ゆらぎ荘の幽奈さん69話
ネタバレ感想

雲雀、狭霧、千紗希と続いたバレンタインチョコ渡しタイム。

満を持して、ヒロイン筆頭の幽奈さん登場。

だが、ゆらぎ荘にもまだ渡していない奴らがいた。

 

 

人気ランキング

人気投票のためだけに夏のワンシーンを挟んでから、結果発表!

 

2位に大差をつけて、幽奈さんがぶっちぎりの一位をゲット。

では、いざ本編へ。

 

 

さて、誰にも邪魔されないように、ゆらぎ荘の手前でチョコを渡そうと待ち構えていた幽奈。

 

いざ帰ってきて渡そうとしたものの、なぜかコガラシは川に落ちたとか言ってびしょ濡れでくしゃみをし出すので、渡すのは後回しにしてお風呂へ直行させることに。

 

最初のチャンスを逃してしまったが、まだ大丈夫と次にかける。

 

 

彼が風呂から上がるのを待って、二人きりの状況を作り上げた。

 

さあ、ここで渡したかったが、仲居が夕食の準備をしているところにバッタリ会ってしまい、当然のようにお手伝いしてあげることになってしまった。

 

それはそれでいいが、またチャンスを逃すことに。

 

しかも和の鉄人仲居さんは、しゃれたバレンタインメニューをこさえていたばかりか、自然な流れでコガラシに和風チョコをプレゼント。

幽奈は尊敬と焦りで開いた口が塞がらなかった。

 

 

なら、今度は配膳で二人きりの今渡そうとしたが、いち早くやってきた呑子が胸の谷間からアルコール入りのウイスキーボンボンを取り出し、大胆にも「あ~ん」をコガラシにやり始めた。

 

さすが酔っ払いの大人だと幽奈が驚いていると、コガラシも強引さに負けてお口をオープン。

 

近づく谷間と飲んだくれの指先。

しかし、酔っ払いはあくまで酔っ払いでしかなく、下らない茶番劇の演者にされただけだった。

 

 

3番手は朧。

今日は女子から殿方に「ちょこれいと」を贈る日だと聞きつけた彼女は、懐に忍ばせた棒状のチョコポッキーを見事にコガラシのお口にインさせた。

 

そして流れるように羽織をはだけ、胸を押しつけながらドキドキポッキーキスをしようと、ぽりぽり齧っていく。

 

 

4番手は緋扇かるら。

あれだけのことをしたのに、すっかりゆらぎ荘にじわじわ馴染み始めていた彼女。

 

転送術でスカートをたなびかせながら、こゆず以上のクオリティで自分を模したチョコフィギュアを持ってきたのだった。

 

さっそく食べてくれと言われて、コガラシはお口をオープン。

だが、傍で本人にハアハアやられると、さすがに食べ辛かった。

 

 

そうこうしているうちに、住人が全員揃ってしまい、カラオケ等しながらのちょっとしたバレンタインの宴会が始まった。

 

幽奈が何とか渡すタイミングはないものかとそわそわしているのに気付いたコガラシ。

 

どこまでもイケメンでスタイリッシュな彼は、酒を取りに行くのを利用して、自ら女の子に渡すタイミングを作ってあげた

 

 

またその優しさに惚れ直した幽奈。

 

意を決して、愛を込めたバレンタインチョコを渡した。

それは、いつぞやのうさぎ人形にちなんだ白うさぎ仕様だった。

 

 

全員からチョコをもらえたコガラシ。

 

なんと、今までのバレンタインは霊に取り憑かれて周囲から引かれていたので、これが人生で初めてもらえたチョコなのだそうな。

 

だから、俺なんかがもらえていいのかと恐縮する彼に、幽奈は笑顔で答えた。

 

「いいに決まってるじゃないですか。このチョコがなによりの証拠です。みなさんコガラシさんのことが大好きなんです。

もちろん、私もコガラシさんが大好きです」と。

 

 

包みこむ静寂。

 

それが意味するものに気付いた幽奈は否定しようとするが、誰がどう聞いても間違いなくストレートな告白だった。

 

 

感想

ゆらぎ荘の幽奈さん69話でした。

これにてバレンタインエピソード完ですかね。

次はお雛様か節分か、一気に新学期か。

何かスポーツを楽しむとありますが、おそらくアレに違いないでしょう。