サタノファ二3話ネタバレ感想

メデューサ症候群だけが集められた刑務所で最初に出会ったのは、連続殺人犯の小夜子。

しかも、会うなり全裸になり迫ってきた。

果たして彼女の真意は・・・

 

 

3話

あなたも脱ぎなさいと言われても、はいそうですかと脱ぐほどバカではない。

取りあえず話を逸らそうとこの刑務所のことを訊くと、最先端技術が揃えられ、ホテルのような個室と、ある程度の自由に食べ放題の食事。
そして、メデューサ症候群だけが収容されている。

そこに、何か思惑がない訳がなかった。

 

あなたはまだここに恐ろしさを知らない。そう言いながら小夜子は迫ってきた

 

あいつらに勝つにはそれしかない。一体、なんのことなのか、この時は知る由もなかった。

 

 

その時、ベッドにゴキブリが這い上がってきた。乙女のように悲鳴をあげる千歌に抱きしめられ、感じてしまう小夜子。
だが、ゴキブリから出るはずのない異様な音が聴こえた。

 

即座に蹴飛ばし撃退する小夜子。

 

それはカメラが仕込まれたロボットだった。操っていたのはアロハを着たどこかいやらしそうな、ヒゲ爺と呼ばれる老人だった。

 

[ad#co-2]