最新おすすめセレクション

パラフィリア人間椅子奇譚12話ネタバレ感想

変態と変態が出会った。

迂闊なミスを犯した瞳子を視認した栗田。

全裸の男と女の行く末は・・・

 

 

屋根裏の散歩者6

スマホを奪い取った瞳子は、全力で逃げた。突き出た腹がだらしのなさを象徴している変態男は、醜い体を揺らしながら追いかけていく。

 

 

息を潜めて物陰に隠れたが、刈り込み鋏を手に取った栗田は、躊躇無く首を狙ってきた

 

命を懸けた鬼ごっこが、夜の学校で繰り広げられる。その様子を、会長は目撃した。

なぜか分からないが、仮面男がグラウンドを駆けていく。もしかして殺されそうになっているのを察知されたのかと思い、会長はハンマーを手に後を追い始める。

 

 

走る。逃げる。息が上がっていく。どこの教室も鍵がかかっていて入れない。特異な体質から逃げられない悪夢と同じような感覚に陥っていく。

 

[ad#co-2]

 

先に追いついたのは会長だった。対峙する人殺しの女と、それをネタに脅して手に入れようとする男。

 

男の慌てた声は一切耳に入らなかった。ただ平穏な生活を脅かす者は排除する。その思いだけに支配された彼女は、ハンマーを振りかぶり

 

振り抜いた

 

 

鋏諸共腕を叩き折った。反動と飛んできた鋏によろめき頭を打った会長。

 

 

気を失った会長。様子を窺いにきた瞳子は、彼女を引き摺って何とか空き教室に身を潜めた。出会ってから初めて触れる生身の体。確かに聞こえる鼓動に勇気をもらい、後を引き継ぐ。

 

痛みによろめく変態男。今度は自ら姿を見せる変態女。全面対決が始まろうとしていた。

 

 

感想

パラフィリア人間椅子奇譚12話でした。

さすがに石膏と同じようにはいきませんでしたが、躊躇の無さはさすがですね。眠ってたらクソ可愛いのに、もったいない。

さて、次回決着か。

 

[ad#co-3]