すんどめ!!ミルキーウェイ1巻
ネタバレ感想

すんどめ!!ミルキーウェイのネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

そこそこイケメン、でも童貞。

とにかく女とヤリたくて仕方ないが、ただヤリたいだけで愛はなし。

そんな主人公のもとに、突然もろタイプの美少女が現れたのだが・・・

 

 

佐倉義武

食品メーカーに勤める25歳。

顔は悪くないが、女に対してはヤルことしか考えていない猿男なので、女の子は引いてしまい、童貞街道を順調に走っている最中である。

 

これから夏本番という七夕の日。

夜道を車で走っていると、空にUFOが飛んでいるのに見取れてしまい、ガードレールを突き破って崖下に転落。

 

これでTHE ENDだと覚悟したのだが、気付けば自分の部屋のベッドで寝ていて、隣にはおっぱい丸出しの美少女がいたのであった。

 

 

ルネ

なんちゃらかんちゃら・・・ルネ。

略してルネ。

スポポポン星からやって来た宇宙人である。

 

地球人の女の子に擬態している時は、義武ドストライクの美少女でスタイルも最高である。

しかし、恥ずかしさが限界を超えると、元の宇宙人に戻ってしまう厄介な弱点がある。

 

その姿は、某有名SF映画に出てくるエイリアンそっくりなので、ガチガチになっている義武のあそこも瞬時に萎えてしまう。

 

そんな彼女が地球にやってきた目的は、スポポポン男子が絶食系になってしまい、種が絶滅の危機に瀕しているため、相性のいい地球人男性との子を身篭りに来たのであった。

 

 

1話

そんなこんなで事故から目覚めた義武は、隣に美少女が胸を丸出しで寝ているのにびっくりしつつも、千歳一隅のチャンスの誘惑に抗う気配も見せず、ぷるぷる揺れる未知の世界を体験しようと手を舌を伸ばそうとする。

 

しかし、その卑猥な感触で目を覚ましたルネは、恥ずかしさのあまり正体を現してしまうのである。

すんどめ!!ミルキーウェイ

著者名:ふなつかずき 引用元:すんどめ!!ミルキーウェイ1巻

 

 

 

ただ、しばらく経てば地球人の姿に戻るので、そうなったらもう義武の前に壁はなくなる。

 

シャツのボタンを引きちぎって張り良し、大きさ良し、形良し、色良しのパーフェクトな胸にむしゃぶりつき、すぐさままんぐり返しで下着を捲ろうとした瞬間、やはりそこでスポポポン星人に戻ってしまう。

 

だがさすがの彼も、美少女の姿で涙など見せられては追い出すこともできず、彼女が住むことを許し、どうにかこうにか彼女が元の姿に戻らないように頭を捻って、エッチ本番でぶちこもうと頑張るのだった。

すんどめ!!ミルキーウェイ

著者名:ふなつかずき 引用元:すんどめ!!ミルキーウェイ1巻

 

 

2話

どうにか童貞を卒業して、とにかくヤリまくりたい義武。

どうにか義武とエッチして子種を授かり、母なる星に持ち帰りたいルネ。

 

そんな二人のセクシャル共同生活は、やはりルネの弱点で目的をなかなか達成できずじまい。

 

 

そんな時彼は、会社の先輩のモテモテくそ野郎に相談してみた。

 

すると、くそ野郎のイメージ通り、いかがわしいドラッグを飲ませれば、もうエロエロな気分120%になって、恥ずかしがり屋の女の子も勝手にズブズブの濡れ濡れ状態になってくれるから、余裕でヤレちゃうよ!とナイスアドバイスをしてくれる。

 

彼もただヤリたいだけなので、そのクソなアイデアに乗ってドラッグを買うことにした。

 

 

だがしかし、その日帰宅してみれば、ルネは裸エプロンでお出迎えしてくれ、知識もなにもないくせに料理をせっせと拵えようとしてくれていた。

すんどめ!!ミルキーウェイ

著者名:ふなつかずき 引用元:すんどめ!!ミルキーウェイ1巻

 

 

その時、包丁がシンクからするっと落ちて彼女の足の上に真っ逆さまにダイブ。

 

ギリギリ彼が押して怪我せずに済んだが、こけた彼女のバックショットが目の前に現れ、何もかも丸見えになっていて、また擬態が解けてしまうのであった。

 

 

そして、出来上がったただのインスタントラーメンを啜りながら、彼女はただ子種を授かれば良いと言うのではなく、お互いを知り、絆を深めてからヤルことをヤリたいと、可愛いことを言ってくれる。

 

それで彼も、その想いに応えてやりたくなって・・・

 

 

3話

そろそろルネ用の服を用意してやろうと思い、ショッピングに出かけた二人。

 

可愛らしいワンピースを買ってあげて、店で着替えさせて、ありがとうございます、どういたしまして。

で、終わる訳がなく、膝上がそこそこ高いワンピースなのに、今日はノーパンで過ごせと命令を下す義武。

 

もちろんそれは、彼女の恥ずかしがりのハードルを高くする訓練なのだ。

すんどめ!!ミルキーウェイ

著者名:ふなつかずき 引用元:すんどめ!!ミルキーウェイ1巻

 

 

 

そんな時に、あの手この手でカメラを仕込んでいる盗撮魔がショッピングモールに現れ、女性客のパンチラ胸チラを撮りまくりながら、ルネにフォーカスを当てた。

 

そんな奴がいるなんて知る由もなく、ブラブラ見て回っている二人。

 

しかもルネはすぐに気が抜けて、自分がノーパンであることを忘れて、無防備な体勢をしまくっていた。

 

 

せっかくいい案のトレーニングなのに、本人が目的を忘れていては意味がない。

 

悪ノリした彼は映画に誘い、カップルシートをゲット。

 

彼女が夢中になってスクリーンを観ている隙に、そろそろと太ももに手を伸ばして、そのままスカートの中に侵入。

ルネが元の姿に戻るか戻らないかのギリギリを攻めているうちに、彼女も気持ちよさに足が開いていく

すんどめ!!ミルキーウェイ

著者名:ふなつかずき 引用元:すんどめ!!ミルキーウェイ1巻

 

 

薄い恥毛の奥にある、硬くなった一粒。

 

映画のクライマックスと共に、彼女の足は完全にシートに乗せられていたのだった。

 

もちろん、まだ盗撮野郎はルネを諦めていなかった・・・