終末のハーレム番外編
ネタバレ感想

終末のハーレム修正前最新話までの番外編のネタバレと感想とエロ画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

各番外編は更新順に掲載。

 

怜人、恭二、翔太。

三者三様の男たちには、それぞれ何人かのお決まりの女の子たちがついている。

担当官、ナース、ボディガード、先生、女子高生、女優、そして妹・・・

「終末のハーレム」無料最新話までの全話ネタバレ修正前。規制解除版を大特集!

「終末のハーレム」無料全話最新話までの修正前ネタバレエロシーン特集!

 

番外編1 怜人ガールズの入浴

まひると翠は絶対死守される方向が、この時から決まっていた様子。

 

怜人ガールズたちは、メイティング候補が自由に入れる大浴場に来ていた。

 

なかなか意匠を凝らした内装と開放感に、まひるは一目散に走り出してまだまだ子供であることを見せつける。

 

 

付き合わされた形の美来は多少のめんどくささを感じているようだが、ちっちゃいことは気にしない朱音が、まだ付き合いの浅い彼女を宥める。

そして、特殊訓練を受けたせいか平坦寸胴な体つきをしている翠は、残酷な格差社会に言葉もなかった。

 

 

 

さて、4人仲良く並んでガールズトーク。

お題はもちろん、怜人のこと。

 

彼を誘惑するポーズは考えた?などとまひるにも訊くが、一体妹にまで何をやらせるつもりなのか?

 

 

しかし、まひるもまひるで、兄に女として見られていないことに多少なりショックを受けているようなので、これはいよいよ禁断の領域に入りそうな予感。

 

美来はいつでもどこでもポーカーフェイスで真面目に考えていて、お団子にした髪形が新鮮で悪くない。

 

 

 

と言うことで、朱音指導の下、世の女性たちに連綿と受け継がれてきた、男性を欲情させるポーズを模索し始める。

 

 

他の女性たちの変質者を見るような目線にも気付かず、もうただの自己満足の世界に浸っていくのだった。

 

 

そして、マジックミラーの向こうから見られている可能性も忘れていた。

 

 

北山玲奈ヌードグラビア

ナンバー1、火野恭二のお気に入りの女優・北山玲奈。

 

初メイティングでは映画の衣装を着せられたままヤラれたりと、かなり刺激的な出会いを果たした彼女。

 

もちろん売れっ子女優なので、必要性があれば肌を見せることも厭わない。

 

 

今回は、水着を着たバージョンと、ノー布状態の2パターンを披露してくれた。

 

ポージングは変わっていないので、どこが違っているのか間違い探しをしてみよう。

 

水着バージョンからヌードバージョン。

 

 

翔太ガールズのプロフィール

羽生柚希

アラサーで身長高め。

94という爆乳ながら、ウエストはキュッと締まっている不二子ちゃん並のスタイル。

 

 

柊春歌

均整の取れたスレンダーボディで、翔太とは趣味が一緒で話が合う。

ファッションにはこだわりを持っている。

 

 

一条奈都

ゆるふわな雰囲気はお嬢様育ち故、醸し出されている。

クラスの中で最初に翔太とヤる権利を勝ち取ったのは、彼女自身の力だった。

 

 

東堂晶

巨乳を揺らして宙を舞う、バレー部のエース。

翔太に見せる乙女の顔が普段とのギャップが大きくて堪らない。

 

 

黒田・レイン・ちふゆ

多くが未だ謎に包まれたちんまい天才美少女。

運動神経のパラメータは中心に近いが、それを認めようとしないところは、年相応のお子様か。

 

 

 

ゆず先生

 

アニメ好き

 

 

ゆるふわお嬢様

 

 

巨乳バレー選手

 

 

天才美少女

 

火野恭二の肉欲の日々

火野恭司が5年もの長い眠りから覚めた直後、待っていたのは裸の女性たちだった。

 

担当官の石動寧々子という女性から聞いた話では、現在地球上で活動可能な男性は、彼も含めたったの5人。

謎の男殺しウイルスにより人類は滅亡の危機にあると聞かされた後で、残された男性の役割が子作りだとも知らされ驚愕しながらも、ズラッと並ぶ女性たちを見せられては、信じない訳にはいかなかった。

 

 

 

平凡なフリーターだった彼を、突如とし蝕んだ細胞硬化症だったが、不幸中の幸いにもその病のおかげで人類の希望の一人となって、ハーレム生活に突入することになったのだ。

 

 

石動に言われるまま、コールドスリープから目覚めてからは、メイティング希望者と毎日のように交わり、一度に二人三人とすることもあった。

 

かと言って、一日中腰を振っている訳ではない。

 

朝は9時頃には起きて朝食を軽く摂り、健康状態をチェックしてもらってから、自由時間が与えられる。

 

 

その時は一発女の子とヤッたり、同じ救世主候補の怜人とボーイズトークを楽しんだりする。

 

 

 

そんな風にメイティングが日課の毎日に少し飽きてきた頃、昼食に出たパスタの味に懐かしさを感じた。

 

それもそのはず、作ってくれたのはかつてバイトしていた店の同僚だったリカ先輩だった。

 

 

向こうもしっかり火野のことを覚えてくれていたようで、セクシーなミニスカと黒タイツに包まれたムチムチの足を見せながら、笑顔で夜のお誘いを催促してくれる。

 

 

 

さて、昼食後のまったりタイム。

 

久しぶりに会ったリカ先輩との淡い思い出を振り返る青年、火野恭司。

 

仕事中に割れた皿を触って、手を怪我してしまったとき、先輩は「もっと自分を大事にしなさい」と叱りながらも、優しく包帯を巻いてくれたっけな・・・と思い出していた。

 

 

その日の午後は、ツインテロリ風巨乳とテニスで汗を流した。

 

 

さすがにメイティングだけでは、運動不足は否めないのだ。

 

そしてその後は、運動でかいた汗を流すために、運動相手のパートナーと一緒に汗を流すのだが、そのまま欲望に負けてもっと汗をかかないように注意しなければならない。

 

 

だって、運動して程よく疲れてからシャワーを浴びてスッキリし、精がつく夕食を摂ってから夜を頑張ると決めているのだ。

 

 

でもその日はいつもとは違っていた。

 

リカ先輩とツインテがかち合い、相性の悪い二人を交えての夕食はなんとも気まずかった。

 

二人とも今夜がいいと譲らない。

 

明日はすぐにやって来るのに待ちきれないのは、丁度今日が排卵日だからだという、デリケートな事情が絡んでいるらしかった。

 

 

先輩は今夜じゃなきゃメイティング希望を取り下げるとまで言い出し、火野は我がままな女の子二人をどうやって納得させようかと、お気に入りの玲奈のマッサージを受けながら考えを巡らせていた。

 

 

そこで思いついたのが、単純に3Pだった。

 

しかしもちろん犬猿の仲の二人は一緒くたにされてご機嫌斜めで、ベッドを前にしても二人は嫌だ嫌だと喚き散らし始める。

 

いい加減めんどくさくなった火野は、まずツインテに強引なキスをぶちかまし、無理矢理黙らせた。

 

 

それを赤い顔をして見つめている先輩も抱き寄せ、「先輩が自分を大事にしなさいって言ってくれたように、今俺は、二人とも抱きたい欲求を大事にする」と男らしく宣言し、メスの顔になり出した二人を抱いた。

 

 

 

数日後。

偶然また3人が擦れ違ったが、相変わらず女子二人は険悪な模様。

 

しかし火野は仲の悪い二人が一緒に乱れていた姿を思い出すと、今も興奮していた。

 

そして密かに、犬猿の仲の二人は仲良くなっていたのだった。

 

翔太ガールズ入浴タイム

入浴シーンはなく、お風呂上りの脱衣場から始まる番外編。

 

一条は火照った顔で「いい湯でしたね~」とリラックスしきっている。

 

 

それに悪戯心を刺激された柊が、まだまだ成長中の一条の胸を後ろから鷲掴みにして、嫉妬するでもなく柔らかさを堪能し始める。

 

 

やめて~と言われても放さずに、やはり群を抜いて大きな東堂の胸に目が吸い寄せられる。

 

 

東堂は二人がじゃれ合っているのにも構わず淡々と下着を身につけるが、ちふゆは倒すべき年上のお姉さんの、とんでもない大きさに顔を顰めていた。

 

 

そのうち柊のテンションが上がり、翔太のためにセクシーショットを撮ろうと言い出した。

 

柊と一条は胸を押し付け合い、東堂は恥ずかしがる。

 

ただ、こんな時でもちふゆは自信満々で足をおっ広げて、未熟な身体をさらけ出していた。

 

 

そこに、タイミングを見計らってカレンが翔太を連れてきた。

 

まさか女湯だとは思わなかったし、東堂が尻を突きだして迎えてくれるとも思わなかったので、二重にびっくりした。

 

 

ただ、ちふゆは翔太を前にしても自信満々なままだった。

 

 

翔太ガールズカラーバージョン

奈都はやはり、箱入り娘のせいか肌が白いようだ。

 

 

 

二人をよそに、晶は真っ赤な下着を身に着けていく。

 

 

 

水色、ピンク、赤に白でハイチーズ!

 

 

そして、カレンのグッジョブで翔太がやって来るのだった。

 

 

各担当官新年のご挨拶

2018年が始まり、クロエ再登場でストーリーが動き出した終末のハーレム。

技術長官がお亡くなりになり、Mkウイルス製造工場と思われる病院は爆破され、翔太が拉致られる怒涛の展開が続くが、まずは美来、カレン、そして裸体解禁の寧々子が新年の挨拶をしてくれた。

 

 

ちふゆの巨乳化大作戦

翔太に見向きもされないのは年上の同級生たちに比べて、圧倒的にお子様サイズの身体のせいだと思っていたちふゆ。

 

 

特に胸は発展途上著しく、クラスで一番の巨乳、東堂と比べるべくもなかった。

 

そして男がまだ生きていた世界において、誘惑するため、見栄を張るためのシリコンブラというものがあったのを知り、それを作製しようとするが、まず巨乳の感触を知るため、あの手この手で生きた情報を手に入れようとしていく。

 

 

最初に彼とねんごろになった一条奈都から有益な情報を訊き出そうとし、男がどういう生き物か知らないなりし、欲望が浮き沈みすることを知ったちふゆは、彼が興奮したタイミングで誘惑してやればイチコロだと考えた。

 

そしてチャチャッと彼の眼鏡そっくりの欲望感知マシーンを作り上げ、こっそりすり替えた。

 

しかし、待たされるのが嫌いなちふゆはラッキースケベで彼を興奮させようと思い、爆乳東堂とオタク柊のスカートをめくり、セクシーな黒と可愛いピンクを彼に見せつけた。

 

 

その後、ちふゆは計画通りに人気のないところへ彼に連れ込まれたのだが・・・

 

 

セクシーランジェリーの持ち主は誰だ?

突然、養護教諭の桐原理子に呼び出された翔太は、戸惑いながら保健室のドアをノックした。

 

 

クラスメイトたちとは違う大人の色香に何度もドキドキさせられていた彼は、今日もドキドキで用件を窺うと、理子は胸元からセクシーなブラをチラ見せしながら、ポケットから紫のセクシーな下着を取り出し、誰かの忘れ物みたいだと言い出した。

 

女の子とヤリまくっている彼なら持ち主を知っているだろうと理子は思ったらしいが、彼には見覚えが無い。

 

でも、乗りかかった船で自分が探すと請け負ったのだった。

 

 

しかし、一番エロい下着をつけていそうな律香はちゃんと虎柄のを穿いていたし、次に春歌に部屋着注文用のカタログを見せてもらっても、同じ下着は乗っていない。

 

その後、気を利かせてくれたクラスメイト全員が下着姿になってくれたが、全員ちゃんと上下身につけていることが分かった。

 

そこで彼は、全て理子の悪ふざけだと気づき、保健室に戻った。

 

そして、理子は正解に辿り着いた彼に大人の色気の真髄を見せてあげたのだった。

 

 

感想

終末のハーレム番外編特集でした。

キャラが被ることもなく、全員が全員可愛くて魅力的な女の子たちでした。

活躍度と破壊力を考えると、やはりゆず先生が頭一つ抜けているように思いますが、私は東堂晶を推させていただきます。

終末のハーレムを読むならこちら