大人気連載新着

スポンサーリンク

超注目作!

「左門くんはサモナー」ネタバレ7巻52話感想。一周年達成&人気投票開催!

スポンサーリンク

左門くんはサモナー52話ネタバレ感想

ついに、ジャンプの荒波を1年間乗り切った左門くんはサモナー。主人公がカス虫呼ばわりされるギャグラブコメ漫画も、掲載順が不穏な時があって、上がったり下がったりのヒヤヒヤもんだが、私は信じている。

いい感じのポジションで続いてくれることを!

トンガリとブタゴリラ

左門くん連載一周年を記念して、第一回キャラ人気投票が催されることになった。人気漫画には、ある一つの共通するファクターがあるという。それは、主人公より人気のある脇を固めるキャラがいるということだ。
2

飛影、蔵馬、キルア、クラピカ・・・後は分からないが、冨樫さん待ってます。
と言う訳で、左門くんもジャンプを代表する人気漫画になれる準備は十分に整っているのだ。順当にいけばてっしーがオッズ一位だろう。そこに美人キャラのヤーさん、たまに可愛い板、
ちょい穴でブーヤン辺りが食い込んでくるかも知れない。

カス虫はそうはさせじと、頭に乗っかっているトンガリを賭けた。凶器にはなりそうだ。
2

という夢から目覚めた寝顔も天使
3

しかし、現実だった。180度性格を翻し、票集めの選挙活動としてボランティア活動に勤しむトンガリ。もう半年早ければ、どうにかなったかも。
4

毒を一切見せない様子は全くキレが無く、どこか萎びてるように見える。
5

てっしーはそんな気色悪いトンガリにも態度を変えずに、ゴミ拾いを手伝ってあげようと手を伸ばすが、その優しさがトンガリの逆鱗に触れてしまい、瞬時に身体能力をアップさせる。
5

どいつもこいつもトンガリを狙っているという強迫観念に取り憑かれていたのだ。
6

校内清掃にも勤しむが、評価はゴミだった。
7

さあ、そろそろ好感度うなぎ登ったかなと、偽ツイッターをチェックすると、トンガリには予想もしなかった低評価に、本性を取り戻す。てっしーの真顔はやはりゾクっと来る。いい
8

へこんだトンガリに絶妙なタイミングで声をかけるのがクズだ。クソ貧乏人みたいな真似をして過ごすのが、彼らの日課らしい。
8

だがしかし、今は1位の座を取りこぼす訳にはいかない。苦渋の決断でスーパーマーケットアトラクションへの誘いを断り、第二形態へと進化する。
9

具合の悪い人に揚げ物をすすめ、武闘派バカの荷物持ちを務めようとしたりと斜め下の努力を重ねるが、うまいこと言った感じのアンチ発言を食らう。
10

やれることはやった。しかし結果がついてこない。ならば強行策に出るしかない。この世で物を言うのはだ。偽らざる真実で、好感度を自らダダ下げ続けるトンガリだった。
11

相変わらずクズ行為ではいい顔をしてくれる。
12

それを止めるのは、ネビロスだ。ネタにされない時は、普通にかっこいいやつなのだ。
13

バアアアアアーーー!!!撃墜!
14

からの土下座。果たしてランキングや如何に!?
15

感想

左門くんはサモナー52話でした。

なんとか1周年を迎えられましたね。左門くん好きとしては、嬉しさと安心感がせめぎ合っている気持ちです。予想では、クズと小鳥ちゃんが善戦する気がします。トップ3は多分天使ヶ原家かな。