最新おすすめセレクション

辱断罪11話ネタバレ感想

1年前に多大な犠牲を払ったことで、解体村を放棄して新天地へ移った。

だから、これからは村を守るために危険因子には容赦しないことにした。

そうして、珠樹はだるまにされてしまった。

 

 

11話

恭子はパソコンの画面と向き合い、話しかけていた。

 

迅速に手筈を整えてもらえたおかげで、あれから1年、快適に暮せています。

しかし、落度もありましたよね?と。

 

掟があるとは言え、抵触しない範囲で改善の余地があったはず。

自分たちが犠牲になりいなくなること。それが一番避けねばならないことでしょう。

 

そう穏やかに彼女が言うのに、画面の向こうにいる男たちは何も言い返せずにいた。

 

 

そしてこれからは、私があなたたちを指導する。そう締めると、ようやく仰せのままにとだけ返ってきた。

 

 

恭子は珠樹の食事の世話をしていた水城のところに顔を出した。

 

珠樹のことなら自分が一番よく分かっている。そういって笑顔で出迎える水城。

 

そんな彼女に抱かれながら、珠樹は小さなスプーンに乗った食事を口に運ばれていた。

 

 

だるまにされる際ののせいか、最早彼女は意思を示すこともなく、自由の利かない身体をただ伽のために生かされている状態だった。

 

後は褐色の真紀が相手を連れてくるのを待つばかり。

そう恭子が言った直後、珠樹の口から涎が流れ出した。

 

それを見て、今度からは薬の量を倍にしましょうと、思案気に恭子は言った。

 

[ad#co-1]

 

次に調理場に顔を出すと、丁度目の細い女が男の手足を切り取り終わったところだった。

 

男は身動きできないのは当然ながら、また薬の効きが弱いのか身体をカタカタと震わせており、恭子はまた万が一を考えて、危険だと感じたらすぐに殺しなさいと指示した。

 

 

ささいなことにも敏感になって、危機管理を徹底していた恭子。

 

その時、真紀から連絡が入り、珠樹の伽の相手を捕まえたと聞いて、すぐに準備することを伝えた。

 

 

そして目を覚ました勝巳は、手足のない女が自分に跨がらさせられようとしているのを見た。

 

 

感想

辱断罪11話でした。

そして現在に戻る、といったところですね。

解体村にもバックがいたのは分かりましたが、力関係は恭子側の方が強そうなのが、どういう仕組みになっているのか、まだ謎ですね。

よくあるのは、金持ちや権力者が見世物として楽しんでいる、というものですが、そんな感じはしませんしね。

辱断罪を無料で読む方法はこちら

[ad#co-4]