ゆらぎ荘の幽奈さん57話ネタバレ感想

年末の大掃除で家も心も清め、初詣で心機一転。

次なるイベントはコガラシの誕生日。

さてさてゆらぎ荘の住人達は、どんな誕生日にしてくれるのか。

 

 

カラス

作中は真冬でも、現実の季節に合わせて桜舞い散る露天風呂で目を癒してから始まる今回の
お話。

 

バイトに出かけるコガラシを見つめる誰かが、空高くに浮かんでいた。

 

 

そんなことには気付かずに、女性陣はどんなサプライズバースデーパーリーをしようかと、意見を飛び交わさせていた。

 

先陣を切ったこゆずが考えた案は、まさに最高のプレゼント

 

それは置いておいて、好きな食べ物も趣味もほとんど彼のことを知らない事実に、今更ながら思い至る。
何より謎なのは、類稀な霊能力を持ちながら無名なこと。と脱線しそうになるが、呑子が珍しくいい案がある様子で、一手に引き受けることに。

 

 

バイト終わりのコガラシは、さっそく風呂に入って汗を流し、この一年を振り返っていた。すると、脱衣所がガヤガヤし始め、女性陣がコガラシがいるにも関わらず入ってきた。

大丈夫だからこっちを向いてと言うので、お言葉に甘えて目を開けると、なんと透けやすい白水着率が高い、水着姿だった。

 

[ad#co-2]

 

いつも一人寂しく入っていると思った、呑子の心ばかりのサプライズだった。

 

コガラシもこゆずの葉札術で水着を着せてもらい、綺麗どころに囲まれて落ち着かないものの、やはり皆の心遣いが何より嬉しい様子。

 

 

お次は大広間に移って宴会を始めようかという時、空から一枚の黒い羽根が落ちてきた。その直後につむじ風のようなものが発生し、水着をひっぺがしながら女性陣を巻き上げた

 

空から聞こえる声に仰ぎ見れば、そこには黒い羽根を生やした女の子と、雲に乗った褐色ダイナマイトスパッツ、それと雀がいた。

 

なんだかよく分からないが、コガラシをこれでもかと敵視しているらしい。

 

 

感想

ゆらぎ荘の幽奈さん57話でした。

酒池肉林になるかと思ったのに、いきなりの闖入者が登場。朧に軽くフラグを立たせておいて、カラス系列でコガラシの過去を明かすみたいですね。

やっぱり呑子がいい。

 

[ad#co-3]