「姉を売った…少年Mの手記」無料エロネタバレ。いじめられっ子の弟のJK姉、性的すぎて子供の性の対象に…

姉を売った…少年Mの手記
ネタバレ感想

姉を売った…少年Mの手記のエロ画像、ネタバレ、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

サークル三崎によるinonoの最新作。

姉・弟・いじめっ子たち。

この三者が織りなす、子供の教育に悪い日々…

 

姉を売った…少年Mの手記

少年Mは3人のいじめっ子にいじめられていた

 

姉と似ている整った顔立ちは男らしさとは遠く、今回は姉の裸を盗撮してこいと命令されたので、風呂に入るところを狙ったのだった。
姉を売った…少年Mの手記

 

 

だが簡単に見つかってしまい、正面からのまともな裸写真は撮れなかった。

 

弟を溺愛している姉は少し覗かれたくらいでは一切怒らず、逆に謝られ過ぎると申し訳なく感じるほど、弟を大切に思っていた。

 

Mがこれほど謝るのも、ゲスいいじめっ子たちに姉のあられもない姿を披露しようとしてしまったからに他ならない。
姉を売った…少年Mの手記

 

 

そんなことは露知らず、姉は落ち込む弟を頑張って励まそうとした。
姉を売った…少年Mの手記

 

 

美人で優しくて、性に目覚め始めた男子の欲望も駆り立てる性的な体つきをした姉

 

この時Mの頭の中にあったのは、姉への申し訳なさか、いじめっ子に何かされるかも知れないと感じた恐怖か。
姉を売った…少年Mの手記

 

 

案の定、中年親父のような体型をした眼鏡デブ、顎がしゃくれ過ぎて呂律がヤバい奴、何気に質が悪い腰巾着タイプの3人は怒り狂った。

 

リーダー格のデブはMの姉で性衝動を解消しようと思っていた目論見が失敗し、このイライラを直接Mにぶつけることにした。
姉を売った…少年Mの手記

 

 

ガキだからこそ、止まる事のない悪意をそのままぶつけてくる悪童たち

 

尻を曝け出さされたMは容赦なく尻穴にリコーダーの吹き口を突っ込まれ、幼くしてゆるゆるの穴に仕立て上げられそうになってしまう。
姉を売った…少年Mの手記

 

 

リコーダーの細い部分がほぼ入って来たその時、Mは絶叫し、この恐怖と痛みから解放されるならばと、口をついて出た。

 

代わりに姉を呼ぶから、どうか止めて欲しいと…
姉を売った…少年Mの手記

 

 

 

弟のためなら、姉は何も迷わなかった。

 

 

 

そこは近所の子供たちが多く通っている学習塾だった。

 

 

悪童たちが待ち受ける部屋に、胸もツルツルの股間も露わにして踏み込んだ姉は、これで間違いなくいじめを止めるのか確かめた。
姉を売った…少年Mの手記

 

 

凛とした半裸の立ち姿。

性的過ぎる体つき。

 

悪童たちは言葉を失うが、デブはいじめを止めることを約束した。
姉を売った…少年Mの手記

 

 

デブは姉弟のいやらしい毎日をゲスく妄想し、とてもガキとは思えない表情を曝け出すが、姉は落ち着いたまま弟に優しく声をかけた。

 

そんな姉の愛情など無視し、悪童たちは露わになった柔肌を舐め回すように視姦し始めた

 

 

 

姉弟は東京からこの地方に引っ越してきた家族だった。

 

弟は前の学校でもいじめられ、姉の庇護愛を感じながらこっちで心機一転穏やかな学校生活を送り始めていたのだが、最初にできた友達を家に呼んだのが地獄が再開するきっかけになってしまった。

 

友達はMの姉を一目見て子供ながらに精が疼き、翌日学校でMと喋る際、姉を褒めちぎったのだが、その会話を悪童たちが聞いていたのだった。

 

 

 

そして今、悪童だけでなく、塾に通っている小さな子供たちまでも半裸のJKに群がり、何事かと思って眺め始めていた。

 

悪童たちが姉の身体をいじくり回すのを見守る弟と、その場に居合わせただけの子供たち。
姉を売った…少年Mの手記

 

 

ペッティング、クンニ、乳首吸い、膣にねじ込まれるこけし、溢れ出る愛液…

 

弟の股間は姉の痴態と喘ぎ声で人生で一番そそり立った。

 

 

やがて高学年の女子たちが来る頃には、デブは姉弟でのセック〇を指示し…

 

 

感想

姉を売った…少年Mの手記でした。

inonoの柔らかそうな肉感描写は最高ですが、この憎たらしいガキ共には大人と同じ厳罰を与えて欲しくなりますね。

関係ない子供たちに見られながらの行為の背徳さは、何とも言えない展開でした。

姉を売った…少年Mの手記を読むならこちら
姉を売った…少年Mの手記

DUGA