姉なるもの1巻ネタバレ感想

両親を幼いころに事故で亡くした夕。

親戚に気を遣うあまり逆に疎まれ、たらい回しにされたあげくに、母の従弟であるおじさんと暮らすようになった。

しかし、彼が入院してしまったことで、夕は新たな家族を得ることになる。

 

 

出会い

おじさんの入院の準備をしていたが、どうしても保険証だけが見つからなかった。

 

 

おじさんは古きよき趣のある広い日本家屋に一人で住んでいて、そこに夕が転がり込んで来た。

 

他の親戚と違い、必要以上の干渉も嫌な目で見てくることもしない人だった。

 

 

にさえ近づかなければ、好きに生活していい。

 

そう言われていたが、保険証がどこにも見当たらないので、緊急事態だと言い聞かせて初めて足を踏み入れた。

 

 

ねずみが長持の中に入ってしまい中を覗くと、そこには地下に続く階段が隠されていた。

 

大量の蔵書に壁には奇妙な模様。

 

そして床に描かれた魔法陣のようなものを気づかずに、夕は足で擦り消してしまった。

 

その瞬間、地面から一体か一人か、なんと言えばいいのか分からない女性が現れた。

 

 

白い肌に豊満な身体。

足には蹄があり、頭には二本の角。

髪は深海のように黒くて長く、うねうねと蠢いている。

そして顔は、作り物のように美しかった

姉なるもの

著者名:ぽち 引用元:姉なるもの1巻

 

 

あなたの願いはなあに?

初めて他人から希望を訊かれた夕は嬉しくなり、彼女を天使だと思った。

 

彼女は天使ですか?と訊いてくる彼の言葉に気を良くしながらも、人は神か悪魔と私のことを呼ぶと言った。

 

あなたの大事なものと引き換えに望むままを与えましょう

姉なるもの

著者名:ぽち 引用元:姉なるもの1巻

 

 

大事なものが何か分からないものの、彼は死を意識した。

 

そして、一番望んでいるものは何かと考え、縋るように悪魔にお願いした。

 

「僕の家族に・・・お姉ちゃんになってください」

 

 

悪魔は慈悲深い微笑を向け、彼の名前が夕だと知ると、なら私は黄昏に因んで「千夜」でどうかしらと答えた。

 

千夜は夕に舌を絡めたキスをして、あなたの望みを叶えると誓いましょうと言った。

姉なるもの

著者名:ぽち 引用元:姉なるもの1巻

 

 

彼が再び目を覚ますと、母屋の布団の中に寝かされていた。

 

傍には、人間の姿になった千夜が微笑んでいた。

姉なるもの

著者名:ぽち 引用元:姉なるもの1巻

 

 

夕が14歳の初夏だった。

[ad#co-1]