エロ 性食鬼

「性食鬼」ネタバレ感想無料9巻。視姦マッサージでエロい正体が暴かれる!

更新日:

性食鬼9巻ネタバレ感想

烏山に上手く乗せられ、マッサージ台に乗ったいずみ。

何人もの男子に視姦されながら、すぐにも吹き出しそうな予感がしていた。

 

 

露出狂の治療

集められた男子達は、烏山に手コキされ童貞を捧げて虜になった男たちだった。

ある女生徒の露出癖の治療のためと言われ、見せられた映像は優等生で名が知られているいずみの、あられもない盗撮映像だった。

著者名:稲光伸二 引用元:性食鬼9巻

 

 

柔らかそうな胸。黒ずみや恥毛が一切ない股間。眼鏡を外した時の整った顔立ちに、股間は爆発寸前だった。

その映像で見ていた女子が目の前で、小さな水着だけで寝ている

 

 

いずみは予防策を思いつき、女王フェロモン抑制薬を飲む時に、膣内に強化服起動スイッチを入れたと嘘をついた。これで危なくなれば牽制できると考えた。

 

その代わりに手錠をつけることを交換条件にされ、仕方なく受け入れた。マッサージが始まると、男子たちはさっそく性器を剥き出しにしていく

着ぐるみの体液が混ざったオイルで体中を揉みしだかれ、徐々に疼きが高まっていく。

 

 

次第に、小さな水着から乳首がはみ出し始めた。

 

それを見て色めき立つ男子達は、鼻息荒く擦り出す。いずみは何とか乳首を隠そうとするが薄く小さい布は、逆に乳首に邪魔をされ、完全に丸出しになってしまう。

著者名:稲光伸二 引用元:性食鬼9巻

 

 

 

自分の身体を見てオナニーする男子を見て、いずみもどんどん欲情していく。

少しずつ性欲で頭がいっぱいになり、マッサージにじれったさを感じる。閉じていた足を自ら広げると、待ってましたとばかりに、烏山はグイっと食い込ませた。

固くなったあそこを触りたくなるし、男子には視姦されるしで、一筋の蜜が流れていく。

 

そこを見逃さず、攻め立てる烏山。つまみ上げ、撫で回し、スルっと指が入れる。

ようやく抵抗したが、もう遅かった。膣の中に何も入ってないのがバレ、主導権を完全に握られてしまう。

だが烏山は起動装置がどんなものか見てみたくもあったのだ。彼女は元KAXAの職員で、深大寺のこともよく知っていたのだった。

だが袂を分かち、国領と一緒に研究を続けていた。

 

 

正体を明かしても、マッサージは終わらない。今度は育ちに育ったおっぱいを掴まれ、完全に性感マッサージになっていた。

著者名:稲光伸二 引用元:性食鬼9巻

 

 

更に性能の高い媚薬を乳首に塗りこまれた。その瞬間、水着を突き抜けて潮を吹いた

 

 

女王化してしまうと案じるいずみ。逆に女王が本体を取り戻したので、いずみがどれだけ興奮しようと女王化することはないと確信した烏山。

いずみを弄ぶように、男子に舐め取ってもらいなさいと提案し、背に腹は代えられないと思ったいずみは受け入れた。

我先にと、男子は乳首に群がり出した

著者名:稲光伸二 引用元:性食鬼9巻

 

 

順番待ちに耐えられなくなった男子が、平身低頭手コキをお願いしてくる。このままだと本番を自分からお願いしてしまいそうなので、初めて男根を握るいずみ。

著者名:稲光伸二 引用元:性食鬼9巻

 

 

それは熱く固く、あっという間に射精できたが、顔射されてしまった。

 

 

調子に乗った男子達は、フェラだパイズリだと騒ぎ出す。烏山の静止も聞かず、勝手にパンツをズリ下ろし、ヌラヌラ光る股間を凝視する。

 

いよいよ我慢できなくなった一人が、跨り挿入しようとした。その時、男子は醜い着ぐるみに変貌した。

 

混乱に乗じていずみを連れ出す眼鏡男子。二人きりになったすきに、いずみにキスをしてチンポを押し付けながら告白。挿入しようとすると、その男子も着ぐるみに変化した。

 

自分が奇怪な着ぐるみになったことに気付かずに、いずみを襲い一つになろうとする。

著者名:稲光伸二 引用元:性食鬼9巻

 

 

それを見ていた烏山が入れ知恵し、本来の性器をぶち込んでこようとした時、深大寺たちが現れ、着ぐるみを専用銃で吹き飛ばした。

久しぶりに再会した元同僚。不穏な挨拶を交わし、視姦マッサージは終わりを告げた。

 

 

その頃、金髪ツインテ聖ヶ蹟は、今にも生まれそうで悶えていた。草木も眠る丑三つ時になって、急にお腹が痛み出す。

著者名:稲光伸二 引用元:性食鬼9巻

 

 

電気を点け、大股を開き、叫び声をあげると、股から何かが飛び出した。それはスカンクのような、意外と可愛い生き物だった。

 

 

視姦マッサージ騒動の翌日。
またしても、学校内に波乱を巻き起こしそうな奴が介入してきた。初心で超強い黒ギャル星人が転校生としてやって来たのだった。

 

[ad#co-2]

性食鬼外伝 バニー星人とうさぎちゃん

バニー星人のうさ山と博士が地球にやって来た頃、アニメヒロインに憧れて警察官になった月野うさぎは、地域の治安を守るため、フラフラ街をうろつく高校生を注意して回っていた。

だが、いつもいつもおちょくられていた

著者名:稲光伸二 引用元:性食鬼9巻

 

 

 

そんな時、不良グループの女子から相談を持ちかけられ、使命感に駆られてのこのこついて行くと、もちろんだった。

処女が抱きたいという男の生贄にされたうさぎ。

初体験がレイプになりそうになった時、男がいきなり着ぐるみに変化した。

著者名:稲光伸二 引用元:性食鬼9巻

 

 

訳が分からないし、身動きもできず、ただ流れに身を任せていると、うさ耳をつけた痴女まがいの女が乱入して、男たちを消し飛ばしてうさぎを気絶させた。

 

どれだけ時間が経ったのか目を覚ますと、今度はまともな格好をした男女二人が姿を見せた。事情を話して警察を呼んでもらおうとするが、また訳の分からないことを言い残し、気絶させられた。

 

 

再び目を覚ますと、病院のベッドの上だった。

おまけにKAXAとかいう聞いたこともない部署に異動の辞令を出されてしまう。これで夢見た警察官の仕事ともオサラバかと意気消沈しながら、新しい職場に行くと、そこにいたのはあの時の男女二人だった。

 

異星人やら着ぐるみやら政府直属機関やら危ないことを言い出すのみならず、うさぎの力が是非必要だと言う。着ぐるみに対抗するには、うさぎの人並みはずれた性欲が必要だと言うのだ。

 

 

失礼なうえに盗撮までされ、スタコラ帰るうさぎ。その帰り道でさっそく着ぐるみに襲われるが、あの時のバニー女が助けてくれた。

しかし、バニーはただ復讐の為にしている着ぐるみをぶっ殺しているだけだった。

 

 

そこに深大寺と烏山も合流。うさぎにGPSを付けていたらしい。協力体制を取ろうと深大寺が話しているうちに、何体もの着ぐるみに囲まれていた。

 

博士ロボは強力な攻撃を繰り出すが、一発で壊れた。中から出て来たのはどう見ても普通の兎で、着ぐるみに取り囲まれてしまう。

着ぐるみの体液が弱点だと聞いていたうさぎは、咄嗟に博士を庇った

著者名:稲光伸二 引用元:性食鬼9巻

 

 

 

残りの着ぐるみはうさ山が撃退してくれ、バニー星人は夜の闇の中に消えていった。

自分の身を守るため、そして弱者を守るため、うさぎはKAXAに協力することを決めた。

著者名:稲光伸二 引用元:性食鬼9巻

 

 

感想

性食鬼9巻でした。

ずっと見られ、触られ、いじくられ続けたいずみでした。今時の男子高校生は、人前でもオナニーできるんですね。

外伝のヒロインうさぎの露出が少ないのは明らかですが、おまけ漫画では身体を張ってます。どうぞ確認してみて下さい。

性食鬼を無料でお得に読む方法はこちら

試し読みはこちら

 

[ad#co-3]

-エロ, 性食鬼
-, , ,

Copyright© 黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想 , 2017 AllRights Reserved.