最新おすすめコミック

辱断罪14話ネタバレ感想

恭子と相対した勝巳だったが、彼女は彼の言葉に聞く耳持たず、さらに薬を打とうとする。

その時、勝巳の助手がこのビルの傍まで辿り着き、調査を開始していた。

そのおかげで恭子はその場を離れ、勝巳はまた時間を稼ぐことができた。

 

 

14話

ビルの周りをうろついていた助手に恭子は接触した。

 

「あなた、さっきからこの周りをうろついているようだけど、何か御用かしら」

そう話しかけて、恭子は胡散臭そうに目を細めた。

 

助手は突然声をかけられても驚かず、冷静に訊き返した。

「あなたは、このビルの所有者さんですか?」

「ええ、そうですけど」

 

不審者がいると連絡が来たので、見回りに来たと話す恭子。

助手をじろじろと観察して、確かにこれは怪しいわねと遠慮なく言う。

 

助手は何と言われようとペースを崩さず、探し物をしていて、この辺りに運ばれたのは確かなんだと伝えてみた。

おそらく、このビルの中にあるんじゃないか、と。

 

恭子はそれをすぐに否定した。

 

「あなたの探しているなんて、ここにはいません」と。

助手はそう言われて、大人しく引き下がることにした。

 

もう一度「ここにはないんですね」と確かめると、「ええ、そんな人知らないわ」と言われたので、その場を離れた。

 

探し物をしている。

ここにあると思う。

そう言っているのに、所有者だと名乗る女は、そんな「人」はいないと当たり前のように答えたことから、助手はここに勝巳がいると確信した。

 

 

恭子は、自分が迂闊な発言をしたとは気付いていなかった。

 

また装束に着替えて、勝巳がいる部屋に戻った。

 

「お待たせ」

「随分遅かったじゃねーか・・・こりゃ、俺の助手がけっこう頑張ってくれたかね」

と、勝巳は隠すことなく話した。

 

だが恭子は、その人ならちょっと話しただけであっさり引き下がったわよと、儚い希望も消え失せたことを何でもないように告げた。

 

それに勝巳は「残念」と微笑み、左手を強く握りしめた。

 

[ad#co-1]

 

恭子は注射器を手に取った。

「もし意識が戻ったら、伽の続きを楽しみましょう」

そう言って、勝巳の右腕に針を刺そうとした。

 

その瞬間、部屋の電気が消えて真っ暗闇に包まれた。

 

パニックに陥る女たち。

「ガチャン!!」

薬が割れる音が響き、さらに女たちはパニックになる。

 

今度は「ドン!」と大きな音がどこからか聴こえてきた。

 

外からライトを持ってきた一人の女が部屋の中を照らすと、動けないはずの勝巳がいなくなっていることに気付いた。

 

「いない・・・じゃない・・・もしかして、さっきの大きな音って・・・」

慌てて廊下に駆け出した恭子は、ビル全体の電気が落ちていることも分かり、プルプルと身体を震えさせ始めた。

 

冷や汗をかきながら指示を待つ女たちに、「あの男を・・・捜すわよ」と言った。

 

 

感想

辱断罪14話でした。

これは恭子が余裕をぶっこき過ぎましたね。

助手が特別、相手にボロを出させようとした訳でもないのに、勝手に喋ったことからも、クールぶってても余裕がないことが分かります。

さて、勝巳は何を握っていたのか?ただ身体がどれくらい動くか確かめただけなのかも知れませんが。

辱断罪を無料で読む方法はこちら

[ad#co-4]