スポンサーリンク
 

 

シェアよろしくにゃ

「進撃の巨人」ネタバレ感想19巻。マルコの死の真相

スポンサーリンク

 

おススメ話題作!

進撃の巨人19巻ネタバレ感想
ウソ予告がシリーズ化!アルミン、友達に恐怖する

シガンシナ区に辿り着き、何事もなく穴を塞いだエレン。しかし、どこにも敵の姿が
見えない。しかも巨人も一体もいない。

何か嫌な予感を感じながらも、奪還作戦を完了させるためライナーとベルトルトを
捜索していく。
アルミンの予想通り、壁の中に潜んでいたライナー。リヴァイが刃を振るうが、
惜しくも巨人化させてしまう。

ついに、人類と巨人の全面戦争の火蓋が切って落とされる。

第75話 二つの戦局

敵の勢力は思いのほか大きそうで、知性を持った巨人の数も存在を確認している以上に
参加しているようだった。
獣の巨人が合図を出し、一斉に2~3m級の巨人が接近し始めた。馬を狙い、退路を断つのが
巨人の常套手段だと踏んだエルヴィンは、馬の護衛にいくつかの班を当てた。

リヴァイには馬の護衛と共に、獣の巨人を仕留めるよう指示を出し、アルミンには鎧の
巨人との戦闘指揮をハンジと共に委ねた。

壁を登ったライナーはエレンが巨人化するのを発見した。巨人の目的がエレン奪取にあると
知っているのに、なぜ自ら姿を現したのかと混乱する。相手の巨人を操る成長速度を考えると
このまま逃すわけには行かないが、明らかに誘い出す罠としか思えない。しかし、ゆっくり
考える時間はない。相手の作戦だと分かりながらも、ライナーはエレンを追いかける。

ベルトルトが超大型巨人になって急襲されるのを回避するため、壁から離れて街の真ん中で
ライナーを迎え撃つエレン。硬質化を身につけ、もう鎧の巨人にひけを取ることはない。
奪われた故郷を取り返すため、エレンは猛々しい咆哮をあげた。

スポンサーリンク

第76話 雷槍

馬の移動を任された編入組の新兵は、初めての実戦と間近に見る巨人に圧倒されていた。
しかし、リヴァイが誰も死なせはしないと宙を舞い、巨人を瞬殺していく。

エルヴィンは今まで数え切れないほどの犠牲を払った上で、やっとここまで辿り着いたのだと
一人感慨に耽っていた。熟練の兵士は殆ど死に、新兵や経験の浅い者が多くなった今の
調査兵団には、かつての強さがなかった。そう分かっていても、頭にあるのは自分が世界の
真相を知りたいと言う思いだった。

エレンは硬質化をメリケンサックのように集中させることで、破壊力を増していた。
全く打撃が通じなかった鎧の巨人の皮膚を、薄氷のように砕くことが出来た。

エレンが体術に優れているからといって、ライナーが弱いわけではない。ほぼ一進一退の
攻防を繰り広げていたが、鎧の巨人に止めを刺すのはエレンの予定ではなかった。

ハンジの要望により、調査兵団に新しい武器が導入されていた。対鎧の巨人用のそれは
雷槍」と言い、槍のように相手に刺すことで爆発させて破壊する武器だった。
その破壊力は雷が落ちたように見えることから雷槍と名づけられた。

刺して間もなく爆発する為、一撃離脱しなければ巻き添えをくってしまう。そのため、
エレンがライナーを立体起動が活かせる場所に誘い出す必要があるのだ。
兵士が向かって行っても、傷など付けられはしないと高を括っていたライナー。しかし、
雷槍で目を潰され、視界を奪われる。

雷槍が有効だと分かり、リヴァイ班、ハンジ班は次々にうなじに打ち込んだ。硬質皮膚が
剥がれ、生身の部分が剥き出しになっていく。かつての仲間を殺す覚悟を決め、彼らは
止めを刺すため、更に雷槍を打ち込んだ。

第77話 彼らが見た世界

時はトロスト区奪還作戦。エレンが大岩を運んで、穴を塞ごうとしていた時だ。ライナーと
ベルトルトは巨人をエレンから遠ざける任務だったが、民家の屋根の上で、エレンの安否を
気にしていた。エレンの秘密が分からないまま、彼が死ぬのは阻止したかったのだ。
いざとなったら俺の巨人で何とかするしかなさそうだ
でも、作戦が成功したらせっかく空けた穴が塞がれてしまう
構わないさ。俺達が5年間探してた手がかりをやっと見つけることができた

その会話を偶然聞いていたマルコ。頭が混乱して、二人に率直に訊ねてしまう。

ライナーはうまい言い訳が見つからず、「今のは・・・冗談だ」などと言ってごまかす。
マルコは作戦中にそんなバカな話をしている場合じゃないだろ!と注意して、
その場を離れた。しかしその時には、既に頭の中は冷静だった。エレンが巨人になれると
言うことは、人間が巨人になれると言うことだ。すると、突然現れて突然消えた超大型巨人や鎧の巨人も、人間の可能性が高い

そう思い至った時、追いかけてきたライナーに組み敷かれてしまい、真実を知る。

そこにアニがやってきて、マルコは彼女に助けを求める。だが、アニも仲間だったのだ。

ライナーはアニにマルコの立体起動装置を外させようとする。さっきはなぜ危険を冒してまで
コニーを助けたのかと責められるアニ。奴らに情が移ったんじゃなければ、ここで証明して
見せろと言われる。

アニはやむにやまれずマルコの立体起動を外していく。泣き叫ぶマルコの目を見ないように
して、装置を家屋内に投げ捨てた。

目前まで迫っていた巨人に捕まり、顔の半分から齧り取られていくマルコ。
3人は目に涙を溜めながら、殺した仲間の最期を見つめていた。そして、ライナーは
現実から逃げた。

調査兵団が到着する少し前、ライナー、ベルトルト、ジーク戦士長はお茶を飲みながら、
これからの戦いに備えていた。未だアニの事が気がかりな二人は、ジークにどうにか
ならないと願うが、それは最優先事項じゃないと決まっただろと言われる。

ここで「座標」を奪還し、呪われた歴史に終止符を打とうとの言葉に、ベルトルトは
決意を新たにする。

やがて調査兵団が来たと報告が入り、3人はそれぞれの位置についていく。旧知の仲の
二人は、お互いを鼓舞し、これで最後にしようと戦いに臨んでいく。

雷槍を食らったライナーは頭を吹き飛ばされていた。鎧の巨人を仕留めたと歓喜する
兵士たち。しかし、同期のサシャやコニーは悲しみに囚われてしまっていた。

しかし、頭を吹き飛ばされてなお、ライナーは完全に死んでなかった。突然、雄たけびを
上げ、それを合図に、獣の巨人が用意していた樽を投げてきた。

その中には、超大型巨人を宿すベルトルトが潜んでいた。

第78話 光臨

鎧の巨人目掛けて樽が降ってきた。超大型巨人に変化する時の爆発に巻き込まれては
危険だと、兵士たちはその場から離脱していく。しかし、ライナーの身体が剥き出しの
状態でいるのを見たベルトルトは、巨人に変化せずに立体起動で降りてきた。

かろうじて生きてるライナー。しかし受け答えは出来ず、ベルトルトはライナーに
覚悟を決めてくれと言う。

ハンジ班が二人を仕留めようと飛び出していくが、アルミンがそれを止め、最後に交渉
すると言ってベルトルトと対峙する。向こうの要求はエレンの引渡しと壁中人類の
死滅、それだけだった。聞く耳持たない様子に、アルミンはまたアニを出汁にして、
ベルトルトの動揺を誘おうとするが、ベルトルトはもうその手には乗らなかった。

覚悟を決めたベルトルトはもう彼らが知るベルトルトとは別人のようだった。優秀だが
気が弱く大人しいベルトルトはどこにもいなかった。彼は自分自身の覚悟を試すため、
アルミンの話を黙って聞いたのだった。

二人が話している隙に後ろに回りこんだミカサが、一閃した。しかし、感付いていた
ベルトルトに防がれ、白刃戦が始まる。二振り目でベルトルトの耳を削ぐが、蹴りを
返され吹き飛ばされる。アルミンを狙おうとするのを刃を投げて邪魔するが、その隙に
ライナーの元へ飛ばれてしまう。

鎧の巨人はいつの間にか仰向けになっていて、本体に手が出せなくなっていた。手を
こまねいている間にも、再生の蒸気が溢れ出てきていた。

ベルトルトはライナーの近くまで来て空高く舞い上がった。眩い光に包まれて、大爆発が
起こった。超大型巨人を出現させ、大地に降り立つ。爆発に巻き込まれたハンジ班の
安否は・・・

感想

進撃の巨人19巻でした。

因縁の対決、104期生とライナー&ベルトルトの戦いはクライマックスを迎えています。
ライナーを仕留めたと思いきや、あれでも生きているとは・・・最早セルか魔神ブウやん!

マルコはしょーもない感じで死んだんじゃなかったんですね。いつまで人物紹介で
マルコ載せんねん、と思ってましたが、ここに来てふゅーチャーされるとは思いません
でした。

常識を超えろとか言った矢先に、また出し抜かれるんですから、にっちもさっちも
いきませんな。

試し読みはこちら

スポンサーリンク