スポンサーリンク

 

シェアボタン

BTOOOM!10巻 ネタバレ感想 同盟の動き

スポンサーリンク

 

脱出作戦の為にかつての友を

伊達は情報の変わりに武装一式をよこせと持ちかける。
そんなことは出来るはずも無く、坂本は伊達からの情報は諦め廃墟を後にする。
ヘリジャックの為には、それなりに人数が必要になると考える坂本。
食料トランクを巡って二つのチームが争っているのが、レーダーを通して伝わって来る。
片方の二人組の分が悪く、それが織田たちだと気付く。

今は共に脱出を目指す仲間が必要。でも織田は完全にデスゲームに乗っている。
しばし躊躇うも、やはりかつての友から説得しようと走り出す

織田たちを追い詰めていた東郷チーム。
そこに坂本が介入し、吉良が彼と決着をつけようと単独行動を起こす。
三度起きる坂本VS吉良。
なにかが吹っ切れた坂本は、かつてない動きと戦略で吉良を圧倒。
彼からBIMを奪い、織田のもとへと向かう。

スポンサーリンク

自分勝手な先輩にドン引く

後輩である坂本を助けようとしたと言うより、良心の呵責に耐えかねて使えそうな奴に
丸投げした感じ。
「自分さえ良ければいい。それが世界をここまで狂わせてしまったんだぞ・・・」
おい!お前がゆーな!人殺し会社のメインメンバーやんけ!なめとんか!
いや、いくらでも罵詈雑言が飛び出しそうです。
恐ろしい自己中心的な脳内構造をしている先輩。 
どうか先輩にも天罰をお与えください

試し読みはこちら

スポンサーリンク