ハンツートラッシュ3巻ネタバレ感想

美好の言う通りに、萩原とのデートを取り付けた浜路。

それと同時に、エロエロ教育実習生のトレーニングにも期待が高まる。

 

 

 

萩原の私服とうるつやリップに見惚れつつ、初めてのデートにドキドキしていた浜路。

 

古本屋街を探したがなかなか水球の本というマニアックなもの見つからず。しかし、彼女は疲れ知らずに率先して探し回ってくれ、それが余計に愛しさを募らせる。

 

ようやく見つかってハイタッチからの帰りの電車は、計画通りに満員状態。さすがに疲れていたようで、彼女は立ちながら夢見心地に目を瞑っている。

密着して見下ろす景色に、生唾ごくり。

 

目を覚ました萩原が距離の近さにびっくりした直後、電車が揺れて唇と唇が重なった

 

期せずして初デートと初キスをゲットできたのである。

 

 

それをさっそく美好に報告すると、次の段階にレッスンは進むことになった。それは女性の裸にオロオロしないようにするための、女体慣れ指導だった。

生乳に手を伸ばすと、いきなり喘ぎ声をもらす美好先生。

 

そのままベッドに倒れこみ、艶めかしい体をさらけ出していく。ええい、ままよと服を脱がし、一糸纏わぬエロボディを堪能。

 

しかし、これ以上しようとすると萩原の顔が思い出されてきて、罪悪感が半端なく襲い掛かってくる。そんな躊躇する男子高校生を一歩踏み出させようと、美好はズボンをズリ下げて、ギンギンになったアレをパクり

だが、それさえも浜路は抗ったのだった。

 

 

結局、美好先生のエロレッスンをそれ以上受けることなく、彼女は実習期間の終わりと共に学園を去っていった。
それからは、ランニングなどの地味な練習の日々。体力が平均以下の浜路はろくについていけなかったが、同じく一年の初心者女子の篠崎も落ちこぼれ状態。

 

何とか篠崎を救い上げようと思い悩む萩原を見て、浜路は新人同士で気持ちが分かる自分が面倒を見ますと宣言。

 

その奇策を受け入れてくれたものの、篠崎は体力最底辺で我がまま放題のやんちゃガールで、浜路には反抗的。
でも、腹筋の押さえ役では思いのほかの我がままボディに、役得感を存分に味わう。

 

二人で居残り練習をしてからの着替え中。いつまで経っても出て来ない篠崎に、まさかの事態を予想した浜路は、女子更衣室に飛び込んだ。
すると、篠崎がパンツの中に指をいれ、自分の胸を揉みしだいていた

 

叫んで走り出す篠崎。まさかの部室で女子がオナニーに悶々とした一夜を過ごす浜路。翌日、屋上に呼び出され、悪戯な風がスカートをめくるのに賛辞を送りつつ打ち明けられたのは、実は百合的な意味で萩原先輩が好きだということだった。

 

 

それから練習に身が入るようになったが、なんと告白に協力してくれと言い出した。もちろん、ライバルには違いないし協力なんてできないが、家にある試合映像etcを見せることになって、あれよあれよという間に、自分の部屋に女の子が。

 

しかし、積極的な篠崎と違って悠長に考えている浜路を小バカにする彼女に、ついに怒った彼はベッドに押し倒した。
膝が股間に当たって篠崎が変な声を漏らす。それでもチキン呼ばわりするので我慢ならず、胸を鷲掴みからのカウンターパンチ。

 

またしても泣き叫ばれて走り出す篠崎だった。

 

[ad#co-2]

 

 

さすがにそのままにできず追いかけて謝る浜路。そうすると、篠崎は訥々と語り出した。中学の頃に付き合った男がいたが、他にも彼女がいるクズ野郎だったので別れ話を切り出すと、最後に一発と言って襲ってきたので、グーパンで撃退した嫌な思い出があったのだ。

それから男全般に幻滅。だから百合な性質を持っているわけではなく、萩原オンリーで好きなのである。

 

それを聞いてさらに男代表でさらに謝る浜路。篠崎も自分の言動を反省して手打ちとなった。

 

 

隙あらば告白しようとする篠崎を適当な理由をでっち上げて止める浜路。成功率は限りなく0に近いのは明らかで、失恋で辞められたら指導役を買って出たのに立場がない。しかし、大安の日に、あっさり告白させてしまう。

もちろん撃沈。なのにどこか晴れ晴れとした表情で浜路に報告し、水球もそのまま続けると言ってくれたが、心変わりした理由を浜路は知る由もなかった。

 

 

浜路が篠崎に触発されてしこしこ恋文をししためているうちに、女子水球部は県大会優勝を決め、まさに渡す絶好のチャンス。
しかし、女子水球にインターハイはなく、萩原は嬉しさより寂しさが勝ったような表情をしていた。

 

ならば自分の告白で元気付けてあげようと思い、女子の部室に入って萩原の鞄に恋文を入れようとしたが、その前に他の部員が続々入って来た。

 

机の下に咄嗟に隠れると、女子たちは彼に気付かずに着替え始めて大ピンチとご褒美

 

他の女子部員と入れ替わりに萩原が入ってきて、逃げるチャンスができたのに、男の本能がそれを許してくれない。

 

さらに篠崎が入ってきてチャンスを失うが、女性の神秘を見せてもらう。

 

 

だが結局篠崎に見つかってしまい、暴力のついでに手紙のダメ出しもされるが、バラされはしなかったので、色々失わずに済んだ。

そして、女子水球部の奮闘もあったおかげで、次の大会に向けての合宿が決定した。

 

 

感想

ハンツートラッシュ3巻でした。

美好先生が早々に退場したので残念でしたが、百合っ子篠崎の新登場で、大いに空いた穴を埋めてくれました。

水球部の合宿。やらしい予感しかしません。

ハンツー×トラッシュを無料でお得に読む方法はこちら

 

試し読みはこちら

 

[ad#co-3]