姉なるもの 青春・部活・日常

「姉なるもの」無料ネタバレ1巻。エロ過ぎる姉とショタ弟のノスタルジックライフ

姉なるもの

更新日:

姉なるもの1巻ネタバレ感想

両親を幼いころに事故で亡くした夕。

親戚に気を遣うあまり逆に疎まれ、たらい回しにされたあげくに、母の従弟であるおじさんと暮らすようになった。

しかし、彼が入院してしまったことで、夕は新たな家族を得ることになる。

 

 

出会い

おじさんの入院の準備をしていたが、どうしても保険証だけが見つからなかった。

 

 

おじさんは古きよき趣のある広い日本家屋に一人で住んでいて、そこに夕が転がり込んで来た。

 

他の親戚と違い、必要以上の干渉も嫌な目で見てくることもしない人だった。

 

 

にさえ近づかなければ、好きに生活していい。

 

そう言われていたが、保険証がどこにも見当たらないので、緊急事態だと言い聞かせて初めて足を踏み入れた。

 

 

ねずみが長持の中に入ってしまい中を覗くと、そこには地下に続く階段が隠されていた。

 

大量の蔵書に壁には奇妙な模様。

 

そして床に描かれた魔法陣のようなものを気づかずに、夕は足で擦り消してしまった。

 

その瞬間、地面から一体か一人か、なんと言えばいいのか分からない女性が現れた。

 

 

白い肌に豊満な身体。

足には蹄があり、頭には二本の角。

髪は深海のように黒くて長く、うねうねと蠢いている。

そして顔は、作り物のように美しかった

姉なるもの

著者名:ぽち 引用元:姉なるもの1巻

 

 

あなたの願いはなあに?

初めて他人から希望を訊かれた夕は嬉しくなり、彼女を天使だと思った。

 

彼女は天使ですか?と訊いてくる彼の言葉に気を良くしながらも、人は神か悪魔と私のことを呼ぶと言った。

 

あなたの大事なものと引き換えに望むままを与えましょう

姉なるもの

著者名:ぽち 引用元:姉なるもの1巻

 

 

大事なものが何か分からないものの、彼は死を意識した。

 

そして、一番望んでいるものは何かと考え、縋るように悪魔にお願いした。

 

「僕の家族に・・・お姉ちゃんになってください」

 

 

悪魔は慈悲深い微笑を向け、彼の名前が夕だと知ると、なら私は黄昏に因んで「千夜」でどうかしらと答えた。

 

千夜は夕に舌を絡めたキスをして、あなたの望みを叶えると誓いましょうと言った。

姉なるもの

著者名:ぽち 引用元:姉なるもの1巻

 

 

彼が再び目を覚ますと、母屋の布団の中に寝かされていた。

 

傍には、人間の姿になった千夜が微笑んでいた。

姉なるもの

著者名:ぽち 引用元:姉なるもの1巻

 

 

夕が14歳の初夏だった。

[ad#co-1]

 

姉なる千夜

寝て起きたら傍にいた千夜は夢でもなんでもなく、間違いなくあの時の悪魔で、契約をしたからしっかり姉としてここにいるのだと言う。

 

姿は人間に変わり、衣服も自由自在に出現させられるらしく、それを証明するかのようにワンピースを消して見せ、白い肌をさらけ出して全裸になった。

 

あまりの美しさに一瞬言葉を失ってしまうが、彼女はもっと確実に人間になったことを確かめさせようとして、自分の胸に彼の手を触れさせた。

 

白く温かく柔らかい感触に、彼は頭に血が上って胸でいっぱいになっていく。

姉なるもの

著者名:ぽち 引用元:姉なるもの1巻

 

 

どうにか姉はそういうことをしないものだと伝え、彼女は一つ一つ人間とはどういうものか学んでいくのだった。

 

 

次は姉として弟の世話をしようと考え、料理をする気になるが、悪魔の常識を持ち出して材料を調達しようとするものだから、また慌てて夕が止めに入った。

 

神や悪魔として人間から供物をもらう立場だった彼女に現代の人間社会の常識がないのも当然と思い、優しくて綺麗な姉と一緒に料理するというシチュエーションに持ち込み、家族としての思い出を増やすことにした。

 

 

ご飯を食べ終えると、不思議と身体の力が抜けて眠たくなってきた。

 

それがあの時にされたキスの影響だとは思わないまま、柔らかい太ももに頭を乗せて、始まったばかりの夏の一日の疲れを癒していく。

 

千夜は慈しむように、弟を大事に思う姉としておやすみを言った。

姉なるもの

著者名:ぽち 引用元:姉なるもの1巻

 

 

 

おじさんのお見舞いの帰り、ふと見つけたツユクサの花を摘もうとした時、足を滑らせて田んぼに落ちてしまった。

 

泥だらけで帰ってきた夕を見るなり、千夜はどこの薄汚い下等生物にこんなにされたんだと騒ぎ出し、みるみる出会った時の姿に変わって、怒りの表情になっていく。

 

ただ自分で田んぼに落ちただけだと熱心に説明すると、どうにか角を引っ込めてくれた。

 

 

夕が外の水場にあるホースの使い方を教えてあげると、自分も濡れるのも構わずに無邪気な子供のようにはしゃぎ出した。

 

しかし、彼が服を脱いで素肌を見せると、思わずドキッとしてしまい、またみるみる元の姿に戻って彼ににじり寄った。

 

「お姉ちゃんが身体、洗ってあげよっか

姉なるもの

著者名:ぽち 引用元:姉なるもの1巻

 

 

彼が断るのも無視して石鹸で泡を立て、触手にまとわりつかせて彼の肌を優しく撫でていく。

 

ピリピリと微かに電流が流れるような刺激が気持ちよく、頭がふわふわして何も考えられなくなっていく。

 

耳元で甘く囁かれ、胸が背中に押し付けられる。

 

 

触手がズボンの中に入ってこようとした時、ポケットに入れていたモノに気づかれた。

 

それは田んぼに落っこちながらもしっかり摘んでいた、ツユクサの花だった。

 

 

千夜に似合いそうだったから・・・

 

そんな優しい言葉を生まれて初めてかけられた彼女は心から喜び、お礼を言って見つめる。

 

二人はスッと視線を外してまた合わせる。

 

自然と近づいていく二人の顔・・・

姉なるもの

著者名:ぽち 引用元:姉なるもの1巻

 

[ad#co-2]

 

夏の夜とスカートの中

悪夢を見て夜中に目が覚めた。

 

何か飲もうと台所の方にいくと、縁側で千夜が本を読んでいた。

 

 

まだ彼女は人間の身体の生活リズムに慣れていないらしく、暇つぶしに読書していたのだ。

 

何冊も積み上げられた本を見て、彼は姉を夜の散歩に誘った。

 

誰もいるはずのない深夜の田舎の道。

 

そう安心していたのに、夕は街灯の下に普通の人間には見えざるモノがいるのを見つけてしまった。

タイミングの悪さに顔を顰めると、どうやら千夜にも同じモノが見えているようだった。

姉なるもの

著者名:ぽち 引用元:姉なるもの1巻

 

 

 

その特別な力は彼にいい思い出を作ってくれなかった。

 

しかし千夜は、普通の人には見えないものが見えるのは、特別優しいからだと言ってくれる。

 

そんなあなただから、私は導かれたのかも知れないし、かつてと違って、夕に出会えてから色々なことを知ろうと思えだして、毎日がとても楽しいと笑顔を見せてくれる。

 

その時、はしゃいでいた千夜は足を踏み外して側溝の中に落ちそうになった。

 

 

夕は咄嗟に「お姉ちゃん!」と叫んで手を伸ばした。

 

だが千夜は触手で自分の身体を簡単に支えて止まり、彼は姉の身体に受け止められた。

 

千夜はまた嬉しい思い出が一つ増えた。

初めて夕が「お姉ちゃん」と呼んでくれたのだから。

 

 

また喜びで満たされていく彼女は彼を草むらに押し倒し、その上に跨ってもう一度と催促をする・・・

姉なるもの

著者名:ぽち 引用元:姉なるもの1巻

 

 

 

 

ある日のこと。

夕立が振り出して、二人で慌てて洗濯物を取り込んだ。

 

なかなか止みそうにない豪雨と共に雷鳴が轟くと、夕は思わず可愛らしい悲鳴を上げてしまう。

 

 

弟を怖がらせる雷様に怒り出した千夜に、夕はドリフのイメージで雷様とは何なのか伝えるが、彼女はあくまで悪魔的思考で化け物の姿を想像する。

 

実際にイメージを再現しようとして、トラ柄パンツの雷様の衣装に変化するが、やたらとセクシーな雰囲気に彼は戸惑ってしまう。

姉なるもの

著者名:ぽち 引用元:姉なるもの1巻

 

 

 

一番怖いものが犬だと打ち明けた夕。

 

悪魔の自分を怖がらないのに、そういうところは妙に可愛いことに千夜は呆れつつ、自分の一番怖いものが何かと考え、あの時、拒絶されたことが蘇ってくる。

 

その時、再び雷鳴が轟いて怯える夕。

 

どうにか弟を守ってやりたくなり、スカートの中を蚊帳の中に見立てて隠してあげた。

姉なるもの

著者名:ぽち 引用元:姉なるもの1巻

 

 

温もりと匂いが直に伝わりそうなほどの近さに、雷を怖がるどころじゃなくなっていく。

 

夏の風物詩がもたらしたものは、姉とのドキドキの思い出だった。

 

 

感想

姉なるもの1巻でした。
面白度☆6 ノスタルジック度☆8

田んぼや畑が広がる風景の中に、蛙やセミの鳴き声、趣のある日本家屋と綺麗な姉。

日常系ファンタジーと言っていいと思いますが、今のとこ千夜だけがファンタジーで、少しエロ要素もあって、ゆったり読めますね。

どこに着地するのか分かりませんが、シリアスにも日常系にも広げられそうです。

姉なるものを無料で読む方法

試し読み検索はこちら

[ad#co-4]

-姉なるもの, 青春・部活・日常
-, , ,

Copyright© 黒猫がおすすめする漫画のネタバレと感想 , 2017 AllRights Reserved.