終末のハーレム番外編2話ネタバレ感想

翔太編がキリのいいところまで来たので、今回は番外編。

バラエティ豊かなクラスメイトたちを徹底解剖してみよう。

 

 

着衣バージョン

羽生柚希

アラサーで身長高め。

94という爆乳ながら、ウエストはキュッと締まっている不二子ちゃん並のスタイル。

 

 

柊春歌

均整の取れたスレンダーボディで、翔太とは趣味が一緒で話が合う。

ファッションにはこだわりを持っている。

 

 

一条奈都

ゆるふわな雰囲気はお嬢様育ち故、醸し出されている。

クラスの中で最初に翔太とヤる権利を勝ち取ったのは、彼女自身の力だった。

 

 

東堂晶

巨乳を揺らして宙を舞う、バレー部のエース。

翔太に見せる乙女の顔が普段とのギャップが大きくて堪らない。

 

 

黒田・レイン・ちふゆ

多くが未だ謎に包まれたちんまい天才美少女。

運動神経のパラメータは中心に近いが、それを認めようとしないところは、年相応のお子様か。

 

 

脱衣バージョン

ゆず先生

 

 

アニメ好き

 

 

ゆるふわお嬢様

 

 

巨乳バレー選手

 

 

天才美少女

 

 

感想

終末のハーレム番外編2話でした。

ちふゆはまずいと思ったのか、モザイクが解除されなかったようです。できればカレンのデータも欲しかったですね。

次の番外編の企画も楽しみです。