大人気連載新着

スポンサーリンク

超注目作!

「監禁嬢」無料ネタバレ感想2巻。エロくてサイコなヒロインたち

スポンサーリンク

監禁嬢2巻ネタバレ感想

気味悪い「カコ」という女に狙われ始めた岩野裕行。

監禁から解放されたものの、魔の手は一人娘の日輪子に伸びてしまう。

8話

裕行は柵を乗り越えて飛んだ。ほんの数秒あるかないかの間に、美沙子の出産シーンが思い出されていく。精一杯伸ばした手は、日輪子のおくるみに届いた
capture-20161223-180047

落ちながら街路樹の枝やフェンスを片手で掴もうとして、なんとか衝撃を和らげられた。日輪子に怪我はなく、すぐ病院に行って手を治療してもらい、美沙子にも何があったかを説明し、彼女の伯父の家にしばらく二人を匿ってもらうことにする。
capture-20161223-180341

カコは勢いのあまり赤ちゃんを投げたことを悔やんでいた。周りの人間に躊躇しないといっても、裕行に怪我をさせたのでは元も子もない。そう反省しつつ、鍵で自分の掌をぐちゃぐちゃに傷付けていた。

9話

藤森とヤッているところを美沙子が見ている。カコが自分の中から出てくる。そんな悪夢を見てしまった裕行。

美沙子と日輪子を伯父の家に預ける前に、妻の携帯からカコの情報を調べた
翌朝になっても美沙子は半信半疑だったが、とにかくカコに近づかないよう言い聞かせた。

学校で藤森にも昨夜のことと夢のことを話してみた。夢の中では自分が悪いかのように謝っていた裕行。被害者でしかないはずなのに、なぜか謝っている自分。そう聞かされた藤森は、彼自身にも分からない心理を、的確に説明してみせた。
capture-20161223-180511

10話

美沙子を装ってカコを呼び出した。可能な限りの金を渡して自分達の前から消えてもらうつもりだった。

しかし、カコの目的は金などではない。自分は誰で何が目的か?その正解を導き出して欲しいだけなのだ。厚みのある封筒を押しやり、圧倒的に有利な立場にあるのがどちらなのか、改めて突きつけてくる。
capture-20161223-180709

記憶は美化も劣化もする。1ヶ月の前に何をしていたか急に訊かれても、咄嗟に思い出せる人などそうはいない。でもカコが「餃子」と一言口にしただけで、裕行の頭の中には夕食に餃子を包んでいた光景がまざまざと蘇ってきた。

カコの目的は最初から一つだった。
capture-20161223-180749

金は受け取らないが、自分から行動したことは褒めてあげますと言い、カコは鬼ごっこを挑んできた。

11話

会計している隙に走り出したカコ。人ごみをすり抜けて全速力で駆けていく。密かに後を尾けていた藤森は、あっという間に振り切られてしまう。しかしその時、よく知った顔を見つけ、そっちについていくことにする。
capture-20161223-180819

ラブホ街に逃げ込んだところでようやく追いついて、腕を掴んだ。するといきなりキスをしてくるカコ。その背後にはいるはずのない美沙子が二人を見つめていた。
capture-20161223-180847

カコは猫を被り被害者面をし始める。裕行が美沙子を装って連絡してきたことも初めから分かっていて、先に美沙子を呼び出していたのだった。
capture-20161223-180912

妻の目には、旦那が自分の友達と浮気しているようにしか見えなかった。

12話

あの状況を切り抜ける説明ができなかったが、美沙子は日輪子を連れて帰ってきた。それからというもの、毎日のように求めてきた。

妊娠してから我慢させてばっかりで、男の性欲のことなど考えていなかった。浮気しようとしたのは最低だが、原因は自分にもあると思っていたのだ。

一回の浮気で別れるくらいなら、初めから結婚などしていない。そう言って、連夜の激しさは止まるところを知らなかった。
capture-20161223-181032

裕行が出しても美沙子は止まらない。どこからかローターを出してくると、あっという間にイってしまう。今度は挿入しながらあそこに当てると、大量のを吹いた。

毎夜の営みは裕行への懺悔と言うより、女の喜びと嫉妬心から来るものだった。
capture-20161223-181137

激しく交わりながら思い出していたのは、カコがキスしてきたときに囁いた一言。監禁された部屋に行けば、思い出すヒントがあるかも知れない。

13話

友達面して、超絶不細工の梓を見下している藤森。その梓が三十路の柴田先生に服装やらを注意されていた。自分の醜さに気付いていない彼女は、柴田に向かって嫌味を言い返した。
capture-20161223-181236

そんな一幕を裕行に笑って話すが、彼は家族が心配で気もそぞろだった。素直にカコからのアドバイスを二人で検証することにし、山奥、廃材、鏡、写真と監禁部屋の状況を挙げていく。

特に写真は裕行と関係がある人物が写っていたので、何か進展がありそうだった。
capture-20161223-181307

その時、ドアを開けようとする音が響いた。鍵をかけて二人でいる言い訳を思いつく前に、藤森は戸棚の中に裕行を押し込んだ。

14話

美術室に入って来たのは美術担当の柴田だった。黒板のキーワードを悪戯だと思い消し始めた時、藤森は裕行の股間に手を伸ばしてきた
capture-20161223-181351

柴田が洗い場で汚れ物を片付けていく横で、藤森は息を荒くし、自分の湿った穴へと彼の指を滑り込ませる。

柴田が作業を終わって出て行くと同時に、裕行も発射した。しかし、その時の反動で頭を打ち付けてしまい、鈍い音が静かな教室の中に鳴り響いた。

柴田は訝しみながらも、教室を後にした・・・フリをした。少し間をおいて出てきた同僚と女生徒を見て、微かにほくそ笑む。
capture-20161223-181519

その柴田もあの写真に写された一人だった。

15話

柴田茜。平仮名にして並べ替えると「わたしばかね」と読める。

職場の懇親会で柴田の隣に座った裕行は、ストーカー被害に遭っていると打ち明け、それとなくカコの特徴を伝えていった。そんなことを聞かされても柴田は、既婚者で女生徒と浮気してストーカーまでされてる、爛れた女関係を持つ男としか思わなかった。
capture-20161223-181542

後輩の皮谷はチャラい大学生のように酒を飲んでいた。彼も娘が生まれたばかりで待ち受けの子供の写真にキスをする、どこにでもいる親バカな一人だった。
capture-20161223-181618

汚部屋に帰ると、すぐに呼び出しがあった。一緒にいるときに言うタイミングはいくらでもあっただろうに、相変わらず自己中な男だった。

それでも会いに行ってしまう。裕行が心からストーカーを拒絶していない自分を演じて見えるように、柴田も厳しい教師を演じつつ、バカを演じるのが楽しくて仕方なかった。
capture-20161223-181731

16話

皮谷は的外れなことを言って、柴田を知った気でいる。それがウザくて仕方なかった。

汚部屋があるアパートの目の前まで行くと、雨が降っていて傘も持っているのに、ずぶ濡れで佇んでいる女がいた。気味悪く思いながらも部屋のドアを開けたとき、その女が全速力で走ってきて傘をドアと壁の間に差し込んできた
capture-20161223-181902

口を塞ぎ、喉に鍵を突きつけてくる。その特徴は裕行から聞いたストーカーと完全に一致していることに気が付いた。
capture-20161223-181948

スタンガンで気絶させられた柴田。裕行に思い出してもらうため、今度は何をしようと言うのか・・・

感想

監禁嬢2巻でした。

エロは割りと控えめかなと思いましたが、妻とガンガンヤッてるとこを出してきました。性犯罪は圧倒的に女が有利だとは思いますが、警察に行かない選択肢は逆に浅はかな気もします。まあ被害者認定されても、いろいろ失うのは確実でしょうが、娘の命とは比べるまでもないはずです。

監禁嬢を無料でお得に読む方法はこちら


試し読みはこちら