黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想

黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想

終末のハーレム エロ

「終末のハーレム」最新4巻24話後編無料ネタバレ修正前。デレる美来!絵理沙と三角関係勃発か!

終末のハーレム

更新日:

終末のハーレム24話後編
ネタバレ感想

クロエとの我慢対決は、試合に勝って勝負に負けた形となった怜人。

有名人の辛さを体験したところで、また谷口のおばあちゃんのところへ。

そこではパンを買いに行かされて・・・

 

 

祖母と孫

怜人にパンを買いに行かせたおばあちゃんは、マリアと話していた美来を呼んで、彼女と二人きりになった。

 

マリアは病室のドアのすぐ外で、手持ち無沙汰にしていた。

 

 

前置きもなく、橘絵理沙のことを知っているだろう?と、訊くおばあちゃん。

 

美来は一瞬ドキッとするが、その方は水原様の幼馴染みで・・・とすぐに答えようとして、

そういう意味じゃないよ」とこれまた応酬され、それは機密事項なのか、美来は絵理沙との関係性を話すことはなかった。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

溜息を吐くおばあちゃん。

 

じゃあ質問を変えようと言って、今度は怜人のことを教えてくれと言い出した。

 

美来は意図が読めず「なぜ?」と質問に質問を返すが、あっさり丸め込まれて、彼女が抱いている怜人像を話し出す。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

水原様は勝手な方です

まさにその通りのぴったりな言葉で、彼の印象の一言目は始まった。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

その頃怜人は、丁度パン屋に着いたところだった。

 

もちろん、客は女性のみで急に現れた救世主候補の水原怜人に、女性たちは無遠慮に視線を送り続け、あっという間に店の外には人だかりができていた。

いつの間にか、麗亜とは別にSPが護衛していてくれたおかげで、目覚めた初日のように襲われることはなかったが、これもまたパシらされたとは言え、勝手な行動には違いなかった。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

そんな怜人のことを、美来はこう続けていく。

「特効薬開発は素晴らしいことですが、健康管理をちゃんとすれば、週に1~2回程度のメイティングは十分可能なはず。

なのに、人類が滅亡の危機に追い詰められている状況で、手っ取り早く人類に貢献できる方法があると言うのに、好きな人がいることを理由に拒否するなんて・・・

本当に勝手な人・・・」

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

と、ダメ男にどうしようもなく惹かれるタイプのような感じで評する美来。

 

 

でも下げてから上げる。

それが彼女の話術だった。

 

でも、なかなかできることではない。

複数の女性に襲われた時は乳首をしゃぶられて感じ、朱音との初対面では一気にのぼせ上がり、私との初対面では腰に手を回しかけました。

そうやって人並に性欲があるにも関わらず、それを抑え込み、人類滅亡の危機を前にして、自分勝手に行動できる。

 

だからこそ、彼なら本当に世界を救えるかも知れない

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

そう話す美来は、尊敬とも恋慕ともつかぬ、憂えるような表情をしていた。

 

 

おばあちゃんは「よく知っているようだね?」と、思ったまんまに訊くと

ずっと・・・あの人を見てますから

と、もう恋する乙女な面持ちで答える美来であった。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

[ad#s1]

 

そんなやり取りがあったとは知る由もない怜人が、パンの入った袋を抱えて病室に駆け込んできた。

それにもういらないと宣言する、ドSなおばあちゃん。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

そして今度は、怜人にこれからも子作りしないのかい?と訊く。

 

怜人は僅かに逡巡し、いずれはするかも知れない。

でも、求められるからするだけで、好きな人はずっと一人ですと言い切った。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

その答えに満足したらしく、おばあちゃんは照れ隠しでそっぽを向きながら、明日はあの人との昔話に付き合ってもらうからね、と言ってついにデレた。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

 

おばあちゃんは怜人が訪ねてきたばかりの時のことを思い出す。

 

絵理沙に彼が来たことを伝え、さっさと駆け落ちしちまいな、と世界を敵に回す甘い言葉をかけていたのだが、彼女は頑なに首を縦に振らなかった。

 

お互いに相手だけだと思っているのを知らないまま、お互いに相手だけと決めていたのだから。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

甘酸っぱすぎて胸焼けがしそうなおばあちゃんは、想い合う若者に幸あれと願いながら眠りについた。

 

 

しかし深夜。

 

何者かが病室にいとも簡単に侵入し、おばあちゃんを亡き者にしようと行動した。

終末のハーレム

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

 

感想

終末のハーレム24話後編でした。

ハーレムシーンはありませんでしたが、美来はデレるし絵理沙はずっとデレてるしおばあちゃんまでデレる、老若デレる回でした。

そして予想通りに、おばあちゃんギリギリでお亡くなりになる展開。

まだ殺されたと決まってませんが、おそらくダメでしょう。おじいちゃんのことを話すと決めたのを知っているのは、怜人一行だけなので、今のとこ一番怪しいのはボッチにさせられたマリアでしょうね。

終末のハーレムを無料で読む方法はこちら

[ad#s2]

-終末のハーレム, エロ
-, , ,

Copyright© 黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想 , 2017 AllRights Reserved.