ドメスティックな彼女8巻ネタバレ感想70話~74話

ショックから立ち直り、小説の執筆を再会した夏生。

長編を書き上げ桐谷に渡してから幾日。彼の家である人物と引き会わされる。

 

 

 

第70話

いきなり紹介された髭の見知らぬ男。ふざけた挨拶をされて華麗にスルーすると、有無を言わさず拉致される。

 

目隠しされたまま車に乗せられた。車中で以前出した短編は何の賞も取れなかったと言われ、正直に落ち込んでしまう。

 

やがてどこかで下ろされて目隠しを外される。
そこは文藝大賞の授賞式会場で、夏生の書いた長編小説がアマチュア部門の大賞を取っていて、彼は受賞者として招待されていたのだ。

そして髭の男は、これから夏生の担当になる編集者だった。

22

著者名:流石景 引用元:ドメスティックな彼女8巻

 

 

 

苦しみが報われた。この喜びを陽菜に一番に伝えたいと思いながら家に着きリビングに入ると、陽菜がいた。

 

すぐさま抱きしめ、会いたかった気持ちが言葉になって溢れてくる。なのに何の反応も示さない陽菜の顔を見てみると、ウィッグをつけた瑠衣だった。

24

著者名:流石景 引用元:ドメスティックな彼女8巻

 

 

第71話

間違えられた瑠衣は、部屋に逃げるように駆け出した。追いかけて髪のことを訊いてみるとウィッグはモモに勧められて買ったらしかった。

特に怒っているわけでもなさそうだったので、大賞をとったこと。

その賞金をもらったのを話し、励ましてくれたお礼をしたいと言うと、一日デートに誘われた。

 

スケートに来たものの、やったことがない夏生はへっぴり腰。瑠衣の手を取って進もうとするが、見事にすってんころりんで盛大にパンチラさせてしまう。

26

著者名:流石景 引用元:ドメスティックな彼女8巻

 

 

立とうとしてまた滑って、今度は胸に顔面ダイブをきめた。

 

その後は洒落たカフェで休憩。何の変哲もないデートに拍子抜けしたが、瑠衣はこういう普通のことがしたかった。

 

 

家に帰れば、両親がごちそうを用意して盛大に祝ってくれた。

満腹で満足して部屋にいたところ、瑠衣が静かに入ってきて目隠しをして言った。

28

著者名:流石景 引用元:ドメスティックな彼女8巻

 

 

第72話

約束の一日はまだ終わっていなかった。手を引かれてベッドに押し倒され、一緒に布団に潜り込んだ。

夏生は目を閉じるよう言われ、素直に閉じていく。何をするでもなく話すだけ。すると瑠衣は陽菜とはしたのかと、デリケートな話題をぶち込んできた。

 

正直に数え切れないくらいしたよと、自棄になっていう夏生。それを聞いた瑠衣は布団を少しの間抜け出して、絶対目を開けたらダメだといいながらまた潜りこんで来た。

一人服を脱いで、ドキドキを感じていた

31-horz

著者名:流石景 引用元:ドメスティックな彼女8巻

 

 

夏生の手を握り、初体験を思い出すと、今の方が鼓動が高鳴る。そして姉と夏生に宣戦布告するのだった。

32

著者名:流石景 引用元:ドメスティックな彼女8巻