スポンサーリンク

 

シェアボタン

「左門くんはサモナー」ネタバレ感想7巻53話。てっしーは誘拐され、サルが死す・・・

スポンサーリンク

 

左門くんはサモナー53話ネタバレ感想

人気投票の進捗状況はどうなっているのか気になる読者が大半だろうが、それは次週のお楽しみのようだ。

前回のようにバカ回になると思いきや、180度方向転換し今までで一番のシリアス回に突入。

ああ、スイーツ・・・

戦闘力に信頼を置かれている奴がやられた時の絶望感

クズが初登場の笑顔のお兄さんに買収されているところから始まる今週のお話。

学校ではヘロヘロな顔をした生徒が多く、変な雰囲気が街中を包んでいた。そんな時、クズもドラッグ顔で珍しく遅刻してくるものだから、笑美が一閃。

首をいわしたかと思ったら、もう片頬も差し出すM感を見せる。

様子がおかしいクズに声をかけるカス虫。食堂の七味を無駄に使うという迷惑極まりない行為に誘うが、あっさり断られ凹むカス虫。可愛いメンタルだ。

不気味な一日を終え、帰宅の途につこうとしていたてっしー。そこになくなってもーたどないしよ!と慌てふためいている人を見かけ、もちろん手を差し出して行く。

スポンサーリンク

友を変えた原因を探ろうと、アガリアレプトを召喚しようとしていたカス虫のところに、バイト少将が姿を見せた。バイトを首になって彷徨っていた訳ではないらしい。

どうやら悪魔界でも、同一犯による被害が出ているらしい。犯人は「天国へ行きたくないか?」と訊いて、それを断ると攻撃してくる。このまま捨て置けないと、おっさんとスイーツに始末をつけさせるつもりのようだ。

この件が解決するまで、二人を召喚するなと釘を刺しにきたのだった。ただのゆるふわバカだと思ってたのに、やっぱり有能なバカだったスイーツ。

無事失くし物を見つけたてっしーと笑顔のお兄さん。てっしーをナンパするなんて・・・押しに弱いから心配だ。

しかもお礼にと諭吉を100人差し出してきた。さすがに断るが、クズならヒャッハーだろう。

一日が暮れゆこうとしていても、クズの生気は抜けたままだった。スーパーの試食コーナーにさえ反応を示さない
ついに我慢の限界が来たカス虫。
時を同じくして、返り討ちにあったスイーツを見つけたバイト。

部下をやられた上司は怒りを露わにする。

夜の喧騒に包まれる街を闊歩する二人。これ、「左門くんはサモナー」だよね?

てっしーと一緒にいる犯人を見つけた二人。その名はマステマ

マステマはあの聖女、ジャンヌ=ダルクと同じ匂いをてっしーから嗅ぎ取っていた。
そして名実ともに天使なてっしーを、焼き殺そうとしていた

有無を言わさずてっしーをお姫様抱っこで連れ去るマステマ。その場所譲っていただきたい!

連載一年を経て、最大の危機に直面するてっしー。ヤーさんの武力が火を噴くことになるのだろうか?

感想

左門くんはサモナー53話でした。

なかなか強烈な引きで締めてくれましたね。ボケもツッコミもいつもの激しさがなりを潜めてるし、スイーツはやられるしで、熱い展開です。

54話は盛り塩とも協力戦線を張る予感。

スポンサーリンク