(黒猫ブログは広告掲載中)
最新おすすめコミック

小悪魔JKサイコ
ネタバレ感想

小悪魔JKサイコのネタバレ最新エロ画像、感想、無料で読む方法を紹介。

 

極悪な生徒には極悪な方法でお仕置きを食らわすサイコパス教師、葛西小春。

幼い頃には既にサイコパスの一面を発揮していた彼女のJK時代は、一体どのようなものだったのか…

 

 

紹介作品の目次

小悪魔JKサイコ

メガネで地味な丸井凍子は、ケバイヤンキーギャル同級生小嶋早織と川本美紀にしこたまイジメられていた。

 

日々泣かされていたが、やり返す勇気も出ずに自分の弱さにも苦しくて仕方なかったその日、転校生がやって来た。

 

それは同じ女子でも見惚れるような美少女、長い黒髪と目元のほくろが艶めかしい葛西小春

 

 

 

男子たちは一目見て色めき立って、ゲスい質問を繰り出して下半身に脳が支配されている証明をするが、小春は全く臆さずに男性器だ女性器だと、処女かという質問を細かく訊き返すと、堂々と処女ではないと応えた。

 

初っ端でクラスの空気を支配した小春は言われる前に、空いている凍子の隣に座り、二人は図らずも最初に距離を詰める関係に。

 

凍子にどこか見覚えのある小春はちょっと気になりつつ、凍子は危険人物の存在を伝えただけで優しいと真っすぐ褒められ、嬉しいやら申し訳ないやら。

 

 

ともあれケバギャル二人は、清楚美人も大嫌いなので一発かましてやることにした。

 

 

その実行犯を押し付けられたのがもちろん凍子だが、イジメから解放されるかも知れないとしても、優しいと言ってくれた転校生に害をなすほど腐っていない。

 

しかし凍子がやらなくてもケバギャルとキモメングループは自分たちでヤリ、さっそくサイコパスに喧嘩を売ってしまうのだった…

 

2話

水をぶっかけられても笑顔を絶やさず、生徒会長になってみんなを幸せにするんだと宣言した小春。

 

ぶちキレるケバギャル達に対しても、上手い煽りを返して更に怒らせ、飄々と躱す生粋のサイコパス。

 

ただただいい様にやられるだけだった丸井から見れば、奴らにたてつくのは恐ろしくも見えるが、自分を高評価して正論で励ましてくれる小春はまさに救世主のよう。

 

 

すると悪人たちは身勝手に怒りを募らせるばかりで、いよいよ殺しかねない暴力行為にも及び…

 

3話

小春は階段から突き落とされてしまったが、運良く主犯ギャルも惚の字な不良風味なイケメンがクッションになって代わりに怪我をしたことで無事だった。

 

そして爽やかな笑顔を見せられれば普通なら恋に落ちてもおかしくないが、小春はただ丁寧に淡々と感謝するのみ。

 

こうして逮捕されないだけマシなクズギャルはまた怒り、まず小春ではなく丸井を徹底的に追い込むため、拉致からの〇姦幇助に手を出した…

 

4話

あまりにキモすぎる、ハゲ散らかして太った買春おっさん。

 

クズ共にしこたまいじめられるわ、おっさんにファーストキスを奪われるわ、早くも人生どん底に落とされた丸井の不憫さはエグイ。

 

ただ、正義のために悪にもなれる小春が駆けつけてくれたおかげで、処女は奪われずに済んだ。

 

5話

クズ共だけじゃなく、他の同級生からも雑に扱われるばかりで自己肯定感が下がるしかない丸井。

 

そんな丸井が不運な目に遭っている中、小春はクズ共に体育倉庫に閉じ込められるという、お約束な目に遭わされていた。

 

しかしその程度なら、逆に返り討ちにする作戦を淡々と準備する小春により、クズ一行は順調に後悔していく…

 

 

感想

小悪魔JKサイコでした。

本家は作画変更のトラブルでモヤモヤする作品になってしまいましたが、スピンオフ的JK時代はあの復讐漫画の古場みすみさんなので、十分にしっくりきてイイ感じです。

小悪魔JKサイコを読むならこちら