ハンツートラッシュ7巻ネタバレ感想

萩原に無理矢理キスをしてしまった浜路は、部活に足が遠のいていた。

そんな時に陸上部の速水が、水球部への門戸を叩く。

恋と部活の両立が危ぶまれる第7巻!

 

 

恋と失恋と悩み

速水が体験入部で巻き足を中島たちに視姦されているのに、浜路は未だ萩原に会うのが気まずくて、プールを囲う塀の上にちょこんと顔を出し、様子を覗き見ていた。

 

篠崎でさえ目を見張る巨乳の速水。しかし彼女は、男子のいやらしい視線が何よりも嫌で立派な胸が悩みの種だった。

そんな時に、浜路がこっそり覗いているのを見つけ、背後からそっと忍び寄って声をかけると、浜路はびっくりしてはしごから落ちてしまった。

 

サボっているのを浜路がごまかそうとすると、速水も陸上部を最近サボってるんだと言いながら、急に涙を流しだした

訳が分からないものの取り合えず浜路は謝ると、速水は私の身体見てどう思う?と訊いた。もちろん真っ先に胸に目線が吸い寄せられた直後、いきなりビンタを食らう。

 

その時、速水を取り返しに来た陸上部の先輩たちの怒鳴り声が聴こえてきた。萩原から今は体験入部でさっきプールから出ていったと説明されると、即座に塀の周りを探しに来た。

 

見つかったら怒られるしもう陸上部は辞めたいと涙を滲ませる速水と身体をくっ付け合い、必死に柱の裏に隠れる浜路。

そんな時に限って速水の足を虫がするすると登ってきた。取って取ってとお願いされ、手探りで手を伸ばしていくと、もっと奥と囁かれて、ギリギリのラインに手を突っ込んで虫を落とすことができた。

 

しかしまた誰かが探しに来た。しかも萩原で、立ちながら挿れているような体勢になっているところを見られてしまう。

 

その後、部員の前に晒された二人は事情を説明して誤解は解け、中島がエロ目的で水球の才能があると速水に言うと、彼女はそれを鵜呑みにして、陸上部を辞める決意をしてしまう。

速水の決心がついたのはいいが、今度は浜路が部活を休んでたことで責められ始める。彼は正直に萩原の許しがないと戻れないと言うと、彼女はそれにカチンときて、練習するのに私が許すとか許さないとかで練習するしないを決めてるなら許さないと、激怒してしまった。

 

すると、引けに引けなくなった浜路は、秘めた思いを知ってもらおうと勢い任せで、水球も先輩が好きなのも本当ですと、皆の前で告白してしまった。

萩原はどう返していいか分からず、思わずだいっ嫌いと叫んでしまうのだった。

 

 

浜路は一晩泣き明かすほど凹み、萩原も心にもないことを言ってしまったと後悔していた。それでも彼は気を取り直して、速水が陸上部に話しに行くのに付き合った。

 

荒ぶる先輩の前に萎縮する速水だったが、浜路が堂々と反論して助けてくれようとしたので、思い切って大きい胸が理由だと打ち明けた。
すると、先輩はそんな理由は認められないと揉みしだいてくるのだった。

 

[ad#co-2]

 

 

速水は正式に水球部員になったが、浜路は惨敗した告白から数日経っても顔を出せないでいた。まるで張り合いのない一日を過ごして、放課後に河川敷でうたた寝していると、部活帰りの速水が通りかかった。
無防備な寝顔を見つめていると、程なくして浜路は目を覚ました。シュート練習でボールのコントロールがうまくできないという彼女に、彼は真剣にコツを教えてあげようとして、無意識にボディタッチをしていた。

 

顔を赤らめる二人。浜路は速水ならすぐうまくなるよと笑顔を見せて、水球好きになった?と訊いた。すぐに「うん」と頷いた速水は、彼の後ろ姿を見つめていた

 

 

しかし、相変わらずゲス男子部員のいやらしい視線を感じるのはキツかった。他の女子部員が好きな人からの視線なら平気だけどねーと言っているのを聞いて、浜路を呼び出して視線に悩んでいると相談を持ちかけた。

浜路の苦し紛れの励ましに元気づけられたものの、彼のスマホの待ち受けが萩原なのを見てしまいショックを受ける。

 

浜路も胸に視線を向けていたのに気付いていたが、嫌な気持ちにならなかったことで、やっぱり好きなんだと改めて実感していた。

 

 

溢れ出る思いは止められず、また相談があると呼び出し、いきなりシャツのボタンを外して胸をはだけた。男子の視線を克服するために見て欲しいと言い、断る理由もなく浜路も存分に立派な巨乳を視姦する。
その時、巨乳が嫌いな男なんていないという彼の言葉に、速水はぶつけるようにキスをした。

 

速水は慌てて逃げ出しメールで忘れて欲しいと伝えてきた。浜路は戸惑いながらもそれを受け入れた。
しかし、その後で寺田に言われて新しい部員勧誘のポスターを作るために、カメラが置いてある女子更衣室に忍びこんだところをあっさり見つかってしまい、萩原にガチ切れされて追い出される羽目に。

速水は彼の後を追い、ちゃんと事情は分かってるよと慰めて抱きしめた。

 

雨が降る中、お互いずぶ濡れになってしまったので、近くにある速水の家で服を乾かすことに。彼女の弟の服を借りて着替えたはいいものの、なかなか濡れた服を取りに来ないので自分で持っていくと、丁度着替え中だった速水の全裸を見てしまう。

 

部屋に戻っても何だか気まずい空気が流れ続け、浜路が早々に帰ろうとすると、彼女は裾を掴んで引き止めた。

 

 

感想

ハンツートラッシュ7巻でした。

グイグイと浜路に惹かれていく速水ですが、そこに萩原は絡んでいくのでしょうか。陸上部で初めてあった時は気の強そうな感じでしたが、結構大人しいというか弱弱しい性格なのがいい感じですね。

それにしても、陰部の露出に寛容な学校です。

ハンツー×トラッシュを無料でお得に読む方法はこちら

 

試し読みはこちら

 

[ad#co-3]