シェアよろしくにゃ

「木根さんの一人でキネマ」バッドボーイズ2バッド編感想。独り身女+離婚女の夜

スポンサーリンク

 

おススメ人気漫画!

木根さんの一人でキネマ2話ネタバレ感想

映画が好きと言えば十中八九返ってくるのが「じゃあおすすめある?」だ。

そしていざすすめて観てもらうと、いい反応もあればそうでない時もある。もちろん、万人に受け入れられる映画なんてないだろう。
でも、バカにしたような態度はいただけない。パッケージを投げられても仕方ない。

バッドボーイズ・2・バッド

大学時代に良かれと思って貸したバッドボーイズ2バッドのDVD。だが、相手はもっと高尚な映画しか観ないのよね~、などと底意地悪そうな態度を取って突き返して来た。だから、若かった木根さんは我慢出来なかったのです。

そんな思い出も遠い昔になったある土曜の雨の日。この二日で10本は観てやるぞと気合十分な木根さん。アルコールの用意も万端です。
capture-20161010-181113

そんなところに雨の音を掻き消すようにチャイムの音が鳴り響きます。こんな時に誰だとドアスコープを覗くと、大して仲良くもない同期の水城さんが立っていました。

急ぎの仕事の用かなと仕方なくドアを開けると、開口一番「夫が浮気して・・・」と呟きます。
capture-20161010-181133

友達もいなく実家も遠く、偶然覚えていた木根さんの住所を頼りにやって来たのでした。正直帰って欲しい木根さん。血も涙もないわけではありませんが、今まで他人を部屋に上げた時にいい思い出がなかったからなのです。だって、血はあり涙なしの映画コレクションにドン引きされてきたのですから。
capture-20161010-181218

スポンサーリンク

それでも雨に濡れた子犬のような同僚を追い返せるはずもなく、シャワーを貸し着替えを用意する木根さん。
詳しく事情を聞いてみると、夫が自分の友達とベッドインしているところを目撃してしまったらしいのです。それでも、夫となんとかやり直せないかと考えている水城さん。
capture-20161010-181242

結局下半身事情かよとアホらしくなった木根さんは、酒の力を借りてド直球に本来の言葉を投げつけていきます。
capture-20161010-181259

未練たらたらなのに追い討ちをかけ続けると、結婚経験者の力で反撃されます。
capture-20161010-181319

それさえも映画の台詞のようで、笑いが治まらないドランカー木根さん。水城さん、そろそろ手を出していいですよ。
capture-20161010-181343

傷だらけの女に塩を刷り込んでいく木根さん。でも浮気された女も黙っていません。木根さんの触れて欲しくない映画趣味を気持ち悪いといい、そんなんだから残念な性格になったんだと反撃していきます。

お涙頂戴の不治の病系や、興行収入がいい映画が好きじゃなくてごめんなさいね~と映画に関しては一切引かない木根さん。
なら、いい映画とやらを見せてよと煽られ、嬉々として選び出す木根さん。でも浮気された直後の女にすすめる映画ってなんだと困惑します。復讐劇・・・私は好きです。
capture-20161010-181408

こうなったら単純に好きな映画を観せてやろうじゃないのと選んだのは「バッドボーイズ2バッド」です。
撃って、爆発して、カーチェイスする147分。高尚?テーマ性?糞食らえだ。
capture-20161010-181438

さあ、水城。あなたはどうなの?これをおもしろいと思える感性の持ち主なのか、バカにしようとするインテリ気取りなのか?ドキドキでその横顔を見てみると、なんとドハマりしているではありませんか!
capture-20161010-181502

ついに同好の士を見つけたと心の中で歓喜する木根さん。しかし、水城さんはクソめんどくさいタイプだったのです。
capture-20161010-181536

理想の相手は一体どこにいるのか・・・悶え苦しむ三十路超えの女。
capture-20161010-181553

すっかり木根セレクションに元気づけられた水城さん。無事未練を断ち切り独身に戻りました。バッドガールズ2バッド。ここに爆誕。
capture-20161010-181625

感想

木根さんの一人でキネマ、バッドボーイズ2バッド編でした。

私もこの映画は観たことがありません。観てたとしても覚えてません。なので、木根さんのおすすめとあらば気になるところです。
後、「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」は観ました。その辺は木根さんと趣味が合いそうです。女の復讐劇はそこそこ観ましたね。

スポンサーリンク