シェアよろしくにゃ

「左門くんはサモナー」ネタバレ感想60話。まさかの連続ToLOVEる!

スポンサーリンク

 

おススメ人気漫画!

左門くんはサモナー60話ネタバレ感想

トンガリとてっしーの相性は如何に!?

そして、左門くんがエロ枠にシフトチェンジしてしまったのか!?

ド根性トンガリ

荒ぶる女子高生は正義感に溢れていた。少年少女の反面教師となる左門くんに、約束まで破らせる訳にはいかない。と言うことで、全力でトンガリを狙っていた。
capture-20161205-104952

ここでカス虫のターン!オロバス召喚!
防御力を一時的に上昇!防御の姿勢を取ってターン終了!
capture-20161205-105023

関係なかった。
capture-20161205-105054

トンガリがてっしーの頭頂部に乗っけられた直後、カス虫は意識を失った。程なくして目が覚めたが、いつもと視点が違うし己の体が見えるではないか。カス虫はまさかのラッキースケベが起こりそうなToLOVEる的位置に収まっていた。
capture-20161205-105118

スポンサーリンク

そんなこんなで誰にも気付かれることなくてっしーとフュージョンしたカス虫。そのまま野外活動に乗っかっていく間、ToLOVEるのことが思い出されて仕方なかった。
capture-20161205-105219

そして野生動物に執拗に襲われる。卑猥な心を見透かされたのだろうか・・・
capture-20161205-105301

そんなこんなでカス虫を乗っけたまま帰宅したてっしー。まだまだ成長途中の女子高生の基礎代謝は高く、汗で肌に制服が張り付いていた。伝説のアイドルだって汗くらいかくのだ。
capture-20161205-105331

リトさんの気持ちを知る。
capture-20161205-105349

天使ヶ原家をコンプリート!
capture-20161205-105417

だが、黙ってただのトンガリに甘んじてはいなかった。動けるトンガリに進化を遂げ、夜な夜な壁にSOSを刻むが、てっしーに精神疾患の恐れを抱かせただけだった。
capture-20161205-105439

日頃の行いから、ここでリトになっていると知られれば社会的にも物理的にも、とにかく命がない。リトは絶好の機会を伺うしかなかった。

そんな時に、久しぶりの悪魔の襲撃。か弱い天使でしかないてっしーは、かろうじて一撃目を避けられたものの、気を失ってしまう。追い詰められたリトは、これでもかと先っちょをビンビンに延ばして魔法陣を描いた。
capture-20161205-105524

消えろー!グオオオオー!
capture-20161205-105602

てっしーが目を覚ました時、おっさんが駆けつけてきた。ネビロスの要請らしいが、その時にはもう魔法陣が残されていただけで、悪魔は跡形もなく消え去っていた。

そして全てを察したおっさん。
capture-20161205-105619

ある意味被害者のリトの命を救うため、リトになっていたことを話さずにカス虫の復活方法だけ伝えたおっさんだった。

それからというもの、カス虫はてっしーのあれやこれが頭にちらついて仕方なかった。

感想

左門くんはサモナー60話でした。

予想だにしなかったトンガリ回でした。まさかそっち方面に持っていくとは、新人作家は担当に強く言えないようですね。

スポンサーリンク