「初めての学生バイト」無料エロネタバレ。信じていた店長に脱処女された都会を知らない美少女学生!

初めての学生バイト 信じていた店長に脱処女された都会を知らない学生
ネタバレ感想

エアリーソックスの初めての学生バイト 信じていた店長に脱処女された都会を知らない学生のエロ画像、ネタバレ、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

憧れの街にあるお洒落なお店でバイトが決まり、ウキウキ気分の佐倉麻美。

まさかそこの店長が従業員の女の子を食いまくるドクズだなんて、知る訳がなく…

 

初めての学生バイト 信じていた店長に脱処女された都会を知らない学生

麻美ははっきり言って、人目を引くレベルの美少女でかなりの巨乳だった。

 

マネージャーの新庄も初日からほぼ遅刻の新人にイラついたが、息せき切って走ってきたらしい彼女の胸が弾んでいるのを見て、欲望を滾らせた。

 

だから、姑息な手で麻美を盗撮しようとする質の悪い客からも助けたりして信頼を得るのも、ズッコンバッコンやるためだった。

 

 

やがてあっという間に麻美が働き出してから一週間が過ぎると、歓迎会を兼ねた食事会が催された。

 

新庄は抜かりなく麻美の隣に座りつつ、あえて妹扱いして彼女の大人として見られたい気持ちを刺激した。

 

するとあっさり、夜遅い二次会にも麻美は参加してしまう。

 

 

新庄を気さくでカッコイイ年上のお兄さんみたいに思っていた麻美は、勧められるまま酎ハイをぐびぐび飲んでしまい、気づいた時には新庄の車に乗せられていた。

 

 

もう深夜一時過ぎ。

 

新庄は送りたいけど知らない夜道は運転の自信がないと情けないことを言い出し、どうにかお泊りコースに持って行こうとするが、親に内緒でバイトしている麻美は焦り、タクシーで帰ると言い出した。

 

かなり家が遠いのに、タクシーなんか使ったら相応な金額になる。

 

新庄はその辺を分かってないらしいところにつけ込み、あえてクレカを貸して恩を売り、後でたっぷり回収させてもらうことにした。

 

 

そして家に着いて運転手に起こされた麻美は、5万近くまでいっている料金を見て驚き、新庄の目論見通りにクレカに頼るしかないのだった。

 

 

学生にとって5万はとてつもない額で、親にも言えず麻美が震えていた翌日、新庄はタクシー代を貸したお礼に外泊アリのデートをして欲しいと誘ってみた。

 

負い目がある麻美は一日くらいならと安心し、初めての夜デートで大人になった気がしてそれも警戒心を緩めさせた。

 

 

新庄のチャラい褒め言葉にもドキドキし、はぐれないように手を繋がれただけで浮足立っていく。

 

慣れないお酒にもまた酔ってほろ酔いのいい気分になっていく麻美だが、昨日のタクシー代のことを切り出されると、一瞬で酔いが醒めた。

 

この辺りで本性を現した新庄は、盗撮した麻美の飲酒動画、学生証の写真、カラオケ中に熟睡した麻美の体を好き放題いじっている動画を見せて脅した

 

動画と同じようにいやらしく愛撫された麻美は、抵抗を諦めるしかなかった。

 

 

ホテルに連れ込まれると、さっそく巨乳グラドルみたいな美巨乳を後ろから揉みしだかれ、背面座位で初めて男の勃起チン〇を見せられた。

 

最後までされないために気味悪い肉棒を一生懸命しごいても、結局四つん這いに押し倒され、初めてを鬼畜チン〇に奪われてしまうのだった。

 

まさに鬼畜な新庄は、好意を向けられているのが分かっていたので、それをからかいながらキツキツ処女マンの中を執拗に擦りつけ、必死に声を抑えようとする麻美に構わず、色んな角度で突きまくった

 

 

そしてフィニッシュは、首を絞めながらの生中出し

まだまだ終わらず、お掃除イラマチオからの口内射精

処女かどうか賭けていたクズ仲間に結果報告してから、二回戦目の騎乗位

 

ちゃんと指示通りヤった麻美は昨夜の脅しネタを削除してもらったが、今夜のハメ撮り動画が新たに増えていたので何の意味もなかった。

 

 

同僚たちは新庄の動画報告を観て、麻美とヤル日を心待ちにして勤労に勤しんでいた…

 

 

感想

初めての学生バイト 信じていた店長に脱処女された都会を知らない学生でした。

エアリーソックスは確実に絵がうまくなっている印象ですね。

麻美に非があるほどではなくても、ちょっと無警戒過ぎなのが同情心を減らしてしまうかも知れません。

シーンでは、バイト初日に走って飛び込んできて胸が弾んでいるところと、助手席で無防備に寝息を立てながらシートベルトでパイスラする、露出の無い二つが逆にグッときました。

初めての学生バイトを読むならこちら
初めての学生バイト 信じていた店長に脱処女された都会を知らない学生