スポンサーリンク

 

シェアボタン

「ちおちゃんの通学路」ネタバレ感想3巻。まななっちおとカバディ老師

スポンサーリンク

 

ちおちゃんの通学路3巻ネタバレ感想

ゲスい友情を固く誓い合い、金の為に人心を掌握したちおちゃん。

リア充同級生とも仲良くなり、中の下生活は順風満帆な船出をきっていたが、

カバディは忘れた頃にやって来る。

それぞれの道

細川さんからカバディ部の部長が行方不明とのメールが送られてきた。その直後、林を擁する住宅街の中にある公園で、件のカバディ部部長の姿を発見する。
capture-20161102-183739

たわわな胸を揺らし、カバディカバディと点呼しながら、もう一カバとカバディの稽古に励んでいるようだ。そこに現れた「老師」と呼ばれた薄汚い浮浪者のおっさん。
capture-20161102-183803

これはあかんヤツやと瞬時に悟る二人。
capture-20161102-183815

部長は以前、ちおちゃん&真奈菜VS部長&細川さんで対決し、ちおちゃんの作戦と身体能力の前に敗北を喫したのだ。(2巻参照)

そのちおちゃんを倒すため、1週間もこの深い森の中っぽい住宅街の中の公園の林で稽古に明け暮れていた。
capture-20161102-183852

心配している細川さんのためにもどうにか連れて帰りたいところだが、ここでちおちゃんが出て行っては何をしてくるか分からない。親友は親友のケツを蹴り飛ばし、レズ(2巻参照)部長の説得役に差し出した。

そして能力を発動する真奈菜。空気が読めないというかデリカシーがないのか?
capture-20161102-183921

だが、久志取部長は真奈菜の言葉など聞こえていなかった。久方ぶりに見る生身の女体。すらりと伸びた足。白く柔らかそうな肌。以前の対決がピンク色で甦る。
capture-20161102-183946

老師は部長が何を求めているかを知り、かつて自分も社畜として働いていた時、日々の疲れに辛抱できずに、電車の中でJKの尻に手を伸ばしたことを思い出した。

そして老師となり、同じ思いを抱くJKに出会い、言葉を授けた。
capture-20161102-190526

涙が溢れる部長。そろそろ安西先生を呼ぶ時間だ
capture-20161102-190540

漫画史に残る名シーンである。
capture-20161102-190600

全てをさらけ出した部長は、内の中から力が溢れるのを感じた。今までにない不思議な感覚。これが一流のアスリートのみが到達できるというゾーンなのか!?
capture-20161102-190659

この力を試したい。身体が疼いて仕方ない。野々村、私が見つけたカバ道を受けてくれるか?
あっちに三谷裳さんが隠れてます。

これが真の友情というものである。
capture-20161102-190734

ああ、快感。いい顔だ。
capture-20161102-190800

その時、ちおちゃんからのメールで駆けつけた細川さん参上。親友に売られたJKは、また別の友人を売ることで命を永らえようとした。
capture-20161102-190821

この後、JKたちの戯れを眺めながら老師はガッツポーズをキメた。

スポンサーリンク

まななっちお

篠塚桃。鮫島学園2年生。風紀委員会所属。毎朝のように校門に立ち、生徒の風紀が乱れていないかチェックしているクソ真面目なJKである。

しかし、近隣住民から鮫島学園の生徒に対する苦情が入り、彼女は見回りがてらいつもと違う道で登校していた。

そして彼女の前を歩いていたのが、ちおちゃんと真奈菜である。
capture-20161102-190910

地味で大人しそうな見た目とは裏腹に、植物を根っこから引き抜き、鞭のようにしならせて友人の尻を引っ叩いた片割れ。
capture-20161102-190943

やられっぱなしではいるはずがない真奈菜。ストリートファイトの始まりだ。
capture-20161102-191002

だが、巻きつけた武器をちおちゃんが放り投げると、何事もなかったように歩き出す二人。メリハリが大切だよね、何事も。

すると、今度は鞄を真奈菜に預け壁を登り始めるメガネ。小学生のようなアグレッシブさだ。
capture-20161102-191031

ショートカットのつもりでも、時間がかかり過ぎなのは明白だった。ゴミを見るような目で見下ろす親友。ちおちゃんはM気質があるように見えるがどうだろうか。
capture-20161102-191053

二人の友情を疑う篠塚。そこで水を取り出す真奈菜。もちろん、汗を流す親友の目の前で飲む為だ
capture-20161102-191113

残りは草花に撒く。いい心がけじゃないか。
capture-20161102-191135

当然のように醜い取っ組み合いを始める二人。我慢が限界に達した篠塚は二人の前に進み出て、友達付き合いをやめなさいと非情に言い放つ。

植物でシバき合う、崖を登るのを止めない、水を巡って争う、友人とはそんなものじゃないでしょう。
熱くなる先輩に対して、真奈菜は能力を発動した。
capture-20161102-191318

私たちは小学校からこんな感じなんです。それにこの高校に入ったのだって、ちおちゃんが受けると聞いたからです。これは信じたい。ここから落すのはあまりに残酷だから。
capture-20161102-191341

友人がいない篠塚は、風紀委員で問題にされたくなければここで友情を示せと脅しをかけた。

そう言われちゃあ仕方ねえ。小学校の体育で作った創作ダンスを見せてやろうじゃねえか。その名も「まななっちお

猫を憑依させ
capture-20161102-191413

膝で一撃食らわせ
capture-20161102-191433

じゃーん
capture-20161102-191450

痛みに堪えてよく頑張った!感動した
capture-20161102-191503

時に後輩よ、大事な人と仲良くなるにはどうすればいいのだ?全校生徒が知っていてもおかしくないレベルでバレバレの恋心。いつも後藤先生の隣で嬉々とした表情をしているのだから、隠せるわけがない。
真奈菜は教師の弱みに付け込んだ作戦を純粋な先輩に吹き込んだ。
capture-20161102-191532

果てさて篠塚桃の恋の行方はどうなるのだろうか。

感想

ちおちゃんの通学路3巻でした。

安藤エピやかろうじて通学路エピ、ゲスい友情エピなど、破壊力抜群なものばかりでした。

カバディとまななっちおは外す訳にはいかないんで、3巻はこの2話を紹介しました。巻末の篠塚桃ビフォーストーリーが、また趣が違っていいんです。

試し読みはこちら

スポンサーリンク