シェアボタン

「終末のハーレム」無料ネタバレ8話修正前。コミック1巻では修正が解除される

終末のハーレム8話ネタバレ感想
4Pする火野を見てオナニーする担当官

密かにインポ野郎と罵られていた怜人に対し、ハッスルエブリデイな火野。

今日も今日とて、子作りに勤しむ火野は4Pに挑戦中。

対照的な怜人は相変わらず、特効薬作りに精を出しているようだが・・・

まひるの私服はなんであんなに攻めているのか?

毎日美女を取っかえ引っかえしている火野。男の夢を存分に叶えている毎日。
なのに、そんな日々にマンネリを感じ始めていた。

女性たちは新しい刺激を与えようと身体を張る。

ああそうだ、と思いつき4Pを提案する。

しかし、スケジュールを考え躊躇するアイドルを、魅惑のキスで黙らせる。

そんな男と美女たちの痴態を監視しながら、一人花びらをいじり、愛液を滴らせている女。

一方怜人は、MKウイルスの特効薬作りの研究を続けていた。ロリボディガードはメイドの
ように働く毎日。これはこれで悪くない。

まひるはと言えば、女性が共同生活している施設に通い、おこぼれの嗜好品を子供たちに
分け与えていた。

難民の集まりなのに、暗い雰囲気がなく生き生きしている彼女たちを見て、まひるは
女性の強さを感じていた。

しかも、男がいなくなったことで世界から戦争が消え、皮肉にも人類史上一番平和な時代が
続いているらしかった。

しかし、割り切っている女性だけばかりではない。欲求不満なアルコール依存症もいたのだ。
男を失った悲しみを乗り越えられる女ばかりでなかった。

その施設でも怜人の噂が届いていた。極秘事項だけに吹聴できないまひるは、やるせない
思いに駆られてしまう。

連日徹夜で研究を続ける怜人。そんな兄を妹は心配するが、逆に連日出かけて何かをしている
であろう妹を気遣う兄。

生かしてもらった恩を返そうとするように頑張る兄。

そんな兄の姿を見て、思わずキスする妹。これは何のフラグなのだろうか。

その時、まひるが絵理沙のぬいぐるみを見つけ、中から映像を記録する機器を発見する。
トイレに入り、便座騎乗位を思い出しキョロキョロする。

映像には絵理沙が映っていた。

絵理沙はMKウイルスの研究をしていると話し出し、いきなり確信に触れた。
なんとMKウイルスは人工的に作り出されたものだと言うのだった。

感想

終末のハーレム第8話でした。

火野は相変わらずヤリチンな毎日で結構なことです。まさに肉風呂ソーププレイ。
担当官が地味に可愛いのもいい。

そして絵理沙は驚愕の真実に辿り着いていたらしく、それが失踪と関係がありそうですね。

まひるの私服は、一体どこで手に入れたのか気になります。

終末のハーレムを無料でお得に読む方法はこちら