最新おすすめセレクション

パラフィリア人間椅子奇譚11話ネタバレ感想

会長は変態仮面男・栗田を屠るつもりだった。

彼女はこのまま、正真正銘の殺人者になってしまうのか。

 

 

屋根裏の散歩者5

エロ雑誌を大量に手に入れた瞳子。通行人の男が戸惑いなど知る由もなく、印刷された文字を切り取り始め、栗田を装った脅迫文を作成した。

 

それもこれも、会長を殺人犯にしてしまわないためだった。一度過ちを犯した会長は、もう犯罪へのハードルが限りなく低くなっていた。
栗田を殺し、先生と同じように隠蔽するつもりだった。それは余りにも無謀な道筋にしか見えない。

 

 

やがて夏休みに入り、学校は静けさに包まれていった。会長は指示通りに、学校に戻って来た。

 

用務員室に住み込んでいる栗田は、自分が指示した時間より早く保健室に行き、息を殺して潜んでいた。
会長は瞳子の脅迫文を信じ、保健室から遠く離れた図書室で待っていた。

 

その隙に、瞳子は栗田が持っている現場を写した写真のデータを彼の手から消すべく、PCの内臓HDDを取り出し、証拠を手に入れることに成功していた。

後は大元の携帯を手に入れれば成功だが、部屋の中のどこを探しても見つからなかった。

 

[ad#co-2]

 

同じ頃、会長は迎え撃つ準備を整えていた。予定通り服を脱ぎ、全裸になって意表をつくつもりだった。その準備の間、亡き先生に語りかけていた。

実は妊娠は嘘だった。ほんの冗談のつもりだったのに、先生を死なせてしまい、それをネタに脅されている。

でも、二人の思い出を汚されるのは我慢できない。だから護って欲しいと。

 

 

盗撮するために携帯は栗田が持ち出していた。謝罪文では自殺をほのめかしていたのに、今更そんなことをするのは腑に落ちない。
しかし、今はとにかく携帯のデータを消去するのが先決だ。

 

天井裏に繋がる入り口から音も無く降り、手を伸ばせば携帯が届く位置にまで近づいた。その時、気が緩んだのか、パーティションに足を引っ掛けてしまった。

一瞬だけ静寂が壊れた直後、変態同士の目が合った

 

 

感想

パラフィリア人間椅子奇譚11話でした。

一対一の攻防かと思いきや、まさかの二対一。変態男は突然の変態女出現にどんな行動をするのでしょうか。

それにしても瞳子は裸になる必要があるのか・・・

 

[ad#co-3]