黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想

黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想

生贄投票 デスゲーム

「生贄投票」無料ネタバレ40話&41話。妻はおっさんに股を開き夫は風俗で制服プレイ!

生贄投票

更新日:

生贄投票40話ネタバレ感想

今治が勤める高校で、再び恐怖の生贄投票が始まった。

しかも今回は、投票するのは教師で選ばれるのは生徒。

聖職者として無視することに決めた大人たちだが、果たして・・・

 

 

40話

投票結果が発表されるまで残り数時間。

結局何も対策を取れないまま、時間だけが過ぎていった。

 

今治はクラスの中で孤立している飯島のことが気がかりだったが、それは彼の中学時代からの親友の富と、最近になって急に二人の仲が険悪になったことが大きな原因だろうと分かったが、生徒の抱えている問題に向き合っている内に、結果発表直前になっていた。

 

 

クラスから逃げるように校内を歩いていた飯島を、富が待ち伏せていた。

 

富は呆れ返った表情を隠しもせず、溜息を吐いて言う。

 

「いいかげんにしろよ。クラスのみんなが待ってるぞ。

 もう、これ以上俺を失望させるな

生贄投票

著者名:江戸川エドガワ 引用元:エブリスタ

 

 

その時、授業の開始を告げるチャイムが鳴ったが、二人はまだ動かない。

 

富の言いたいことが分かり、飯島は何か言おうとするが、富は彼の肩に手を置いて遮った。

 

ごめん言い過ぎた。

 俺だって本当は、昔みたいに仲良くしたいんだ

 

そう言いながら、富は彼の目をしっかりと見つめてきた。

 

しかし、純粋にそう思っているとは思えない、何かを探るような目の色に、彼はじわじわと顔に汗が噴き出してくる。

 

 

やはり様子がおかしい富を放っておけず、胸倉を掴んで

「一体どうしちまったんだよ?」

と、切実に心配していることを伝えた。

 

しかし彼は、かつて唯一無二の親友だった過去などなかったかのように冷たい目をして、

お前は知らなくていいことなんだよ

と囁いた。

生贄投票

著者名:江戸川エドガワ 引用元:エブリスタ

 

 

 

一体何が富をここまで変えたのか分からない彼は、これ以上何を言っても無駄だと思い、背中を丸めて踵を返した。

 

結果発表まで残り30分。

 

 

飯島の件も生贄投票も何の進展もないことに、今治は焦りだけが募っていた。

 

対象の2-Cでは、服巻が英語の授業をしていた。

 

生徒たちは授業中に、クラスで作ったグループラインで、飯島はどうなっているか密かに情報を回していた。

 

彼に接触した伊賀が

もう少しだと思うよん

と送信すると、登録メンバーが次々にスタンプで「了解」の意思を示していった。

生贄投票

著者名:江戸川エドガワ 引用元:エブリスタ

 

 

 

授業終了のチャイムが鳴ってすぐ、今治は2-Cに顔を出し、飯島がいるか確認しに行くが、服巻に早退したらしいと教えられる。

 

ならもう一度金山から話を訊こうとするが、すぐにそっぽを向かれて取り付く島もなかった。

 

その直後、校内放送がジャックされ、ネオ生贄くんの声が流れ出した。

 

「みんなー!お待たしぇー!

 ぎゃははははは!

 12時になったので、投票結果の発表を行うよ!

 ぎゃはははは!」

 

間違いなく生贄くんの声だったが、何が始まろうとしているのか分からない生徒たちは戸惑いの表情を見せるばかり。

これからどんな恐ろしいことが起きるか知っているのは、今治一人だけだった。

生贄投票

著者名:江戸川エドガワ 引用元:エブリスタ

[ad#co-1]

 

「手元のスマホを見てくだしゃい」

 

ふざけた口調はそのままに、生徒たちは声に従ってスマホに目をやっていく。

 

すると、勝手にアプリがインストールされていて、気味の悪いマスコットキャラが不気味な笑顔を貼り付かせていた。

 

 

急に始まった校内放送に瀬戸が廊下に出てきて、少し困惑している様子の服巻に声をかけた。

 

「なんです、いったいこれは?」

「誰かのいたずらのようですが・・・」

そう返す彼の顔には、一筋の汗が流れていた。

 

 

アプリに生徒の一覧写真が表示され、先生に選んでもらった投票結果が発表されようとしていた。

 

職員室にいる教師たちは慌てるばかりで、何も行動することができないでいた。

それでも、結果発表は待ってくれない。

 

「その結果発表は・・・飯島直人くんに一票入っちゃいましたー!」

生贄投票

著者名:江戸川エドガワ 引用元:エブリスタ

 

 

 

教師全員は無視することで共通認識を持っていたはずなのに、なぜか飯島に一票入っていた。

 

しかし、選ばれた以上社会的死を与えようと思う。

そう生贄くんは言いかけたが、いきなり恐ろしい形相になって怒りを露にし始めた。

 

先生に投票をお願いしたら、誰も投票せず無効になると思ってたんでしゅが、

 飯島直人に一票投じたヤツは、聖職者としてどうかと思いましゅよねー

生贄投票

著者名:江戸川エドガワ 引用元:エブリスタ

 

 

確かに尤もな事を言い始めた。

 

首謀者側の身勝手な理屈には違いないが、無視すると決めたはずなのに、教師の誰かがその約束を破り、あまつさえ自分が教える生徒を陥れようとした事実は見逃せない。

 

 

そして、その教師の名はあっさり明かされた。

 

「ねえ、服巻正臣先生」

生贄投票

著者名:江戸川エドガワ 引用元:エブリスタ

 

 

余裕を持った態度で生贄投票をバカにしていた彼が、投票した犯人だった。

 

自分の保身のために可愛い生徒を生贄に差し出した彼。

 

「こんなゴミ教師には、制裁が必要でしゅ!」

 

6年ぶりの生贄投票最初の生贄は、教師の服巻だった。

[ad#co-2]

 

41話

「ゴミ教師には制裁を。

 飯島直人に一票を投じた教師は服巻正臣先生でしゅねー!」

 

飯島に投票したのは服巻だった。

 

今治が顔を覗きこむと、彼は冷や汗をだらだら垂らしながら、何ともいえない薄ら笑いを浮かべていた。

生贄投票

著者名:江戸川エドガワ 引用元:エブリスタ

 

 

 

生徒達もスマホを見て、教師が我が身可愛さに生徒を売った事実に騒ぎ始める。

 

しかし、飯島を毛嫌いしていた服巻ならやりかねないという空気がなくもなかった。

 

 

素早く放送室に乗り込んだ教師陣が今治たちのところにやってきた。

 

だが、放送室には誰もおらず、常に鍵をしている状態のはずなのにと困惑していた。

 

セキュリティの問題を考え直すのも必要だが、今はこの騒ぎを鎮めるために、とりあえず服巻を生徒の目が届かない職員室へ動かしたかった。

 

しかし彼は、この期に及んで濡れ衣だと言い出し、投票などしていないと答えた。

 

服巻の真偽どうこうより、今ここで彼にごたごたい続けられると、騒ぎが大きくなるだけなので、神庭はまず職員室にと促すが、彼は強気で押せばなんとかなると思ったのか、生徒たちの悪戯と決め付けて、スマホを回収しましょうとまで言い出した。

 

あっけにとられる同僚や生徒達の姿が見えていないかのように、またIT関係の友人を持ち出し、演説気取りでこんな他人を貶める行為は断じて許せないと、周りの共感を得ようと躍起になっていく。

生贄投票

著者名:江戸川エドガワ 引用元:エブリスタ

 

 

 

すると、急に生贄くんが歌い出した。

 

自分自身の可愛さに~教師が嘘をつく~

 

その直後、スマホの画面が動画再生に切り替わった。

 

 

場所はおそらく服巻の家のリビングだった。

 

ソファに座ってスマホをいじっている彼は、自分が受け持っているC組の生徒の名前を一人ずつ挙げながら、

こいつはだめだ。

何考えてるか分からない。

終わってる。

性根が腐ってる。

こいつらみんな糞だけどな飯島、お前が一番の糞だよ。

 

そう言った時に、スマホの画面をタップしていた。

生贄投票

著者名:江戸川エドガワ 引用元:エブリスタ

 

 

 

そこで画面が変わり、また生贄くんが出てきた。

 

「はい、ここで投票しちゃったんですね~

 投票してないと嘘をつく~受け持ち生徒を糞呼ばわり~

 今日もニコニコ授業してましたけど~本当の顔はどっちでしゅか~」

 

 

笑顔の裏に潜む顔を暴露された彼は、まだどうにか切り抜けようとして「酔ってただけだ」と言い訳するが、生贄くんは許さず、制裁を下す宣言をした。

 

すると、また画面が動画再生に切り替わる。

 

妻の場合」のタイトルで始まった動画は、服巻の妻の桜子がどこの誰とも分からない中年男と不倫している現場だった。

しかもそこは服巻家なのか、旦那が帰ってきちゃうと妻は甘い声を出していた。

生贄投票

著者名:江戸川エドガワ 引用元:エブリスタ

[ad#co-3]

 

その次は「夫の場合」の動画が始まった。

 

この高校の制服を着たおばさんの足を、服巻が舐めている。

心底嬉しそうな顔で、君には教育的指導が必要だなーと笑っておばさんといちゃついていた

生贄投票

著者名:江戸川エドガワ 引用元:エブリスタ

 

 

 

気持ち悪過ぎる性癖を見た生徒たちは、口々にキモっと容赦なく彼を追い込んでいく。

 

その時、「シャラーーーーーップ!」といきなり彼が叫び、妻の不倫を責め始めた。

 

もう完全に開き直り、風俗の女に制服を着せて何が悪いんだと、生徒に詰め寄り出す。

 

 

落ち着かせようとする同僚にも声を荒げているうちにまた画面が変わり、

「これはW不倫でしゅねー!

 この子は本当に服巻先生の子供かなー?」

と、しつこく煽る。

生贄投票

著者名:江戸川エドガワ 引用元:エブリスタ

 

 

 

追いつめられた彼は「シャラップ!」を連呼しまくったあと、次第に大人しくなった。

 

投票はまた一週間後。

 

生贄くんの邪悪な笑顔で閉じられた第二次生贄投票一回目が終わり、今治はあの時と同じことが繰り返され出した事に恐怖した。

 

だが、神庭は至って落ち着いていた。

 

 

服巻は早退し、校長が教育委員会に報告したことが全教員に伝えられた。

 

神庭は生贄投票のアプリが削除できないのを確かめると、職員室にいた教師全員にスマホの電源を切るようお願いした。

生贄投票

著者名:江戸川エドガワ 引用元:エブリスタ

 

 

犯人はスマホのスピーカーやカメラから監視している可能性が高いので、これからする話を聞かれないようにしてもらいたいと説明し、今治も彼に続いてお願いすると、教師たちは訝しみながらも従った。

 

 

また一週間後に投票が行われるはずで、犯人の狙いは我々教師で、目的は我々の破滅だと思われますと彼は宣言する。

 

今治も同じ考えだったが、教師を狙う理由に心当たりがなかった。

生贄投票

著者名:江戸川エドガワ 引用元:エブリスタ

 

 

感想

生贄投票40話と41話でした。

誰か一人くらいは投票するとは思ってましたし、いかにも投票しそうな奴がしてて、同情する気持ちは皆無ですね。

まあ、今治に自分の価値観を押し付けようとした時は、かなり気持ち悪かったので、彼に何が起こるかは楽しみです。

41話は予想通り妻の不倫で、何の驚きもなかったのが残念。

生贄投票を無料で読む方法

[ad#co-4]

-生贄投票, デスゲーム
-, , ,

Copyright© 黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想 , 2017 AllRights Reserved.