終末のハーレム24話前編
ネタバレ感想

谷口のおばあちゃんからは何も聞き出せず、エロい健康チェックを受けただけの怜人。

疲れた身体を癒すために温泉に入っていたら、泊まりの女子が入ってきてサウナへ避難。

そこには、妙な日本語を覚えてしまった金髪爆乳がいたのだった。

https://kuroneko0920.com/archives/17552

 

口移しキス

浴衣を完全にはだけながら自己紹介を始めた金髪爆乳外国人は、顔を赤らめ荒い呼吸を繰り返しながら「クロエ」と名乗った。

 

やることは大胆で敬語はおかしいが、礼儀正しさは身に付けているようだ。

 

 

アメリカ生まれの日本贔屓は、自信満々と言った風にセックスに「お」を頭につけて、私とオセックスなさりたいですか?と、またズッコケそうな訊き方をしてくる。

終末のハーレム24話

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

しかしそれが、迫力あるボディの威圧感を和らげてくれているようでもあり悪くない。

 

 

怜人は相手が誰であろうと未だに顔を赤くし、否定しようとするが、クロエはそれより先にもサウナも我慢しない方がいいですよ、とアドバイスしてきた。

 

それでも彼は、我慢は得意なんでと説得力のある返しをした。

終末のハーレム24話

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

それから30分もの熱い戦いが続いた。

 

先に倒れたのは金髪爆乳クロエだった。

日本男児の大和魂に敬意を払ってから、その場に倒れてしまった。

終末のハーレム24話

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

彼はおんぶして外国産のおっぱいの感触を背中に感じなら、お風呂に誰もいないことを確認すると、急いで脱衣場に運んだ。

 

まず自分からしっかりと水分補給をし、自業自得で倒れているクロエにも水を飲ませようとした。

だが彼女はぐったりしたままで、まともに動けないようだった。

終末のハーレム24話

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

彼がナースの朱音を呼びに行こうとすると、その手を掴んで引き止め、口移しで飲ませて下さいと、弱った雰囲気のせいか妙に可愛い感じで言ってきた。

終末のハーレム24話

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

彼は断って朱音を呼びに行こうとするが、また大声を出すと脅されて進退窮まってしまった。

 

それでも、強気に脅してくる彼女が本当に苦しそうなので、覚悟を決めて水を口に含み、口移しと言う名のキスをした。

終末のハーレム24話

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+