スポンサーリンク

大人気連載新着

注目コミック

「ちおちゃんの通学路」ネタバレ感想2巻。カバディとゲスい友情に幸あれ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ちおちゃんの通学路2巻ネタバレ感想

1巻で、十分破壊力は伝わったと思う。未読?早く読むことをお勧めする。

ブラッディ・バタフライが再登場したり、ゲスい友情で繋がる真奈菜はすっかりレギュラー化している。

そんな2巻だ。

バンプ・オブ・スレイブ

1巻で仲良くなった陸上部でスクールカースト上位で性格のいい細川さんと、また一緒に登校することになったのだが、そこには旧知の仲の真奈菜もいた。
capture-20161102-152401

物怖じせず人懐こい細川さんが、ちおちゃんを待っている真奈菜に声をかけ、いつのまにか打ち解けていたのだった。
そんなこんなで一緒に学び舎への道を闊歩し始めたJK3人。それにしても、知り合いになって間もないというのに、真奈菜は細川さんに向けて能力を発動してしまう。
capture-20161102-152433

I can’t read air! そう、真奈菜は空気が読めないが故の度胸が半端ない。

それに真面目に答える細川さん。この流れ、実は心理誘導が働いているのだ。
capture-20161102-152514

モテモテと噂の細川さんなのに~、とよいしょする真奈菜。告白されたって噂あるよ~と追撃するが、その出所は真奈菜その人である(1巻参照)

じゃあ、二人はチューとかの経験あるの?と返され、二人は瞬時に甘くてピンク色の苦肉の策を思い浮かべた(1巻参照)
capture-20161102-152659

しかし、真奈菜は回避行動を取った。実はJC時代にネットで知り合った大学生とすることしちゃっていたらしく、リア充と会話が弾んでいく。

ちおちゃんは見誤っていた。3人寄れば文殊の知恵といいますが、人間は最低3人居ればそこに社会を生み出すもの。会話の輪からあぶれるのが、まさか自分だとは露ほども疑っていなかったのだ。あまりに甘い見通しだと気付いたが時既に遅し。かねてからの友人は、この時を虎視眈々と狙っていたのだ。これで今日からリア充グループの仲間入りよ。
capture-20161102-152758

さよなら、愛した人・・・
capture-20161102-152826

調子ぶっこいた真奈菜は自身の恋愛譚を語り出す。そんなところにお腹ぽっこりのメタボおっさんを見かけ、あいつはどーのこーのとディスり始める。

しかし、そのおっさんは細川さんの知り合いらしく、ランニングの手ほどきを彼女から受けている間柄と判明。おまけにどこぞの会社の社長らしく、真奈菜は赤っ恥をぶっかく。
capture-20161102-152937

そこにハイエナが現れた。いい顔だ。
capture-20161102-153004

あれ~、リア充グループの野々村真奈菜さんじゃございやせんか!?すんませんね~私みたいな下賎のもんがお声をかけてしもーてね~。いやぁ、しかしキレイなお顔してはりますなぁ。やっぱり骨格からして違う作りですなぁ。そういや、若くして殿方と接吻かましたとか?そのご経験を後学の為に伺わせてもらってよろしいですかね~?
capture-20161102-153048

もう、止めろ!
capture-20161102-153113

うん。JCに手を出すようなロリコンが真奈菜の初めてじゃなくて良かったよ。お帰り。

コントである。
capture-20161102-153141

それにしてもあのおっさん、とても人の上に立つ感じには見えない。こいつぁ何かあるぜと勘繰った二人は、マシンガンクエスチョン攻撃を仕掛けた。
capture-20161102-153332

もういいだろう!男には引けない時があるのさ・・・女も・・・だろ?
capture-20161102-153358

しかし、人を悪く見ようとしない、いい人の細川さんは走れば全て解決とばかりに、3人を巻き込んで走り出した。喘ぐ真奈菜
capture-20161102-153432

JKに囲まれて走る一人のおっさんの図。必死すぎる真奈菜。悪くない。
capture-20161102-153459

スポンサーリンク

桜の花を手にとって

高校1年の二人にも、進路調査がやってきた。とにかく働きたくないという真奈菜に対し、ちおちゃんは至極全うに、仕事にも楽しいことがあるよと大人な意見を述べる。

そこに食い込んでくるのが真奈菜である。次見かけた大人に「仕事って楽しいですか?」と訊ね、楽しいと返ってくればちおちゃんの勝ち。BETは100円だ。

まさか本気ではあるまいと思ったが、本気だった
capture-20161102-153618

しかも、賭けの対象にされたその男は、ブラッディ・バタフライ・エフェクトでちおちゃんを裏社会のなんか凄いヤツと勘違いした暴走族の安藤だった。(だが、後に彼は族を抜けた。その顛末は2巻参照)

安藤はちおちゃんに気付くと、急にイキり出した。こんな仕事、俺のガラじゃねえなどと典型的な転落人生を歩む常套句を口走る彼に、軽くボディタッチしながら誠心誠意説得を開始するちおちゃん。それは、知らない仲ではない相手をほっておけなかったからなのか、それとも・・・
capture-20161102-153826

そして流れのままに残り僅かな新聞配達を手伝うことに。配達時間から遅れに遅れているので、真奈菜は直接渡して誠意を示した。

だがこれである
capture-20161102-153927

ちおちゃんはこうである
capture-20161102-154004

安藤の経験則によると、昭和生まれは詰め込み教育の弊害のせいで、1日の始まりに活字を見ないと、バーサク状態になるらしい。

昭和生まれVSゆとり世代の戦争が始まろうとしていた。
capture-20161102-154027

安藤は職質の連続で配達を遅らされたと憤慨していた。それに輝くような笑顔で慰めるちおちゃん。

笑顔、励ましの言葉、キラキラ背景。真奈菜は何かを察した。
capture-20161102-154147

残る一人はべらんめえ口調のおっさんだけだ。直接渡そうものなら、血を見る争いになりかねない。部屋はアパートの2階中央。
二人は瞬時に最適解を導き出した。

真奈菜がロイター板の役目を果たし、トップアスリート並みの身体能力を誇るちおちゃんが空高くジャンプ。手摺りを掴み勢いを殺しつつ、そっと着地。
capture-20161102-154212

音もなくドアに近づき、おっさんのくしゃみの音と同時に新聞受けに突っ込む。しかし、ここで誤算が一つ起こってしまう。立てかけていた傘に触れてしまい、倒れていく。受け止めるには間に合わない。ならば、姿を見られなければいい。

2階から躊躇無くダイブしたちおちゃんを、しっかり受け止めた安藤。ゴン、キルア、ヒソカがドッジで見せた連携プレーのようである。
capture-20161102-154341

今更だが、安藤はちおちゃんにガチ惚れしており、ちおちゃんも満更ではない様子。全て配り終え、手を取り合って喜ぶ二人。真奈菜よ、少しは我慢しろ
capture-20161102-154537

安藤と別れ、通学路に戻る二人。その時、ちおちゃんが両掌を上にして差し出してきた。そう、全てはのためだった。安藤を必死に説得したのも、可愛い笑顔で喜び合ったのも、彼に勤労意欲を植え付け、「楽しい」の一言を引き出すための心理作戦だった。
capture-20161102-154610

恐ろしい子・・・

感想

ちおちゃんの通学路2巻でした。

2巻もどれをピックアップしようか迷いました。ブラッディ・バタフライ・エフェクト2とカバディは特に外し難かったですが、逆にちゃんと読んで欲しいという願いを込めて、別のエピソードを紹介しました。

金が絡んだほうがちおちゃんのゲスさが伝わりやすいし、どこかで細川さんを出しときたかったので、この二つにしました。

中の下を愛するちおちゃんですが、あんた確実にモテるよ。

ちおちゃんの通学路を無料でお得に読む方法はこちら


試し読みはこちら

スポンサーリンク