ToLOVEるダークネス39話ネタバレ感想

心境の変化が起き始めていたヤミ。

その頃リトは、モモにしゃぶられながら朝を迎えていた。

 

 

69

ヤミが街の上空で朝シャワーを浴びていた時、リトはモモの敏感なところを無意識に舐めていた。モモはお返しにリトの敏感なところを舐めていた。

 

顔にかかった粘り気のある液体で目が覚めたリト。

 

 

ティッシュで顔を拭き、しっかりパンツを履いたリト。リトをハーレム王にすべく、眠っている時から内なる野生を引き出そうとしていたのだった。

 

[ad#co-2]

 

刺激的な朝で始まった平日。モモはヤミもハーレムに組み込めるといった矢先、正面からぶつかったリトは、能力を発動して股間に潜り込んだ

 

春菜がヤミを宥めてくれて事なきを得たリト。いつものトラブルを起こしつつ、モモのクラスはプールの授業へ。

ティアーユは、教師とは思えぬ水着で登場した。

 

格差社会にキレるナナを尻目に、姉妹の契りを交わしたばかりのヤミとメアは、シンプルなスク水姿で距離を縮めていた。

 

その時、急にヤミのトランス能力が暴走し、ヤミ自身を縛り上げた

 

メアはヤミが露出プレイをし始めたと勘違いしたが、様子を窺っていたネメシスに間違いを指摘された。

 

 

ヤミは真の姿、ダークネスへと変化していた。ネメシスは生物兵器の3人にしか姿が見えず、メアの体を乗っ取った。

ダークネスへの変身条件を研究していたネメシスは、二人の心の変化が必要条件だと導き出したのだった。

 

 

感想

ToLOVEるダークネス39話でした。

まさかシックスナインから始まるとは予想だにしませんでした。パンツを履き直してたから、完全に含んでたんでしょうね。

ToLOVEるダークネスを無料でお得に読む方法はこちら

[ad#co-3]