ハレ婚3巻ネタバレ感想

まだ身体を許せるほど、龍に心を開けない小春。

そんなことはお構い無しに、一つ屋根の下、激しい喘ぎ声が響き始める。

 

 

痴女

ヤル気も楽しむ気もない小春にわざと聞かせるように、ノリノリなゆず。家が軋む音と共に、いやらしい衝突音と喘ぎ声がこだましていく。

 

聞いてられず外に飛び出した小春。辺りは真っ暗で行く当てもなく、離れの小屋を何気なく覗いてみると、スマホの頼りない明かりに照らされて、まどかが涙を流しながらピアノを弾いているのを見てしまった。

 

やっぱりゆずにも嫉妬しているのかと思ったとき、あっけなく見つけ返される。強気な態度で壁ドンからの誰にも言わないと約束してと居丈高に言われ、普通にイラッとした小春は、ソフトボールで鍛えた腕力で、可憐な女にやり返した。

 

 

龍之介のやること、言うことには全て覚悟して受け入れる。彼は私の全てだから。そう言うまどかの気持ちが分からなくてやるせない小春。

でもまどかが一番許せないのは小春だった。自己中で努力もせず口だけで、人に迷惑をかけて無知で向こうみず。流れるように言われ、普通に泣く

 

 

女同士の恐ろしい争いが繰り広げられる中、一戦終えた龍が全裸で出てきた。股間に視線をやりつつ騒ぐ二人。罵詈雑言を浴びせた流れで、小春はまどかがピアノを一人寂しく弾いていたことを言ってしまう。

それを聞いた龍は、一気に険しい顔つきになり、まどかに問い質して、そっけなく家の中へ戻っていった。

 

 

おしおきプレイ

次の日、さっそくまどかはおしおきをされていた。

ピアノの上に括り付けられ、浴衣をはだけられ、火照った肌に氷の雫を落とされていた。

 

 

ゆずから聞いた話だと、ピアノに触ると龍之介が怒り、しかし棄てようとするとまどかが怒る呪いのピアノらしい。
訳が分からないが何かある。仕事中にそう結論を出した時、友達二人がスマホ片手に飛び込んできた。画面にはピアノを弾いている龍之介の動画が流れていた。

彼は作曲家だったのだ。

 

 

 

 

どうしても小春に嫉妬して許せない。ピアノに触っていると落ち着く。ピアノを弾いていた龍が好きだから。でも、彼はもう弾きたくないと駄々をこねる。

 

もう一つ言いたいことがある。あなたの子供が欲しい。全てをさらけ出したまどかは拘束を解かれ、自由の身になった。

子作りはやぶさかではない龍。でも、そのためには働いて収入を得ないといけない。できればピアノで稼いでほしいというまどかの狙いも、そこにはあった。

 

[ad#co-2]

勤労とご褒美

有名作曲家という経歴を知れたものの、なぜ今は弾かなくなったのかは教えてもらえなかった小春。

 

それはそうと、台風直撃で新居は雨漏りの嵐だった。屋根を直すためにも働かなくてはならないのに、龍はニートまっしぐら。

働く代わりに旦那として認めて欲しいと交換条件を出した彼に、仕方なくOKした小春。あれもいやこれもダメと、やっと決まった一社目の面接にスーツをビシッと着て、自転車で向かった龍だったが、それが人生初の自転車だったらしく、途中で田んぼに突っ込んであえなくおじゃんになってしまった。

 

 

今度はゆずのパパ繋がりで、市役所のゆるキャラ着ぐるみに入るバイトを紹介された。しかし、ゆるくはないハレ婚PR用のゴリラだった。
ゴリラは一夫多妻制なので採用されたのだった。

圧倒的にイメージの悪いハレ婚。現代日本の常識に逆行した政策に市民は悪感情さえ抱いている。
婚姻届を出しに来たカップルに絡むゴリラ。妙な威圧感に男の本性が暴き出されたりしながら、何とか一日限りの仕事を全うした。

 

一日だけとは言え、働いたことには変わらない。ご褒美をねだる龍だが、小春はもっとソフトなやつじゃないと嫌だと拒否の連続。
そのやり取りを聞いてられずまどかは怒って自室に引っ込んだ。

まどかと同じように誰か一人だけを愛せないから、こんなことになったんだと言い放つ小春。しかし、バカにしたように「こうしたら愛ですよって決まってんの?学校で教えてくれるの?」と言い返す龍。

そんな反論に、自分の中の常識に疑問を感じながらも沸々と怒りが湧いていく。

 

ムカついてムキになった小春は、嫁らしいこともできるのだと証明したくて、龍が入っているお風呂に乗り込んだ。でも、裸を見られるのは恥ずかしい。電気を消して手で隠しながら狭い湯船に身を滑り込ませる。

 

だが龍も男だ。好きな女が目の前に全裸でいたら興奮を抑え切れない。しかし、好きだからこそ嫌がることはしないはずだと機先を制する小春。

 

そして始まる駆け引き。龍は栓を抜き、みるみる水位が下がっていき裸体が露になっていく。取り返そうと手を伸ばす小春。
またもみ合った挙句、茶臼がらみが完成した。

 

 

感想

ハレ婚3巻でした。

根が深そうなのはまどかですね。元教え子か憧れの人か初恋からここまで来たのかピアノで何かから救ってもらったのか。

氷の微笑なまどかは、かなりそそりました。

試し読みはこちら

 

[ad#co-3]