いちご100% 恋愛

「いちご100%」続編無料ネタバレ最終回4話までの全話。いちごパンツ女子大生との恋の結末

いちご100%イーストサイドストーリー

更新日:

いちご100%1話ネタバレ感想
イーストサイドストーリー

少年ジャンプで連載されていた伝説のラブコメ漫画「いちご100%」

東城、西野、北大路、南戸の美少女4人に囲まれて、心揺れる真中。

その続編は、報われぬ恋をした東城にスポットライトを当てたものになっている!

 

 

いちごパンツのお姉さん

中間古書店で店番をしている中間少年は、レジに置いてある椅子に座りながら、一冊の小説に心奪われていた。

 

繊細な筆致と報われなかった初恋を後悔していない主人公の心理描写に胸打たれて、友達が来ているのも構わずに、だらだらと涙を流してしまっていた。

 

「夏に歌う者」東城綾

 

美人女子大生作家として話題になっている著者の作品だったが、中間はそんな話題性より、今の自分と同じ年齢の時にこの本を書いたかと思うと、悔しくてならなかったのだ。

 

作家でも目指してんの?と当然の質問をされると、口ごもって否定してしまうところは、まだ大っぴらに夢を語れない気恥ずかしさに囚われているからか。

 

その時、一人だけいたお客さんが、棚の高いところの本を取ろうとして脚立の天辺に上って手を伸ばしていた。
それでもガッチリはまった本が抜き取れずに、中間に声をかけてきた。

 

 

しかしその脚立はもう古く傷んでいたので、使用禁止の張り紙をしているやつだった。

 

それに気付いた中間が慌てて危ないと言った直後、バランスを崩した脚立からお客さんが放り出されてしまった。

 

脚立の脚が折れる音が響いた。

ワンピースの中が露になったお客さんが宙を舞う。

 

いちごパンツをはっきり見た中間。

 

その彼がクッションになったおかげで、彼女は怪我をせずに済んだ。

 

 

すぐにスカートを直し、ずれた眼鏡を戻した彼女は、中間の顔に釘付けになった

 

慌しいトラブルつきの出会いだったが、目当ての本はしっかり取っていた彼女はそれを差し出した。
彼は東城綾の作品に胸打たれたのとはまた違う初めての想いに包まれていた。

 

一目惚れだった。

 

 

その日から彼は、毎日嫌だった店番をするようになった。

 

またあの人のいちごパンツが見たい・・・こともなくはなかったが、他人に対して当たり前のように優しくし、会計して本を受け渡す時に、必ずお礼の一言を言ってくれる育ちの良さに、何よりも心惹かれていた。

 

そうして少しずつ会話を重ねていくうち、彼の中で彼女は可憐で清楚な野いちごのような人になっていた。

 

 

そうして話題にしていると、本人が来店してきた。

 

友達の外山は地味でダサいとバカにしてくるし、彼女が私立大学の2年だと話すと、そんなのは毎晩男とヤリまくりに決まってるだろと、キラキラした彼女像をぶち壊してきた。

 

それはそれでいやらしい彼女を想像できて一瞬悪くないなと思ったが、すぐに平常心を取り戻せた。
彼は早く告白しろよと捨て台詞を残して帰ってしまった。

 

 

狭い店に急に二人きりになって、今までになく鼓動が早くなっていく。

 

本当にこのタイミングで告白しようか、なんて考えていたら、彼女は一冊をレジに持ってきた。
その時、カウンターに置いてあった東城綾の本に彼女が視線を向けたので、この本は文学作品としていいですよねと言ってみるが、どうも同意しかねる顔を見せてきた。

 

今はあえて昔の作品を読んでいるという彼女。

 

ならスマホでも読めるのに、どうしてわざわざここに・・・まで言いかけて、その理由は?はギリギリで飲み込んだ。

 

直後に見つめ合う二人。
中間は一人で勝手に都合よく考えようとした。

 

 

果たしてその通りに先に彼女が目を逸らした

 

しかし、すぐ「本が好きなんです」との答えが返ってきた。

 

ぬか喜びでも脈はあるに違いない。そんな余計なことを考えながら本を手渡したものだから、なぜか縦になっていて、彼女のたわわな胸に挟んでしまった。

 

すると、「びっくりするじゃない、真中くん」と彼女は言った。

 

アナグラムにもならないような、ただの言い間違い?
自己紹介をした覚えはないが、店名を見ればそれが名字だと分かるか?

でも名前を呼んでくれただけで嬉しかった。

その嬉しさの勢いで告白しようとしたら、彼女は慌てて飛び出してしまった。

 

 

涙が滲んでいた瞳。

ちがうの、ごめんなさいという一言。

 

本を残したまま去っていった彼女の涙の意味は、
ふってごめんなさいということなんだろうか?

 

 

いちご100%2話ネタバレ感想
イーストサイドストーリー

中間少年は、常連さんのお姉さんに恋をした。

常連のお姉さんは東城綾。美少女高校生として文壇デビューした、アイドル作家。

でも、中間はそのことをまだ気付かずにいた。

 

 

2話

東城は自分の気持ちが分からなかった。

 

卒業式のあの日に、きっぱりと前を向くと決めたはずなのに、あの店員の後ろに彼を重ねて見ているのかも知れない。

 

だからあの時、彼の名前が思わず出てしまった。

 

 

そんな風に悩んで俯いていると、さつきがケーキの上のいちごもらっちゃうわよと、ビールでふんわりいい気持ちになっている顔を向けてきた。

 

それに美鈴は苛立ちを覚える。

 

すかさず、そんな下品だから男をドン引きさせるんですよといい、懐かしいやりとりを始めようとするさつきと美鈴。

 

二人が京都からわざわざ東京に来て東城と会ったのは、東京で用事に来たついでだと本人には話していたが、実は最近筆が進んでいない彼女を励ますことが目的だった。

 

アイドル作家としての顔ばかり世間では賑わい、ネットには悪意が満ちている。

 

肝心な作品自体が正当に評価されずにいるせいで、彼女は書くのが怖くなっていた。

 

 

美鈴がそう相談されていたのをさつきに話し、彼女を応援するためにやって来たのだ。

 

さつきはするのがいいんじゃないと、冗談か本気か分からない様子で言ってきた。

 

そこで美鈴に、先輩だって新しい恋に踏み出せてないでしょ?と言われてグウの音も出なくなるが、東城はさつきに、次に好きになるとしたら、やっぱり真中くんに似てる人?とストレートに訊いた。

 

するとさつきは、「やめてよ」と頬を赤らめた。

 

そして、真中よりかっこよくて背が高くて自分だけを一途に見てくれる優しくて誠実な人って決めてるの!と捲くし立て、バイト三昧の真中をこき下ろすのも忘れなかった。

 

美鈴はこの後、アイドルを目指すと息巻いている端本を説教しに会いに行くようで、そこで二人とは別れた。

 

 

東城の大学に潜り込んで一緒に講義を受けたものの、さつきには退屈でしかなかった。

 

今や有名人になった東城に、変装するのも大変ねと気遣うが、眼鏡と地味な髪型は彼女のデフォルトなので、特に大変なこともなく。

 

そしてやっぱり話題は真中のことになるが、今はどこでどうしているか二人とも知らなかった

 

 

その時、東城の心をかき乱した中間が現れた。

 

あの時買った本を届けに来てくれただけだったが、さつきは真中と似ていることに驚いて、何も言葉が出てこない。

 

さつきが真中と似ていることを言おうとした時、東城はいたたまれなくなって、また逃げ出してしまった。

 

さつきが咄嗟に「東城さん!」と大声で呼びとめようとした。

そのせいで、周りの学生があの東城綾が登校しているのかと騒ぎ出す。

 

それでようやく、中間は彼女があの作家の「東城綾」だと気付いた。

 

密かに恋心を抱いた常連のお姉さんと、勝手にライバル視している作家が同一人物。

まさかの事実に彼はよろめきながら家路に着いた。

 

 

しかし、びっくりはしたものの、有名作家なのに気取ったところがない素の彼女を見ているので、ますます想いは募っていく。

 

だが、胸の谷間に本を差し込んでしまったことが悔やまれて仕方ない。

 

 

その時、店のドアが開く音がして、さっき一緒にいた綺麗なお姉さんが入ってきた。

 

客が自分一人なのを確認したさつきはドアの鍵を勝手に閉め、ニヤニヤしながら彼の方を見ていきなりタイツを脱ぎ出した

 

そして生足で誘惑すると、恥ずかしげもなく言い放つ。

 

 

ワンピースの裾を翻しながら、カウンターの上に乗って生足をさらけ出し胸の谷間を寄せ、顔を近づける。

 

「スゴイ。もっと顔、よく見せて」

「いやいや、何も凄くなんかないです」

「これ東城さんの本・・・キミファンなんだ?」

「ファンって言うか、その」

「でも、あたしの方が魅力的だと思わない?」

 

そこで彼は、誘惑を断るために想い人の友達に先に告白してしまった。

 

するとさつきは冗談よと笑いながら、真中ならこれくらいでグラつくけど、顔は似てるけどやっぱり別人か、と一人で納得し始めた。

 

 

東城綾が言っていた「まなか」という名前。

 

「まなか」って誰ですか?と訊くと、綺麗でエロいお姉さんは、

「真中淳平。東城さんもあたしも3年間好きで、でも別の女性を選んだ男。それで、あんたと似てるのよ」と教えてくれた。

 

いちご100%3話ネタバレ感想
イーストサイドストーリー

好きになった年上の大学生が、実は憧れの小説家だった。

わざわざ街の古書店に通っていたのは、忘れられない人を自分に重ねて見ていたから。

それに気付いた中間は諦めてしまうのか・・・

 

 

3話

東城綾の友達に告げられた真実。

 

あんた、東城さんとアタシが3年間好きだった男に似てんのよ

 

だから、こんなただの古書店に何回も足を運んでいたんだ。

 

自分に会いに来たのは間違いなくても、見ていたのはよく似ている他の男だった。

 

 

そんな希望のない現実を知った中間は、

 

「俺、諦めようと思うんだ」

と、教室で友達に打ち明けていた。

 

搾り出すように言ったのに、「諦めんじゃなくてフラれたんだろ」と友達は熱い友情で傷を広げようとしてくる。

いちご100%イーストサイドストーリー

著者名:河下水希 引用元:ジャンプGIGA

 

 

 

その頃、またさつきと美鈴と会っていた東城は、美鈴にも真中のそっくりさんがいることを話して、しかも会っていたことも打ち明けた。

当然、かなり驚かれてしまった。

いちご100%イーストサイドストーリー

著者名:河下水希 引用元:ジャンプGIGA

 

 

美鈴は、「それじゃあいつまでも吹っ切れなくないですか?」と心配してくれ、逆に中間の友人は「それってラッキーなんじゃね?」と、その顔はOKな訳だからチャンスはあるはずだと、アドバイスしていた。

いちご100%イーストサイドストーリー

著者名:河下水希 引用元:ジャンプGIGA

 

 

でも当人二人の思いはそう単純ではなかった。

 

それでも、お互いに抱いている印象は重なっていた。

 

「優しくて、真面目で、楽しくていい人だから」

しかも中間は東城のことが好きになっている。

 

だから東城は

思い出にしがみついて、甘えてしまって、そんなの失礼だよね」と自分を責めていた。

いちご100%イーストサイドストーリー

著者名:河下水希 引用元:ジャンプGIGA

 

 

 

しかし美鈴は、話を聞くうちにそのそっくりな高校生に好印象を抱いていた。

 

眼鏡とおさげ状態を好きになってくれたのなら、それは東城自身が言った

「作家じゃなくて、眼鏡とおさげの私に話しかけてくれたのは真中くんだけだった」

つまり中間も、ちゃんと中身を見てくれたのだから。

いちご100%イーストサイドストーリー

著者名:河下水希 引用元:ジャンプGIGA

 

 

 

そこでさつきは、中間が東城のことを作家だと気付いていなかった可能性に思い至り、自分がバラしたことをバラしてしまい、美鈴にまた怒られる。

 

とにかくさつきは言いたいことを東城に伝えた。

「あの子に真中を重ねてしまうって理由で、あの子の気持ちまで見ないようにする方がよっぽど失礼だって思う」と。

いちご100%イーストサイドストーリー

著者名:河下水希 引用元:ジャンプGIGA

 

 

京都に帰る駅の中。

 

「傷が癒えてないのは東城先輩だけじゃなかったんだなあって」

と漏らす美鈴に

「アタシが料亭でモテてんの知ってんでしょ?」

と返すさつき。

いちご100%イーストサイドストーリー

著者名:河下水希 引用元:ジャンプGIGA

 

 

「だからって、アタシより先に彼氏作んないでよ!」と牽制しておくが、美鈴は既にいるようなそうでないような微妙な感じだった。

 

 

中間は友達に言われたことを反芻していた。

 

「ちゃんと当たって砕けねーと後悔するぞ」

って言われても、諦めようと思ったのは、相手が憧れの作家だって理由もあった。

 

自分も小説家を目指しているから、雲泥の差があるのを考えると、嫉妬や憧れが混ざり合って釣り合いが取れないと思ってしまっていたのだ。

いちご100%イーストサイドストーリー

著者名:河下水希 引用元:ジャンプGIGA

 

 

 

せっかくデート用に友達から映画のチケットを譲ってもらったが、誘えるはずもなく、一人で二回観ようと思って映画館に足を向けた。

 

すると、タイミングがいいのか悪いのか、偶然にも東城綾も映画のチケットを買おうとしているところだった。

 

思わす知り合いだと言って割り込み、貰ったチケットを彼女の分にしようとした。

いちご100%イーストサイドストーリー

著者名:河下水希 引用元:ジャンプGIGA

 

 

でも、高校生と大学生じゃ前売りの値段が違うとは知らず、恥をかいてしまう。

 

 

流れで隣に座ってしまったが、それさえも何だか後ろめたい。

でも謝ることもできずに、暗くなるまで世間話で間を持たせるしかなかった。

 

すると東城から

あ、し、知ってるのよね?私が小説・・・

と言いかけたところで暗くなり、彼女は迷惑を考えて言葉を途切れさせた。

 

諦めると決めたのに、初々しいデートのようなシチュエーションがもどかしかった。

いちご100%イーストサイドストーリー

著者名:河下水希 引用元:ジャンプGIGA

 

 

 

それはそれとして、映画はとても良かった。

 

観終ったあと、興奮して感想を捲くし立てる中間は「ウザくてすいません」と謝るが、東城も同じくらい興奮していたので饒舌に感想を話してくれた。

 

しかし、流れで「映画は創作のヒントとか刺激みたいなものってゆーか」と訊いたせいで、

それもあるけど、映画を作ってた頃の楽しい感覚を思い出しくて・・・高校で映像研究部に入ってたんだけど、部長が真中くんで・・・

 

と彼の名前を出させてしまい、気まずい空気になって、彼女に謝らさせてしまう。

いちご100%イーストサイドストーリー

著者名:河下水希 引用元:ジャンプGIGA

 

 

 

どうにか希望を抱かないように店番を理由に離れたかったが、歪んでいるネクタイに自然に手を伸ばされて近づいた距離に、やはり彼女が憧れの作家で好きなんだと実感する。

 

すると、直してくれた直後、急に東城はバランスを崩して尻餅をついてしまった。

どうやらヒールがポッキリ折れてしまい、足首も捻ったようだ。

いちご100%イーストサイドストーリー

著者名:河下水希 引用元:ジャンプGIGA

 

 

だからまた咄嗟に、「おんぶしますよ」と言っていた。

 

もちろん東城は断るが、病院か薬局か靴屋までですからと言われると、

「私、重いよ」と言いつつ、彼の厚意に甘えることにした。

 

 

好きな人とのゼロ距離

背中と手から感じる体温。

 

諦めると決めたのに、こんな映画みたいなシチュエーションを経験したら無理に決まってる。

いちご100%イーストサイドストーリー

著者名:河下水希 引用元:ジャンプGIGA

 

 

いちご100%続編最終回4話
ネタバレ感想

東城への想いを断ち切ろうとしたが、運命の悪戯が二人を出会わせる。

相手の体温が感じられるほど密着してしまい、彼のやはり心穏やかではいられなくなる。

手に、背中に感じる柔らかさ。

それは、憧れの小説家で好きな人の感触だった。

 

 

最終回4話

諦めるって決めたはずだった。

しかし、背中と手に感じる体温と共に、彼女の香りが心を乱させる。

 

いや、今はとにかく怪我をした彼女に早く治療を受けてもらわないといけない。

 

だから、この攣りそうな腕は彼女が重いからじゃなく、自分が非力なせいだと自分自身の不甲斐なさを叱咤して、情けない所を見せないように踏ん張るしかなかった。

 

でも、指先は言うことを聞いてくれず、彼女の鞄を落としてしまった。

いちご100%イーストサイドストーリー

著者名:河下水希 引用元:ジャンプGIGA

 

 

 

地面に落ちた鞄から小説の原稿が飛び出し、風に吹かれて辺りを舞い始めた。

 

失敗作だったから構わないと彼女は言ってくれるが、彼はその言葉に甘えてすぐに諦めようとはしなかった。

そんな必死にかき集める彼を、彼女は複雑な顔で見つめる。

いちご100%イーストサイドストーリー

著者名:河下水希 引用元:ジャンプGIGA

 

 

 

川の傍で落としたタイミングの悪さで、結局全て集めきることはできなかった。

 

彼は好きな人も満足に背負えない非力さと、逆に気を使ってくれることに情けなさが膨れ上がっていく。

 

しかし彼女は、あくまで酷い内容だったし、これをまた誰かに読まれて何を思われるか考えると、書くのが苦手になったかも知れないと言った。

 

 

やがて接骨院に着くと、彼は改まって話しだした。

 

「今日はありがとうございました。

 いろいろ勉強になりました。

 映画も、あの東城綾と一緒に観れて・・・

 今までありがとうございました」

いちご100%イーストサイドストーリー

著者名:河下水希 引用元:ジャンプGIGA

 

 

今生の別れを伝えるように、未練を断ち切るためにそう告げて彼は走り去った。

 

 

肩で息をし始めた頃、膝に手をついて立ち止まると、また風の悪戯で集め切れなかった原稿が彼の足に運ばれてきた。

 

その時、集めた分の原稿を渡すのを忘れていたことに気付き、ふと彼女の名前と小説のレビューを検索してみた。

 

すると、女子高生でデビューした肩書きに対する中傷や、話題性、顔で売れたなどというものばかりで、小説の内容に対する正当な評価はほとんどないことが分かった。

そんな悪意に彼女が悩まされていたことを知り、彼は川の中にまで入って残りの原稿を探し始めた。

 

 

翌日。

彼は大学の前で彼女を待ち、それに気付いた彼女から声をかけてくれた。

いちご100%イーストサイドストーリー

著者名:河下水希 引用元:ジャンプGIGA

 

 

公園に行き、彼女はベンチに座り、彼は正面に立った。

 

そして

「俺、小説家になりたいんです」

と打ち明けた。

 

 

でも、周りの空気に流されて今まで一行も書かずにいた時、あなたが自分と同じ年で賞を獲ってデビューして、それを知ってヤル気は出たけど、やっぱり才能の差はどうしようもないんだとも思ってしまった。

 

それとは別に、憧れの作家があなただと分かった時は嬉しかった。

 

うまく纏まりきっていない伝えたい思いを、彼は話していく。

 

そして、川の中にも飛ばされた原稿を見せ、全部集めて読んだと伝えた。

いちご100%イーストサイドストーリー

著者名:河下水希 引用元:ジャンプGIGA

 

 

 

失敗作だって、辛そうに謙遜していたその原稿。

 

でも、やっぱりそれは東城綾らしさが出てて、

「好きだなあって・・・」

そう感じた。

いちご100%イーストサイドストーリー

著者名:河下水希 引用元:ジャンプGIGA

 

 

 

プロだから浴びる中傷もあるかも知れないけど、それでも書いているあなたを思うと、自分も頑張ろうと思った。

 

しかし、彼の励ましと決意に彼女は、今でも好きだった人を忘れられない自分は君を利用して逃げているだけだと、本音を吐き出した。

 

その弱音にも、彼は精一杯励ましの言葉をかけた。

 

ずっと好きだった人を忘れるなんて簡単じゃない。

いちご100%イーストサイドストーリー

著者名:河下水希 引用元:ジャンプGIGA

 

 

その代わり、自分が前に進んでただの似た人じゃなく、一人の男として会えるようになるまで頑張ります。

 

だから、小説家を続けて下さいと。

 

 

「あなたは、俺の目標なんです」

その言葉に、彼女はやっと心からの笑顔を見せてくれた。

いちご100%イーストサイドストーリー

著者名:河下水希 引用元:ジャンプGIGA

 

 

 

彼が一人前の男になって胸を張って会えるようになるまで、会わないと決めた誓い。

 

彼の夢の先に彼女が待っているとは限らないが、二人は前に進むために筆を進めていた。

 

 

感想

いちご100%イーストサイドストーリー最終話までの全話でした。

 

やっぱり西野と真中は出てきませんでしたね。

期待してたんですが、ここに真中が出てきたら、こじれまくって収拾がつかなくなりそうなんで仕方ないでしょう。

他のサイド方向からのストーリーも、是非読んでみたいです。

特に、南がどうなってるのか気になります。

いちご100%を無料で読む方法はこちら

[ad#co-4]

-いちご100%, 恋愛
-, ,

Copyright© 黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想 , 2017 AllRights Reserved.