無邪気の楽園70話ネタバレ感想70話

またしてもタイムスリップして、中学生になった省太。

しかもリオと付き合っていて、そろそろ1周年。

その記念すべき日に、このみのライブへと。

 

 

思春期の楽園②

華々しい芸能界の道を歩き出していたこのみ。

満員御礼の会場の中、省太とリオは控えめな位置で無邪気な時を共に過ごした女の子を、温かい目で見守っていた。

 

声援に応えるようにデビュー曲が始まった。ステージを歩いてくるこのみは、ファンに手を伸ばしていく。
もう少しで省太の手にも触れそうだったのに、ギリギリのところで届かなかったし気付いてもくれなかった。

 

 

残念がっている横で、リオが観客に押されて柵にガシガシぶつかっていた。まだ彼氏としての自覚がないものの、身を挺して庇う。

 

[ad#co-2]

 

観客のボルテージは上がり続け、二人は柵に押し付けられ顔が急接近

 

いい雰囲気とは裏腹に腕の限界を越えた省太。顔面が衝突してしまい、省太のズボンと一緒にリオはダウン。

 

まだまだ押され続ける省太。股間がリオの顔で擦れまくり、性欲急上昇中の中学生男子は止まらない。

 

 

このみたちにレスポンスする会場。どんどん煽るこのみ。空間が一体となった時、省太は絶頂に達した。

 

 

なんだかんだで楽しんだ二人。遠い存在になったこのみに目を細める省太と、1周年記念のサプライズを楽しみにしているリオ。

 

焦らされた挙句、覚えられていなくてショック。このままずっと尻に敷かれそうだ。

 

 

感想

無邪気の楽園70話でした。

このまま中学生時代を続けるんでしょうか。もちろん次は次は校内でなにかするんでしょう。

 

[ad#co-3]