大人気連載新着

注目コミック

「終末のハーレム」無料修正前9話ネタバレ。怜人に強制的セックスの危機!

スポンサーリンク

終末のハーレム9話修正前ネタバレ感想
メイティングを拒み続けた怜人にご褒美展開!?

絵里紗が残した映像記録を観た怜人。
そこには、MKウイルスが人工的に作られた物だったと言う絵里紗の姿が映っていた。

その事が失踪と何か関係があるのか知れない。数年振りに見た幼馴染みで好きな女の子だったが、手放しで喜べる状況ではなかった。

絵里紗の告白と忍び寄る女体の群れ

映像の中の絵里紗は不安と戸惑いに追い詰められていた。信じたくない事実に行き当たり、誰も信用出来ないようだった。
どうかこの映像を観ているのが怜人だという願いを込め、彼の名を悲痛に叫んでいた。

その映像が終わった直後、周防が部屋にやって来た。監視されていたかのような登場のタイミングに、思わず身構えてしまう。

どうやら彼女は、怜人が希望していた研究施設の使用についての進捗状況を伝えに来ただけ
だった。

誰も信用できないという絵里紗の言葉を受けて、妹のまひるにも映像のことは打ち明けられなかった。

研究施設使用許可の面談の為、UW日本支部がある地区へ向かう怜人。辺りはコールドスリープ前と変わらぬ活気に溢れた栄えた街並みが残っていて、難民地区とのギャップに驚かされる。
capture-20160904-005755

難民地区もかつては普通に人が暮らす街だった。しかし、MKウイルスの蔓延と共に男性の
暴動が後を絶たず、たくさんの死者が出てしまったのだった。そして、その場で火葬する他なくなり、やがて人が寄り付かなくなったのだ。
capture-20160904-005849

ほどなくUW支社に到着するが、周防達は面談に同行できないと言われ、怜人一人で長官と
面談することになった。

部屋に通された次の瞬間、首筋にショックが走り気を失った。

気がつくと、椅子に座らされ手足を拘束されていた。一人の女性が近づいてきて、怜人を肉バイブ呼ばわりしてくる。

顔を近づけ、これから何が行われようとしているのか、目で見て確かめさせる。

そこには首輪を付けた全裸の女性たちが、物欲しそうな顔で怜人を見つめていた。

おもむろに注射器を取り出した女。もしかして、バイアグラ的な物なのだろうか・・・

感想

終末のハーレム修正前9話でした。

ついに怜人にも天罰が、いやご褒美が、いやいや抗い切れない魔の手が忍び寄ろうとします。
まあ、仕方ないですね。諦めて楽しみましょう。

女性に恥をかかせるものではないですから。

終末のハーレムを無料でお得に読む方法はこちら