最新おすすめセレクション
「DEAD Tubeデッドチューブ」無料ネタバレ最新7巻感想。エロ可愛くてイカれたプロデッドチューバーたち

デッドチューブ7巻ネタバレ感想

デッドチューブの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

15秒動画は過激を極め、真城が言っていたスイカ割り動画がアップされた。

しかも、そこで殺されていたのは町谷の父で、殺したのは妹と同じ名前を呼ばれている少女。

ついに、町谷の家族も巻き込まれてしまったのか・・・

 

家族崩壊

映っているのは父なのか、バットを振り下ろしているのは妹なのか、本当に三日間も眠っていたのか?

三輪を連れて急いで家に戻った町谷は家中を探し回ったが、どこにも映像の痕跡は見つからなかった。しかし、血の臭いを閉じ込めておける場所に気付いてしまい、ドアを開けた。

 

嫌な予感は当たり、冷蔵庫の中にはバラバラにされてラップに包まれた人体が詰まっていた

 

母は早くに亡くなり、男手一つで育ててくれた父が殺され、町谷は溢れ出る涙を止められなかった。

 

まずは妹の無事を確かめるために通っている中学校に向かうと、まるで廃墟のように変わり果てていた。

窓は全て割られて板が打ち付けられ、塀の上には有刺鉄線、門は鎖でグルグル巻きにされている。

 

その光景に驚いていると、一人の少女が声をかけてきた。

花菜の友達らしく、町谷のことは写真で見て知っていた。

花菜はまだ学校内にいて、助けて欲しいと涙ながらに頼んできた。

著者名:北河トウタ 引用元:DEAD Tube7巻

 

 

学校がこんなことになったのも、1週間前にきた新しい先生が15秒で誰もが観たくなるような動画を撮るという宿題を出した時から、おかしくなっていった。

 

先生に言われるままデッドチューブに登録すれば、お金が稼げるという話が広まって一気に学校全体で流行っていった。

最初は他愛ない動画ばかりだったが、先生から最下位のペナルティを聞かされてから、男子は暴力、女子はエロ動画を撮り始め、一人でやれない女子はグループから一人を選んで、動画をあげるようになった。

そこで選ばれた中に花菜もいたのだ。

著者名:北河トウタ 引用元:DEAD Tube7巻

 

 

視聴数が伸びない男子は女子を襲い、そう時間はかからずに、ついに人が死ぬ事態にまで発展してしまう。

 

そして新しくきた先生の名はジョージ・Lだった。

そこでようやく、町谷は自分達が一服盛られていたことに気がついた。

 

しかもジョージは何人かのプロデッドチューバーを連れてきていて、その中には真城もいるらしかった。

 

 

友達に案内されて一部の参加しなかった生徒や先生が隠れている保健室のドアを開けると、目の前に保健室の先生が裸で吊るされていた。

花菜の友達がへたり込んで絶望したとき、暗がりから何かが一筋光った。

直後に友達の首がごとりと落ち、その背後に刀を構えたイカれたデッドチューバーがいた。

著者名:北河トウタ 引用元:DEAD Tube7巻

 

 

間髪入れず襲いかかってきて、町谷はあっさり刀を突きつけられた。

しかし、彼が町谷だと分かると刀を引いた。

ある条件下では彼を殺してはいけない契約になっているようだった。

 

標的を三輪に変えたが、彼女は鉄パイプを手に応戦。

しかし、すぐに劣勢になり追い詰められてしまう。

その時、どこからか現れた男がドロップキックで窮地を救ってくれた。

著者名:北河トウタ 引用元:DEAD Tube7巻

 

 

 

男は金子銀

ここの生徒で花菜を助けるために校内に潜んでいた。

自己紹介が終わったタイミングで校内放送がかかった。その声は紛れもなくジョージのもので、町谷の才能を活かすために、このゲームをプロデュースしたのだとのたまった。

 

そして、粗方やりつくした今の状況の最後を飾るために、町谷花菜を壊した者に10億円の報酬を支払うと言った。

 

 

その言葉に一番燃え滾っていたのは、プロのデッドチューバー5人組、褐色痴女の榊原G、金属バットのゲス川乙女、深窓の令嬢風のバルス婦人、そして背後にそびえる巨人だった。

著者名:北河トウタ 引用元:DEAD Tube7巻

 

デッドチューブを読むならこちら