ハレ婚5巻ネタバレ感想

連れ戻しに来たはずなのに、目の前で女子高生を連れて行く龍。

置き去りを食らった小春。

戻りたくないはずなのに、ムカついてしょうがない乙女心。

 

 

人妻

この3人+小春がハレ婚家族だと教えられ、驚愕するうらら。

小春はきっと何だかんだ言って龍が好きで独占したいしされたいから、耐え切れなくて出て行ったんだと思ううらら。

もう遅いし泊まっていきなと言われ、さらに龍を一晩貸すと妻二人からの許しも出されて、うぶなうららは満面に赤くなる

 

もちろん冗談だった。

 

 

その頃小春は、憂さ晴らしにバッティングセンターで汗を流していた。そこで偶然、高校時代の同級生と出会った。その男・武田は小春が当時告白した相手だった。

 

懐かしさで話が弾んでいくが、武田の狙いは可愛くなった小春の身体だった。小春はその下心に気付きかけつつ、ただ話すだけなら浮気じゃないと言い聞かせて、助手席に乗り込んだ。

 

武田はワンチャンを妄想しながらハンドルを握っていた。ソフト部時代の名残が全くない、綺麗な生足と可愛い見た目に生唾ごくり。

 

妙な雰囲気に思わず、ハレ婚のことを話してしまう小春。人妻のホットパンツ姿に見惚れるものの、普通の感性を持つ武田は共感してくれる。

少し救われた小春はテンションが上がり、少し距離が近づいたような気が。風邪引くぜと言って上着を渡すお決まりのシーンから、帰るでもなくまた車内へ。

 

何とかかんとか今晩ヤろうと武田は押してみるが、そもそも気がない小春は、そっちの方向に考えないようにしていた。

その夜は、久しぶりに会った友人として別れた二人だった。

 

 

次の日、さっそくうららは小春に、龍のことが好きだから家出したんですねと屈託ないピュアな笑顔を見せてきた。
その可能性を考えていなかった小春は、単純に混乱する。

 

さらに昨日の今日で武田が茶をしばきにきて、遊びにも誘ってくる。口説かれてる雰囲気を出すまいと皆で行こうを協調しつつ、掃き掃除だと言って同じ空間から逃げ出した。

 

ホットパンツの尻を武田が眺めていると、龍がヌッと現れ、武田に絡み付いてきた。同じ女を狙う者同士だと気付いた武田は、過去の栄光を自慢げに話すが、龍は一しきり聞き終わった後、自分が夫だと打ち明けた。

 

 

戻ってきた小春は龍を外に連れ出した。
小春が話し出す前に、龍が先に言葉を紡いでいく。家出しても男と会っても、現状から逃げられないし楽にならないのは、僕と向き合っていないからだと言った。

 

聞き終わってすぐに、小春は言い返した。あんたのことは嫌いなのに、自分だけを見てくれないのが辛い。好きになったみたいだと。

 

 

12年の片思いが実って、龍は涙を流して静かに幸せを噛み締めた。感動的なハグ等はなかったものの、小春の言葉だけで胸がいっぱいになっていた。

小春の手加減なしのツッコミにも、が感じられるようだった。

 

 

その夜、母がなぜ女好きの父を選んだのか訊いてみた。コーヒーを淹れる姿をずっと見ていられるなら、多少のことは目を瞑る覚悟を持ってるらしい。

一番身近な女好きな男と一緒にいる人の言葉を噛み締めて、小春は短い家出からハレ婚家族の元に戻った。

 

[ad#co-1]

嫁3号

心を入れ替えた小春は、積極的に家事をこなそうと頑張り始めた。しかし、やれることと言えば体力に物を言わせた単純な作業ばかり。

 

料理をすれば、ダークマターを生み出すだけだった。

 

 

家事はうまくいかないが、欲望は垂れ流す。ハネムーンのCMを見て、行きたい行きたいと騒ぎ出すが、全面的に小春一家の借金のおかげで金がない。

 

なのに、龍はハワイに行こうと言い出した。パスポートもいらないし、明日すぐ行けるからと笑顔で言われて信じたが、連れて行かれた先はスパリゾートだった。

 

おまけに、ゆずのでかさは言わずもがなだったが、まどかまで意外と大きくてきれいな形なのに、女としての自信を消失する小春だった。

 

 

感想

ハレ婚5巻でした。

女らしさのなかった同級生が、久しぶりに会うとあら不思議。その逆も然り。再会あるあるですね。男はハゲたり腹出てたりですかね。

しかし、まどかがそそる。

試し読みはこちら

 

[ad#co-4]