恋のツキ 恋愛

「恋のツキ」無料ネタバレ感想1巻。三十路女が高校生に口でしてあげて始まる恋

恋のツキ

更新日:

恋のツキ1巻ネタバレ感想

平ワコ・31歳。

レトロな映画館でバイトしている彼女は、付き合って4年になる彼氏がいる。

でも、惰性で付き合っているように感じていた彼女は、ある一つの出会いにトキめいて・・・

 

 

平ワコ 31歳

年上のリサを姉のように慕って、ワコは今日も一緒に遊んでいた。

 

欲しいモノが出るまでガチャガチャを大人買いならぬ大人回しで回して、レアアイテムをゲットして運が来ているとほくそ笑む今日この頃。

 

 

家に帰れば、同棲して3年の彼氏・ふぅくんと熟年夫婦のようにトキメキのない時間を過ごす。

 

それはそれでかけがえのない幸せなんだろうと思えなくもないが、フェラするのも作業みたいな感じで、ただ、もう31だからずっと一緒にいるんだろうなと思っていた。

恋のツキ

著者名:新田章 引用元:恋のツキ1巻

 

 

 

そんなある日、バイト先の映画館に右腕にギプスをした若い男の子が観に来た。

 

見た目はドストライクで、履いてるスニーカーまで一緒で、運命と思いたくなる相手だった。

 

でも、彼の学生証が落ちているのを拾ってみたら、ピカピカ高校一年生の15歳だった。

 

しかも、返すタイミングはあったのに、思わず懐に忍ばせてしまったのだ。

 

 

ふぅくんは夏祭りに誘っても、めんどくさがって一緒に行ってくれない。

 

だから、学生証を探しに来た彼にないと嘘をついて、見つかったら連絡するとスタッフ権限を利用して、お互いの連絡先を交換した。

恋のツキ

著者名:新田章 引用元:恋のツキ1巻

 

 

伊古ユメアキ・15歳

その流れで、転校して来たばかりだと言う彼を彼氏に断られた夏祭りに誘って、一夜の思い出にするつもりで、久しぶりのトキメキを楽しんだ。

 

左手でもやりやすいくじ引きを引かせてあげると、運がいいのか悪いのか、抱き枕を引き当てた伊古くん。

 

片手で持って帰るのは厳しいし、引かせてもらっただけだからと言って、抱き枕を譲られたワコは、しっかり抱えて彼氏の待つ部屋に持って帰ることに。

 

別れ際には、スニーカーが昨日から一緒ですねと指摘され、さも今気付いたように拙い演技で驚いて見せるワコだった。

恋のツキ

著者名:新田章 引用元:恋のツキ1巻

 

 

そんな夜に限って酔って帰ってきたふぅくんは、欲望のままに彼女の中に挿入してくる。

 

 

それから、学生証が見つかったから抱き枕のお礼に一緒に映画でも観ましょうと誘って、彼氏には嘘をついてデートすることにした。

 

普通におもしろかった映画を観終わって、どこかで涼もうかと言う時、世間話程度に年齢を聞かれて、もうなるがままに任せて、正直に「31歳」って答えた。

恋のツキ

著者名:新田章 引用元:恋のツキ1巻

 

 

その直後、彼がいきなり通行人のけんかを止めに入ったりするから、それも勢い任せでワコが彼を止めようとすると、女性が入ってきたおかげか、けんかは治まった。

 

その後カラオケに入って、驚いてバクバクしている心臓を抑えようとしながら、さっきの話の続きで、31歳だけど結婚もしてないし彼氏もいないってまた嘘を吐いてしまう。

 

伊子くんは女性と二人きりなのに緊張していたらしく、それが可愛く見えて距離を詰めると、すぐに股間が膨らんでいるのが分かった。

 

そんな雰囲気になったから、指でズボンの上からなぞって、チャックを下ろして、半分以上も年下の男の子のを口でして出させてあげた

恋のツキ

著者名:新田章 引用元:恋のツキ1巻

 

 

なのに、しっかり勃起して、しっかり出したくせに、彼は慌てて部屋から飛び出していった。

 

 

これも年齢差で怖がらせてしまったのかも知れない、なんて思うと帰りには憂鬱な雨が振ってきた。

 

また、そんな日に限ってふぅくんは気を利かせてカレーを甘口で作ってくれていたから、罪悪感に押し潰されそうになる前に甘えて、お風呂で洗ってあげてからそのままして、伊子くんで昂ぶった性欲を静めた。

恋のツキ

著者名:新田章 引用元:恋のツキ1巻

 

 

4年間で蓄積した安心感と愛情を改めて感じたのに、逃げ出した彼から謝りとまた会いたいですってメッセージが来たことに、どうしようもなくトキメキを感じて、結局一夜の思い出にできずにアドレスは消せなかった。

[ad#co-1]

 

4年前に別れた彼氏には、ずっと二番目にされていた。

 

人生でずっと誰かの一番にも何かの一番にもなれなかったワコは、そのキツイ失恋後は、選ぶ資格も選ばれることもないだろうと諦めていた。

 

でも、ふぅくんが暗い底から引っ張りあげてトキメキいっぱいの告白をしてくれたから、それがずっと続くと思っていた。

恋のツキ

著者名:新田章 引用元:恋のツキ1巻

 

 

でも、そうじゃなかった。

 

 

そんな風に揺れ動いているから、遠回しに浮気の相談をしていた同僚のソバカス娘の水野さんには、しっかりワコ自身のことだってバレていた。

 

水野さんはあくまで客観的に的確に、核心をついてくる。

 

彼氏には妥協だらけ。それなりに好き。

伊古くんはそこまで本気じゃない。

でもそれは、相手が半分以下の年齢で、性欲満載の高校生で、一回フェラしただけで。

だから、彼氏と別れて本気になるのが怖かっただけだ。

 

 

その日の仕事終わりに、珍しくふぅくんから飲みのお誘いがあった。

 

共通の友達のリサさん夫婦もいる席だから是非と言われて、電話口から嫁は来るのか?って訊く声が聴こえてきて、単純に嬉しくなってOKした。

恋のツキ

著者名:新田章 引用元:恋のツキ1巻

 

 

行くって約束したし、伊古くんは性欲だらけの猿だって思うことにしたけど、あのカラオケ以来に伊古くんが映画館まで会いに来たから、ほんの少しだけ話してから、飲みに行こうと思ったのに、気付けばあのお祭りの夜に行った神社で座って話しこんでしまっていた。

 

 

彼氏には他に約束があったと嘘をついて、一緒にいられる準備を整えた。

 

年の差なんか関係なく、一緒にいて楽しい。

今の平さんは十分魅力的で、彼氏がいないなんて信じられない。

 

そんなことを言ってくれるから、自分から手を繋いで、ホテルへの道を歩いていた。

恋のツキ

著者名:新田章 引用元:恋のツキ1巻

 

 

ふぅくんには、同僚のソバカスの子と飲み明かすって嘘を吐いて、コンビニでお酒も買って、ホテルのベッドの上に寝転んだ。

 

ボタンを下から外してくる伊古くん。

キスして昂ぶってきて・・・

恋のツキ

著者名:新田章 引用元:恋のツキ1巻

 

 

なのに、幸か不幸か、予定日じゃないのに生理がきてしまった。

 

でも、凹んでいる彼を見ているとしてあげたくなって、3回口の中に出させてあげた。

 

 

それで、「僕のこと好きですか?」って訊かれたから「好き・・・だよ?」って答えると、当然のように「付き合って下さい」って言われたんだ。

 

 

感想

恋のツキ1巻でした。
面白度☆7 優柔不断度☆8

「あそびあい」よりかはソフトでした。

まあ付き合って4年、同棲して3年も経てば色々遠慮がなくなって当たり前が増えて、トキメキが消えても仕方ない。

だから、他の出会いが新鮮に見えるのは分かります。

その3年の中に、思いやりと愛情も一緒に蓄積されていたかどうかが別れ道ですね。

で、この二人にはそれが確実になくなっていったわけです。

恋のツキを無料で読む方法はこちら

[ad#co-4]

試し読み検索はこちら

-恋のツキ, 恋愛
-, ,

Copyright© 黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想 , 2017 AllRights Reserved.