

生きて再会できた輝夜と上杉。

損得勘定ばかりで動いていた上杉が命をかけて守った輝夜は彼が無事でいてくれたことに喜び、教祖たる包容力で彼に新たな喜びを与えるのであった。

BTOOOM!

著者名:井上淳哉 引用元:BTOOOM!24巻

感想

BTOOOM!24巻でした。
面白度☆7 ツインテ度☆8

ヒミコのあられもない姿はなんだったのかと思うほど、リアルボンバーマンモードが続いてますね。

これはこれで心理戦としても楽しめますし、本来のBTOOOM!でしょう。

そしてツインテの頼もしさ。

もちろん殺人ゲームに関わってたイカレた人間ですが、なんかいい子に思えて仕方ないです。

BTOOOM!を無料で読む方法

試し読み検索はこちら