ゆらぎ荘の幽奈さん61話
ネタバレ感想

天狗一派の屋敷に侵入した彼女たち。

しかし、さっそく全員見つかってしまい、戦闘を余儀なくされる。

秘めたる力を最初に見せるのは夜々だ。

 

 

猫は天敵

猫神の力で石ころ帽子のような効力を発揮していたはずのなのに、雀に見つかってしまった夜々。

 

全く表情に出ない夜々は解せなかったが、雀は懇切丁寧に、かるらの神通力研究を手伝った際の副産物で他人の心を読む能力を会得したと説明。

 

夜々は思考を欲望で占め始めて抵抗するが、日頃と一緒な気がする。

 

 

しかし、あっさり幽奈の居所を考えてしまい雀に知られてしまう。

 

雀はすぐにかるらの安否を確認して指示を仰ぐと、やはり身内には部屋を見られるわけにはいかず、全て自分で解決する模様。

 

 

うららの指示で退避しろと言われるが、夜々はここで踏ん張ることを決意。

 

なぜなら猫は鳥によくお世話になっているので、相手の生態も先刻ご承知だからだ。

 

ということで、さっそく罠を仕掛けてワクワクドキドキで見守ることに。

 

もちろんかかってくれなかった。
キレたモブカラスたちは、容赦なく襲いかかってきた。

 

 

 

一方幽奈たち。

 

かるらは豊満な胸でコガラシの全身をパイズリしながら、幽奈と対峙していた。

 

さすがの幽奈も、この盗撮だらけのストーカーの鑑のような部屋を見れば、かるらの気持ちも知れようというもの。
ご本人も潔くそれを認めた。

 

だから、ただの同居人がごちゃごちゃ口を出すなと、まあ分からんでもない口答えをしてくるので、思い切って自分もコガラシが好きなんだと言おうとした。

 

しかしかるらが普通にこけしコガラシに話しかけているので、愛しの相手にも聞かれているとわかり口をモゴモゴしてごまかす。

 

 

それで幽奈の気持ちを察したかるらは、彼女ににじり寄りふわふわ浮かぶ胸を鷲掴んで、改めて結婚式に招待した。

 

[ad#co-2]