最新おすすめコミック

パラフィリア人間椅子奇譚13話ネタバレ感想

ひとまず会長を隠し、栗田を煽るように姿を見せた瞳子。

変態同士の追いかけっこが再開されようとしていた。

 

 

屋根裏の暗闇

栗田の経歴を子と細かく暴き出す瞳子。やがて彼が好きな女の子をモデルにした漫画が賞を獲ったものの、本人に泣いて気持ち悪がられたことを思い出し、ついにキレてしまう。

 

刈り込み鋏を振りかざし追ってくる栗田。瞳子は、会長を隠した部屋を通り過ぎたのを確認して、足を速めた。

 

 

息も絶え絶えに、秘密の屋根裏部屋に身を潜ませたが、息が整う前に栗田が上って来た

 

[ad#co-2]

 

咄嗟に逃げようとしたが、足を掴まれ大きなトランクの中に押し倒されてしまう。計画を潰された恨み言をいいながら、圧し掛かる変態男。
仮面の隙間から覗く目と視線が合う

 

 

直後、特異体質が発動して涙が溢れ出てくる瞳子。

 

意表を突かれたが、目の前に裸を汗と涙で濡らしている女がいることに、欲望が抑えきれなくなった。

 

殺すのは止め、楽しむことにした栗田。

 

 

恐怖と気持ち悪さに震えながらも、会長を第一に考えた瞳子は、携帯が入ったリュックに手を伸ばし、挟んであるシーツを引っぱった。
反動で外に放り出され、上に乗っていた荷物が雪崩を起こした

 

蓋の上に積み重なり、栗田は中に閉じ込められた。錠もがっちり嵌まり、期せずして決着が付くのだった。

 

 

感想

パラフィリア人間椅子奇譚13話でした。

煽ったにしては体力がありませんでしたが、ヌッと上がってくるところは気持ち悪さ倍増でした。
男の子ですから、結局ヤリたいだけなのは否めませんでしたね。

 

[ad#co-3]