姉なるもの2巻ネタバレ感想

蔵の地下から突然現れた悪魔。

美しいその女性は「千夜」と自分に名付け、夕の姉になった。

14歳の夏に、魅惑的な姉との思い出が積み重なってゆく。

 

 

11話

おじさんが入院し、広い日本家屋で一人暮らしを始めなければならなくなりそうだった夕に、突然、美しく豊満で優しい姉ができた。

 

千夜が姉になってからは敷地の中にある裏庭で、育てている野菜の収穫を日課にしていた。

 

 

その日の食べる分だけを収穫する、何気ない時間。

 

赤々と色を付け始めたトマトが食べ頃になるのを、楽しみに待つ千夜。

 

小さすぎる白いシャツを着ている彼女の後ろ姿。

 

本来の悪魔の姿がかなり扇情的なのに、人間の格好をして少し下着や肌が見えているだけで、夕はどうしても目が吸い寄せられてしまっていた。

 

そんな風によそ見して水遣りをしていたせいで、ホースに足を引っ掛けてしまい、無様に転ぶことになった。

 

 

じっとりと見られていたことなど知らない千夜は、すぐに手を差し出してくれるが、その前かがみの景色も彼にとっては邪な気持ちになってしまう光景だった。

姉なるもの

著者名:ぽち 引用元:姉なるもの2巻

 

 

 

夏野菜の収穫。

それはスイカもその中に入っていた。

 

どこからか根を伸ばしていつの間にかたわわに大きくなっていたスイカを見つけ、彼女は未体験のスイカに涎を垂らし始める。

その光景もまた、彼には目のやり場に困るもので。

 

 

彼女のスイカの割り方として、真っ先に夏のビーチでやるスイカ割りを連想し、止めるまもなく水着にフォームチェンジした。

姉なるもの

著者名:ぽち 引用元:姉なるもの2巻

 

 

それはいわゆる盛り上げるためのゲームだと説明するが、せっかくだからと彼が先に目隠しをされる。

 

耳元で囁かれる甘い声。

棒を握る手の上に重ねられる柔らかい感触。

 

声だけの誘導ではなく、背中に胸を押し付けながら丁寧にスイカへと歩みを進まされる。

 

 

声しか聞こえない状況でも、妙にゾクゾクくるものがあった。

 

そして思いっきり振り下ろしたが、スイカを掠めて地面を打って踏鞴を踏んでしまった。

すると、前にいた姉の二つのスイカに飛び込んでしまうのだった。

 

 

続いては千夜の番。

 

目隠しをして気合を入れて、いざ始めようとしたが、悪魔の感覚をもってすれば、既に認識されているスイカの位置が手に取るようにわかってしまった。

 

これではおもしろくないと感じ、彼女はスイカを意識外に飛ばそうと念じるのだが・・・

姉なるもの

著者名:ぽち 引用元:姉なるもの2巻

[ad#co-1]